記事

"不運の連続"から私の人生が好転したワケ

1/2
京セラ、KDDIを創業し、日本航空(JAL)を再建した稲盛和夫氏。そんな稲盛氏もかつては、入試や就職に失敗し、会社でも評価されないなど、不運の連続でした。なぜ人生を好転させることができたのか。稲盛氏は「『人間として何が正しいのか』を心の座標軸にすえたからだ」といいます。そうした「稲盛哲学」が生まれた経緯とは――(全3回)。

※以下は稲盛和夫『活きる力』(プレジデント社)からの抜粋です。

■考え方を変えるまで不運の連続だった私の人生

私は、1932年、鹿児島市に7人兄弟の次男として生まれました。当時、父は印刷業を営んでおり、戦前ではありましたが、比較的恵まれた家庭でした。しかし、第二次世界大戦を境に、私の運命は大きく変わっていきます。

稲盛和夫・京セラ名誉会長

終戦の1年前にあたる1944年に旧制鹿児島一中の入学試験を受け、見事に落ちる。翌年また受けて、また失敗する。

さらに、終戦の直前に結核にかかり、まだ13歳だったにもかかわらず死にかける。鹿児島が連日連夜空襲にみまわれる中、青瓢箪みたいになって寝ている。そんな暗い少年時代を過ごしたのです。

結局、自宅も空襲で焼けてしまい、戦後は貧しい生活を余儀なくされましたが、学校の先生の強い勧めや親兄弟の支援もあって、なんとか高校進学を果たし、やがて大学に行けるチャンスにも恵まれました。

しかし、希望していた大阪大学医学部には合格せず、結局、当時新設されたばかりの、鹿児島大学工学部応用化学科に入学したわけです。昔、伊敷には陸軍の兵舎があって、鹿児島大学工学部はその跡地にできました。

大学を卒業した1955年は朝鮮戦争が終わった後の不況で、日本はたいへんな就職難でした。地方の新制大学を卒業し、縁故も何もない私にはなかなか就職口が見つかりません。ようやく大学の恩師の紹介で、京都にありました送電線用の碍子をつくる会社に就職することができました。

私は有機化学の専攻で、特に無機化学のヤキモノの会社に入るのは本意ではなかったのですが、急遽卒業論文のテーマを無機化学に変えて、即席で卒業論文を書き、就職をしたような状態でした。

また、入った会社というのが、終戦からすでに10年が経っていましたが、ずっと赤字続きで、従業員に給料がまともに払えないといった会社でした。給料日になりますと、「まことにすまんが、1週間、給料の支払いを待ってくれ」と言ってくる。給料ぐらいはまともにもらえるだろうと思って入ったのに、給料日が来ても給料がもらえない。自炊をしていましたので、たいへん苦労をいたしました。

そのような会社の状況もさることながら、入れてもらった寮も、広さこそあったものの、畳の表は破れ、本当にボロボロの部屋でした。そこに七輪と鍋を買って持ち込んできて生活をしていたのです。

大卒の同期は5人いましたが、そんな会社でしたので、就職難の時代とはいえ、1人去り、2人去り、8月には2人だけになってしまいました。もう1人は京都大学の工学部を出た、九州出身の男でした。2人で「この会社はだめだから辞めよう」「辞めようったって、お互いどこに行くんだ」、そんなことを言いあっているうちに、「自衛隊の幹部候補生学校というのがあるから、そこへ行こう。あそこだったら、ここよりまともな給料をくれるぞ」と、2人そろって受験しました。

しかし、私は家族の反対にあい、結局、受かったものの、行くことはできませんでした。もう1人のほうはそのまま自衛隊に行ってしまったので、5人入った大卒の中で私だけが1人残り、その会社で働くはめになってしまったのです。

■研究に打ち込むと、人生がよい方向に進みだした

そこで、もうこうなったらグジグジ言ってもしょうがないと、私は気持ちを180度切り替えることにしました。つまり、「考え方」を変えたのです。

それまでは、自分はなんと運のない男かと、情けない思いで過ごしていました。大学を卒業するまでは、まさに不運の連続。中学校を受けてもすべる、大学を受けてもすべる、大学を卒業しても就職試験にすべる。

『活きる力』(稲盛和夫著・プレジデント社刊)

かなりいい成績で大学を卒業したつもりでいましたから、当時は先生も「稲盛くんだったら、たとえ縁故がなくたって、どこの会社でも採ってくれるだろう」と言って世話をしてくださった。ところが、どこも採ってくれなかった。だんだん不平不満がつのり、世の中がいやになってきました。

実は、大学時代、工学部の中に空手部ができて、沖縄から来られた先生が少林寺拳法を教えてくれるというので、私も部に入って空手をやっていました。少し腕っ節に自信がでてきたものですから、こんなに不公平な世の中、縁故でもなければ就職もままならない、それなら、いっそインテリヤクザにでもなってやろうかと思ったこともあったのです。

そんな私が、たまたま先生の紹介で、赤字続きの会社に入ることになった。もともと不平があったところに、ますます不平の種をもらったようなものです。

しかも、同期はみんな不平をこぼしながら辞めていったのに、私だけは取り残された。もう逃げるところがない。そこでひらきなおって、考え方を180度変えたわけです。

その頃、研究室の課長から「この会社は送電線用の碍子をつくっているけれども、それだけではいつまでも続かない。やがてエレクトロニクスの時代がくる。高周波の絶縁性能に優れた新しいセラミックス材料を開発したいと思っている。君にその研究を任せる」と言われて、たった一人でそれを手がけることになりました。たいした文献があるわけでもなく、アメリカの論文が2つ、3つあるばかりでした。

しかし、もう逃げるわけにはいきませんから、私はその研究に没頭することにしました。研究に没頭し始めると、寮に帰る時間もだんだん惜しくなってきて、寮から鍋や釜などの自炊道具を研究室に持ち込み、実験が終わったらそのままそこでご飯を炊いて食べて、椅子の上で仮眠をとる、という毎日を過ごすようになりました。そうやってまじめに精魂こめて打ち込みだすと、少しずつ成果が出るようになったのです。成果が出るから、自分でもおもしろくなる、おもしろくなるからさらに打ち込む。

そのうち上司もほめてくれるようになり、その話が役員にまで伝わって、わざわざ役員が研究室まで訪ねてこられては、「君が稲盛くんか。すばらしい研究をしているそうだな」と声をかけてくれるようになる。そうなるとますますおもしろくなって、ますます頑張るようになる。

そのように、よい方向に転回していったのです。

あわせて読みたい

「稲盛和夫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    北ミサイルの原発攻撃はほぼない

    nonreal

  3. 3

    改憲代案を示せるのは山尾氏だけ

    小林よしのり

  4. 4

    音喜多都議が明かす嫌いな政治家

    AbemaTIMES

  5. 5

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  6. 6

    有人宇宙飛行はまったくの無駄

    Dr-Seton

  7. 7

    希望馬淵氏 高所得の恩恵見直せ

    馬淵 澄夫

  8. 8

    むき出しの好奇心に臨んだ豊田氏

    文春オンライン

  9. 9

    よしのり氏が文春に公開討論要求

    小林よしのり

  10. 10

    橋下氏 三浦瑠麗氏の論稿に期待

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。