記事

ノーベル経済学賞に米シカゴ大のセイラー教授、行動経済学で評価

[ストックホルム/シカゴ 9日 ロイター] - スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2017年のノーベル経済学賞を米シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスのリチャード・セイラー教授に授与すると発表した。

人間の性質が市場にどのように影響するかに関する研究が評価された。

セイラー教授は「行動経済学」の分野で知られ、自制心の不足や所有しているものを失うことへの恐怖から、長期的に最善の結果を生み出さない決断を下してしまう人間の特質を研究した。

セイラー教授は2008年の著作で、個人を強い衝動強迫ではなく微妙な誘導で有益な行動へ導く「ナッジ」理論を展開し、世界の政策立案者から注目された。

教授は「(研究における)最も重要なインパクトは、経済主体は人間であり、経済モデルはそこに立脚しなければならないという認識を示したことだ」と指摘。別の会見では、従来のデータに基づく経済学者が教授の考えを受け入れることは「不可能だ。経済学者は実際にはあまり受け入れることをしない」と述べた。

あわせて読みたい

「ノーベル賞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  2. 2

    政治力失った小池氏 出処進退は

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  4. 4

    立憲民主は戦後最弱の野党第一党

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  6. 6

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  7. 7

    保育士離職の原因は給与ではない

    石水智尚

  8. 8

    橋下氏 希望敗北でも「大功績」

    橋下徹

  9. 9

    立憲の鍵を握る改憲派・枝野代表

    篠田 英朗

  10. 10

    時代遅れなアパレル企業の悲惨さ

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。