記事

LGBTの人々は「被害者面」してるのか?

1/2

 最近フジテレビが30周年を期して、30年前に流行った保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)を復活させ、それに対しLGBTコミュニティが抗議声明を発したことで炎上が起き、社長謝罪まで追い込まれたことは記憶に新しいかと思います

 そして保毛尾田保毛男に対し、友人のトランスジェンダーの杉山文野くんが、以下のような「願い」を書いています。嘲笑される対象としての怖さ、そこから逃れるために、わざと自分も保毛尾田の真似をしてしまった等、胸をえぐられる気持ちになりました。

『知らない』は社会の責任だ -保毛尾田保毛男 の一件に関して-

 http://www.huffingtonpost.jp/sugiyama-fumino/fuji-minaoka_a_23228611/?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

 さて、そのブログに対し、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さん(https://twitter.com/WRHMURAMOTO)という著名な芸人の方が、以下のような発言をされていました。

「お前だけが被害者面すんな、おれも学歴や職業や考えで差別されてる」

【ウーマン村本「お前だけが被害者面すんな」「バカが偽善者面して当事者を語るな」】

 これに対し、あまりにもあまりだと思ったので、僕も異議を唱えました。

 

そのまま寝てしまったのですが、朝起きたら、ご本人から以下の返答がありました。

 彼によると保毛尾田保毛男は「ゲイを笑っているのではなく、石橋貴明を笑っていて」、僕は「バカが偽善者面して当事者を語る」ことをしているそうです。

 (一点どうでも良いですが、偽善者面というのはおかしくて、正しくは「善人面」ではないかな、と思います)

 こうした一連の村本さんの意見に、改めて異議を唱えたいと思います。理由は2つです。

 1つは、村本さんが34万人のTwitterフォロワーを持ち、テレビ等にも出られていて、社会的影響力が大変大きな方だからです。

 2つ目に、まさに村本さんに代表されるスタンスこそが、社会的な抑圧を生み出して来た典型であり、多くの社会運動が闘ってきたものだからです。

 以下、詳細を述べます。

あわせて読みたい

「LGBT」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  2. 2

    希望の党 離党者続出で崩壊か

    NEWSポストセブン

  3. 3

    立憲は野党再編へここから正念場

    三浦博史

  4. 4

    自民党「圧勝」は死票による虚像

    猪野 亨

  5. 5

    舛添氏 自民勝利で小池氏に皮肉

    舛添要一

  6. 6

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  7. 7

    枝野氏「ツイッター担当が優秀」

    キャリコネニュース

  8. 8

    選挙結果を若者のせいにするな

    常見陽平

  9. 9

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  10. 10

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。