記事

ブランドロゴを2次創作のネタに? ユーザーが「楽しめる」ブランドイメージでバズった事例5選

1/2

企業の情報発信はいまや当たり前の時代となりました。様々な企業がSNSを運用し、自社PRに活用しています。

企業に限ったことではないですが、SNSをPRの場として活用するには、バズらせることがひとつの有効な手段となります。自社に関するコンテンツをバズらせることができれば、情報は一気に拡散され、認知度が上がったり、フォロワーが増えたりという効果を実感できるでしょう。

バズを起こす方法は様々ですが、企業の場合、ブランドイメージを上手に活用し、バズにつなげることもできます。本記事では、2次創作用の素材を提供したりキャンペーンと絡めたりなど、ブランドイメージを使ってバズらせることに成功した企業の事例をご紹介します。

    ■目次

  1. ブランドイメージで「バズる」ってどういうこと?
  2. ブランドイメージをうまく活用した企業事例5選
  3. まとめ

1. ブランドイメージで「バズる」ってどういうこと?

本記事で言うブランドイメージで「バズる」とは、ブランドロゴやブランドキャラクターをユーザーが自由に利用・加工することでSNS上で話題になり、かつ拡散されることを指します。ブランドイメージがバズれば、ブランドの認知度は飛躍的に高まりますし、ブランドを身近に感じてもらうこともできます。

以下で、ブランドイメージを流行らせるために押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。この3つを守れば必ずバズるということでは決してありませんが、バズるためには必要になる要素だと考えてください。

ポイント1:ユーザーが工夫する余地がある

フレームや素材などのブランドイメージを提供する際に注意すべきは、ユーザーが手を加えられる余地があるかどうかです。SNSが生活の一部となってからは二次創作文化が盛んになりました。バズる用のブランドイメージを作成するときには、ユーザーが手を加えるネタをSNSに提供するイメージを持ってください。

関連記事:2週間でトレンド入り8回、150万シェア!Twitterでバズりまくった”キットカット”のバレンタインキャンペーンのヒット要因を探る

ポイント2:SNSとの相性が考えられている

SNSの特性に合った素材を提供することも重要です。SNSのプラットフォームによってユーザーの性質や利用目的が異なります。

Instagramでバズらせたいなら、写真のおしゃれさやフォトジェニックさがポイントですし、Twitterでバズらせたいなら笑える要素やユーモアが必要となります。ブランドイメージを壊さないようにしつつ、SNSとの相性を考えたブランドイメージの提供が大切です。

ポイント3:拡散経路を確保する

SNS上で認知度を上げるにはリツイートやシェアなどの拡散行為が重要です。拡散なしでバズることはありませんので、拡散してくれるユーザーの確保は重要なポイントとなります。

さらに踏み込むと、どんなユーザーが拡散するかも考慮しておきたい点です。おしゃれブランドならおしゃれなユーザーから拡散された方が企業イメージにも合致しますし、面白いブランドなら面白いネタを普段からツイートしているユーザーから拡散された方が企業にとっては有益です。そういった相性の良さそうな層からバズが始まるように協力を仰ぐのも有効でしょう。

2. ブランドイメージをうまく活用した企業事例5選

次は実際にブランドイメージをバズらせることに成功した事例を5つ紹介します。

事例1:NHK「プロフェショナル 仕事の流儀」

http://www.nhk.or.jp/professional/apps/

NHK「プロフェショナル 仕事の流儀」の番組風動画を撮影できるアプリです。番組のフォーマットに沿って動画撮影ができるので、どのタイミングでどのようなシーンを流せばよいかなどを工夫することができます。そして比較的真面目なこの番組を面白い動画をのせてパロディするというシュールな面白さを生み出しています。

SNSの相性では面白さを欲するユーザーが多いTwitterと相性抜群ですし、Facebookもある意味で自己アピールができるので相性は良いです。

事例2:資生堂「ANESSA」

日焼け止めクリームANESSAを販売している資生堂は、ANESSAのポスター風にできるフレーム素材を無料で提供しました。フレーム素材の提供はよく見かるものではありますが、ANESSAのポスター風フレームがバズったポイントは、資生堂がスポンサーを務めるコスプレサミットの開催時期にフレーム提供のタイミングに合わせた点。拡散経路の起点をコスプレイヤーに定めたことで、イベントとしての認知度もANESSAの認知度も広がりました。ANESSAの企画はフレームを自由に使えますし、はめ込む画像は自由度が高いのでユーザーに使われやすい条件が揃っています。

あわせて読みたい

「ソーシャルマーケティング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    2chの賠償金 ひろゆき氏が告白

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  3. 3

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  4. 4

    白票・棄権票が持つ大きな意味

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    都顧問 小池都政なければ大混乱

    上山信一

  6. 6

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  7. 7

    売春島と呼ばれた渡鹿野島はいま

    文春オンライン

  8. 8

    投票率は? 前回が戦後最低52.66%

    THE PAGE

  9. 9

    辻元氏 米は他国民を救出しない

    辻元清美

  10. 10

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。