記事

世界の貧困の解決に「儲け」は必要なのか

1/2

会社は利益を出さなければつづけられない。日本をベースにしながら、世界各地での「社会貢献」のために10のビジネスを進めている株式会社がある。昨年度の売上高は約33億円。田口一成社長は、あくまでもビジネスとして貧困問題に取り組もうとしている。その狙いはどこにあるのか。ジャーナリストの田原総一朗氏が聞いた――。

■ボランティアでは問題は解決しない

【田原】田口さんは早稲田大学のご出身ですね。どんな学生でした?

【田口】授業にろくに出なかったですね。みんなで朝まで飲みながら哲学や経済の話をして、夕方まで寝るという生活でした。

【田原】経済と哲学、どっちが好きでした?

【田口】哲学かな。専門的に勉強したわけではないですが、いろんな本を読み漁って友達と議論していました。

【田原】たとえばどんな本ですか。

【田口】印象に残っているのはロマン・ロランの『ベートーヴェンの生涯』です。「人生、悩み苦しむときほど実り豊かで幸福なことはない」という一節が出てくるのですが、自分の道を探して悶々としていたときだったので、勇気づけられました。

【田原】自分の道を探していた?

【田口】せっかく福岡から東京に出てきたので、何者かでありたいという気持ちはありました。でも、自分の人生を捧げられるテーマが見つからず、ずっと探していた感じです。

【田原】大学2年生のころ、栄養失調になったアフリカの子どもをテレビで見て、これだと思ったそうですね。

【田口】恥ずかしながら、そのときはじめて世界に貧困に苦しむ人がいると知りました。これは日本に生まれた自分の人生を懸けるだけの価値があると思い、途上国の支援をしている団体に話を聞きにいきました。

【田原】ボランティア活動ですか?

【田口】そのつもりでした。でも、あるNGO職員の方からこう教えてもらったんです。「自分たちの活動は寄付に支えられているが、やっているのは波打ち際に砂山をつくるようなもの。つくっては波に消され、またつくって消されるという繰り返し。本気で貧困問題を解決したいなら、お金もコントロールする力を持たないといけないよ」と。それを聞いて、自分はビジネスでアプローチしようと考えました。売上高1兆円の企業をつくって1%を寄付したら、毎年100億円出せる。安直ですが、貧困を解決するにはそれが近道だとそのときは考えました。

【田原】ビジネスするために何をしたんですか?

【田口】1年間休学して、ワシントン大学に留学しました。ビジネスなら、なんとなくアメリカかなと(笑)。

■アメリカに行った一番の目的

【田原】ビジネスは学べました?

【田口】大学のある授業では1日何十ページも読んでこいっていわれます。最初は真面目にやっていましたが、日本語なら30分で読めるものを3、4時間かけて読むのがばからしくなって結局授業に行かなくなりました。

【田原】それじゃアメリカに行った意味がないじゃない?

【田口】アメリカに行った一番の目的は、ビジネスプランを決めること。大学のあるシアトルはカフェの街でした。それをヒントに、貧困農家から仕入れたフェアトレードティーの店をやろうと考えました。シアトルの茶葉商社やレストラン経営者に「日本に帰ったらこういうことをやりたいから勉強させてくれ」とプレゼンして回り、茶葉のブレンドなど修業させてもらいました。

【田原】留学は無駄ではなかったわけね。それからどうしました?

【田口】帰国後はベンチャーキャピタルを回って開業資金を集めました。資金を出してくれるところが1社見つかりましたが、担当の方は「理念はわかるけど、品質の安定性や価格を考えると、最初は商社から買ったほうがいい」と言う。自分は貧困農家との直接取引にこだわっていたので、結局話はまとまりませんでした。

【田原】開業しなかった?

【田口】はい。ティーカフェは断念して、一度就職することにしました。最終的には意見が分かれたものの、ビジネスのプロの指摘に説得力があったこともたしかです。自分にはビジネスの経験が圧倒的に足りない。2~3年働いて実務を学びたいと思って、ミスミで働き始めました。

【田原】ミスミは何の会社ですか?

【田口】カタログ通販の会社です。一般的な会社は開発や販売など部門が分かれていますから、最初に営業に配属されると、3年は営業しかできなかったりします。一方、ミスミは1つの小さなチームで、商品開発から販売、物流、コールセンター管理まで、ビジネスの川上から川下まで経験できるので勉強するにはもってこい。面接で「3年で辞める」と言って入社しましたが、短期間でいろいろ学べたので、実際は2年で辞めて独立しました。25歳のときです。

【田原】ティーカフェで独立ですか?

【田口】いや、まずは資金づくりをしようと考えていたので、業種にはこだわりませんでした。たまたま不動産屋さんが集客で困っているのを知って、不動産賃貸の一括見積もりサービスを始め、それから発展させて無店舗型の賃貸仲介もやりました。

■バングラデシュで革製品をつくる

【田原】そこから社会起業に舵を切ります。きっかけは何ですか?

田口 一成
ボーダレス・ジャパン社長
1980年、福岡県生まれ。早稲田大学商学部卒業。ミスミを経て、25歳で起業。現在は、日本・韓国・台湾・バングラデシュ・ミャンマーで10のソーシャルビジネスを推進している。

【田口】不動産仲介をやっていると、外国人のお客さまからの問い合わせがけっこうあります。ただ、部屋を仲介しようとすると、大家さんが「外国人はルールを守らない」「臭いが気になる」と言って拒否をする。とくに困っていたのは留学生です。会社勤めの外国人は会社が契約者になってくれるのでまだいいのですが、留学生はそれも難しく、先輩の部屋に転がり込むしかない。ドアを開けたら外国人が10人いたという話をよく聞きますが、彼らが望んでそうしていたわけじゃないんです。

【田原】それで?

【田口】僕らが部屋の借り主になって契約し、又貸しする形なら、大家さんも説得できる。ただ、単に又貸しするだけではおもしろくありません。日本語学校に話を聞きにいくと、日本人と友達になりたいという声がとても多かった。そこで、日本人と外国人が一緒に暮らすシェアハウスをつくりました。

【田原】大家さんをどうやって説得したんですか。

【田口】いくら説明しても、嫌がる大家さんには「日本でも昔は下宿して1つ屋根の下でみんなが切磋琢磨して暮らしていた。アパートで一人暮らしするいまの時代のほうがおかしいでしょう」と説得しながら、少しずつ増やしていきました。

あわせて読みたい

「起業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    避難所確保を 蓮舫氏意見に返答

    和田政宗

  2. 2

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

  3. 3

    安倍3選を阻止できる唯一の人物

    PRESIDENT Online

  4. 4

    格差を再生産する学歴フィルター

    城繁幸

  5. 5

    安倍首相は危機管理に向いてない

    菅直人

  6. 6

    R-15映画 大人の下ネタに感動

    松田健次

  7. 7

    小室哲哉は「ウソ」の釈明が必要

    PRESIDENT Online

  8. 8

    よしのり氏 自衛隊員増やすべき

    小林よしのり

  9. 9

    ストロー廃止に意識が低い日本人

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  10. 10

    サニーデイ訃報に「言葉出ない」

    カトキチ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。