記事

「タイガーマスク運動(伊達直人現象)」の限界を超えるために

1/4
2010年12月25日、前橋市の群馬県中央児童相談所に「伊達直人」を名乗る人物からランドセルが届けられたことをきっかけに、特に2010年1月4日以降、伊達直人/タイガーマスクその他の匿名で児童福祉施設に様々な寄贈が行なわれた。この動きは「タイガーマスク運動」「タイガーマスク現象」などとも呼ばれる。1月末の現在、報道は下火となっているが、おそらくこれは「何か人のためになることをしたい」と多くの人が願っていることの表われであると肯定的に受け止めたい。

この「好意」をよりよい形にしていくために、いろいろと考えてきたことをまとめてみたい。

※なお、アフィリエイト関連で仲良くさせていただいているあびるさんが「お願いタイガー! - 福祉施設への寄付マッチングサイト」というサイトを開設した。興味深い試みだと思うので同時に紹介させていただく。

タイガーマスク運動のよいところ



タイガーマスク運動は、「児童福祉施設」への寄付を匿名で行なうというものである。匿名である以上、それは「売名」のためではあり得ない。直接的に感謝されることや見返りを受け取ることを想定していない点において、それはかなり純粋な慈善行為といえる(自己満足の問題については後述する)。

そして、児童福祉施設というのは基本的に厳しい財政状況にある。したがって、この慈善行為は困っている人たち(児童)への助けとなっている。困っている人に対して役に立つ慈善行為を行なうことは、非常によいことだ。

つまり、
  1. 見返りを求めない純粋な好意による
  2. 困っている人に対して役に立つ内容である
という二点において、この運動は歓迎できると思う。私自身はこういう「見返りを求めずに困っている人を助けること」を究極の目的として生きることが最高に価値のある生き方だと思っているので、そこまで大げさにいわずとも「何か役に立てそうだから寄付をしたい」という気持ちを持つ人が多いことを嬉しいと思う。

(某宗教政党は選挙演説で「自分たちが汗水垂らして働いて稼いだ金を、働いていない連中にばらまかれるのは許せない」と主張していたが、私は、自分が汗水垂らして働いて稼いだ金が生活に困っている人の足しになるのなら、それこそ嬉しいことだと考えている。)

タイガーマスク運動の限界



一方で、この運動についてあえて問題点/限界を考えてみたい。

まずは「ランドセル」の問題。ランドセルの寄贈は確かに効果が大きい。というのもランドセルは単価が高いので、それを寄贈してもらえれば浮いた予算で別のものが買える(新一年生のみならず他の年齢の子供たちにもメリットがある)ということにはなる。

しかし、皮肉なことだが、タイガーマスク運動のニュースの直後のCMで「ランドセルは選びたいなぁ!」と流れたときにはさすがにぶっ飛んだ。好意だから無にはできないのだが、ランドセルを選べない子供たちに「もらえるだけマシ」と言うのはつらいところだ。

これは「本当に必要なもの」を考えるべきだということである。実際、タイガーマスク運動もしばらくすると、施設に「寄付をしたいがどういうものがよいか」を尋ねる電話があったり、あるいは何でも買える現金や商品券が送られてくる例も増えてきたようだ。これは施設側にとってもありがたいことだろう。

これはたとえば地震などの被災地でも同様で、「現地で実際に不足しているものを、現地ボランティアなどに確認した上で送る」というのがベスト、次いで「必要なものが何でも買える現金類」による寄付というのが「役立つ寄付」ということになる。もちろん、物品や金銭に余裕がない場合にせめて「励ましの声」を届けるというのもありだが、ただ現地でどう受け取られるかは考えた上で行動しないと、「海外の被災地に千羽鶴を送って喜ばれなかった」というような結末になってしまう。千羽鶴を折った人たちの好意は疑えない。しかし、本当に役立つものは何だろうと考えるところまでやって初めて、好意が実を結ぶのである。

トピックス

ランキング

  1. 1

    タモリ「鶴瓶は偽善」盟友に本音

    メディアゴン

  2. 2

    「怒鳴って当然」高齢者の言い訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    貴乃花が相撲協会を拒否するワケ

    PRESIDENT Online

  4. 4

    北の漂着船が持つ一触即発の火種

    WEDGE Infinity

  5. 5

    現役医師が日経の印象操作に苦言

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    詩織さん被害訴え はるな愛号泣

    女性自身

  7. 7

    美濃加茂市長判決で司法の闇見た

    郷原信郎

  8. 8

    若者の中国観に議論紛糾する日本

    文春オンライン

  9. 9

    よしのり氏「バイキング」を叩け

    小林よしのり

  10. 10

    堀江氏の「進学支援ムダ」本気か

    大西宏

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。