記事

名ばかり芸能事務所にスカウトされた「美魔女予備軍」の末路


【名ばかり芸能事務所の標的は若い女性だけではない】

 モデルやタレントにならないかと声をかけ、事務所登録料、レッスン料などを払わせるだけのビジネスがある。芸能の仕事どころか、出演者オーディションを受ける機会すら確保しない、名ばかり芸能事務所による搾取ビジネスのひとつだ。このやり口は、きらびやかな世界への憧れを利用した、主に若い女性をターゲットとしたものだった。ところが最近では、対象年齢の幅が広がっている。とくに押切もえや益若つばさなど、芸能人として成功した読者モデル出身者が同年代に多い30代の女性が狙われている。ライターの森鷹久氏が、思春期に抱いた夢につけ込まれ、疑いつつも諦めきれない女性の複雑な女心をきいた。

 * * *
 私って騙されているんでしょうか──

 私は以前”インチキ芸能事務所”の実態や、その事務所代表が犯した罪についてレポートを書いた。その記事を読み、筆者にコンタクトしてきたのは都内在住の30代女性・マイコさんだ。マイコさんから届いたメールには、とある芸能事務所のホームページのURLと、自身がその事務所に所属した経緯などの詳細が記されてあった。

「幼い頃から芸能界への強い興味がありましたが、いくらオーディションを受けてもダメで、小さな事務所に所属したこともありましたが仕事は全く無く……。普通に就職しその後独立。安定したこともあり、どうしても夢を諦めきれないと思って……」

 実はマイコさん、労務事務所に勤めた後に行政書士として独立。現在は3名の部下を抱える、事務所の”所長”でもある。税理士資格の取得にもチャレンジ中であるが、ふとある時”かつて夢見た”という芸能界への憧れを思い出した。美魔女ブームなど、年齢に関係無くモデルやタレントとして活躍できる時代になった、そう感じたのである。

 若い頃に比べて金銭的にも時間にも余裕ができたマイコさんは、頭の先からつま先まで手を抜くことなく、実際に見た目は”セレブ”。新宿や表参道で”スカウト”されるようになったことも、彼女を後押しした。しかし……。

「大手の事務所はそもそも年齢制限があり応募すらできない。中堅事務所に書類を送り面接まで行ったところもありましたが、結局落とされて。スカウトされた事務所に電話をしたら、一発で採用をいただきました。ちょっとしたモデルでもいいから、とにかく人前に立つ仕事がしてみたかったんです。ところが、いきなり宣材(宣伝用)写真の撮影料に登録料、レッスン代を支払えと言われてしまい、私が出すの? と不思議でなりませんでした。でも、他に私を使ってくれそうなところはありませんから、全額支払いました」

 マイコさんが所属する芸能事務所「X」のホームページには、所属タレントやモデルの一覧があるが、ほとんどが無名。モデル欄にはマイコさんの他にもう一人しかおらず、出演実績はゼロ。宣材写真に至っては、写メとプリクラといった有様だ。マイコさんの実績欄を見ても、プロのモデルと言えるような実績はなく、十数万円を支払い撮影した写真も全体的にピンが甘く、光の当て方もイマイチ、当然加工もされておらず、とてもプロのカメラマンが撮ったものとは思えない。

 マイコさんに最近の仕事と、そして事務所にどのような名目でこれまでにいくら支払ったのかを聞いた。

「最近の仕事…? 埼玉県内の夏祭りで着物ショーに出ましたね。あとは、ネットのモデルです。”フリー素材”のモデルだったり、手タレ、足タレの仕事です。所属して一年半が経ちますが、最初に40万くらい支払って、今も定期的にレッスン代の10数万円を支払っています。ギャラはほとんど貰えません。一回の撮影で交通費込みの三千円とか。……言ってて情けなくなりますが、やっぱり騙されてますよね」

 大手芸能事務所関係者は、人の夢に漬け込んだ「事務所商法ビジネス」の存在を指摘する。

「マイコさんのように夢を諦めきれない方々を騙す、典型的な手法です。撮影代、登録代と言って金を巻き上げ、仕事の存在をチラつかせながらレッスン料名目で更に金を要求する。ほとんどの方々はここで気がつき身を引きますが、どうしても夢を諦めきれないという人々は、ずっと搾取され続けます。

 若い女の子などは、親をも巻き込んで徹底的に金を搾取する。事務所によっては自作自演のための”ファッションサイト”を別に作り、そこに出演させることで”仕事をした”ことにさせる。無料のブログやSNSアカウントを作ってあげれば、”いいね”の数はカネで買えるしタレントも納得しちゃうんですね。反社会勢力絡みの人間が運営に関与している場合がほとんどで、辞めようとすると脅されたり、莫大な違約金を求められたりするから泥沼から抜け出せない。売春を強要されることだってあります」

 本来であれば、時間とカネをかけてタレントやモデルを育てるのは事務所の仕事だが、騙された「夢見る人々」は積極的に身銭を切る。夢見る人々が失敗しようが事務所にはなんらマイナスはなく、万一成功すれば儲けもん、ということ。夢見る人々はまさに「奴隷」に成り下がる。

「テレビや雑誌だけでなく、ネットメディアなど露出の機会が増えたことで、夢を捨てきれないという方々が可視化されています。ツイッターやインスタなどのSNSを使って若い女性をスカウトする悪徳業者もいますから、注意が必要です」

 SNSという新しいツールを得たことで、芸能人のように注目され賞賛される体験のミニチュア版が容易に味わえるようになった。実際に事務所に所属して憧れの世界に加わろうとしても、そううまくはいかない。様々な名目の料金ばかり請求され、”騙されているのでは”とうっすら勘付きながらも、きっとまだチャンスがあるという甘いささやきのほうを信じてしまう。

 筆者への告白以降も芸能活動を続けるマイコさんのように、キャリアを積み重ねて安定した仕事と収入があり、大人の分別を持っている人ですら、青春時代の夢をくすぐられるととたんに判断力が鈍ってしまう。そして、モデルになりたかった、芸能人になりたかった若い頃の思い出を卑劣な手段で利用されている。彼女の純粋な憧れを、金銭にまつわる苦い記憶に堕としかねない悪徳ビジネスを放置しておいてよいのだろうか。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「小室哲哉は気の毒」

    小林よしのり

  2. 2

    小室哲哉 3年前から妻とぶつかる

    THE PAGE

  3. 3

    河野氏の韓国強硬外交は歴代突出

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    タイで男を買い妊娠した30代女性

    fujipon

  5. 5

    外国人も失望? 蔓延する残念和食

    NEWSポストセブン

  6. 6

    年収1000万円の銀行員が続々転職

    キャリコネニュース

  7. 7

    童貞イジりの解消で失われる文化

    文春オンライン

  8. 8

    韓国籍離脱者が急増 兵役逃れで

    NewSphere

  9. 9

    黒塗りタブー化は新たな差別生む

    岩田健太郎

  10. 10

    マツコ ドヌーヴさん発言に異論

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。