記事

北朝鮮ハッカー、指導部暗殺作戦含む米韓軍事文書入手=韓国議員

[ソウル 11日 ロイター] - 韓国の与党議員は11日、北朝鮮のハッカーが昨年9月のサイバー攻撃で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長ら指導部の暗殺作戦が盛り込まれた米韓両軍の戦時作戦計画などを含む大量の軍事機密文書を不正入手したと明らかにした。

与党「共に民主党」の李哲熙(イ・チョルヒ)議員はラジオ番組で、国防当局者から得た情報として、235ギガバイトの軍事文書が国防統合データセンター(DIDC)から流出したと話した。

北朝鮮はサイバー攻撃への関与を否定しており、韓国政府による「でっち上げ」だと主張している。

李議員によると、流出したデータの8割については、まだ内容が明らかになっていないが、最高機密指定の情報ではないため、韓国軍を危険にさらしたとはみられていないという。

李氏によると、流出したデータには指導部の移動状況の把握や隠れ場所の封鎖の方法、空からの攻撃など、暗殺前の段階について記されている文書が含まれている。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    年齢で正社員募集する日本は異常

    城繁幸

  2. 2

    超高額イージス導入で国防は弱化

    清谷信一

  3. 3

    ツリー炎上 嘘を重ねるネット民

    赤木智弘

  4. 4

    北の木造船 逃走の狙いは迎えか

    AbemaTIMES

  5. 5

    焦点:EV大手テスラ、ささやかれる「拙速な製造」の...

    ロイター

  6. 6

    「笑いは残酷」北野武が映画語る

    fujipon

  7. 7

    トランプ氏に何もできないアラブ

    野口雅昭

  8. 8

    食べログは禁煙店の加熱式可外せ

    NATROM

  9. 9

    保育園問題 苦情多いのは高齢者

    文春オンライン

  10. 10

    Suicaで新幹線 JR東日本で可能に

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。