記事

上田都議と音喜多都議には、都民ファーストの看板を背負ったあの都議選から目を逸らさないでほしい。

1/2

10月5日。元都民ファーストの会所属の上田令子・音喜多駿両都議が、会派離脱の会見を行いました。

logmi.jp

普段は都政内部の話ということで口出しを控えておりましたが、この問題に関連する希望の党は国政を目指していること、音喜多都議とは面識がある程度ですが一応、顔見知りということで個人的な考えを書かせていただきます。

上田都議ー都民ファーストの会運営への不満

まず上田都議が会派離脱の理由を大まかに言って三つに分けて語りました。なお、この記事は私からの視点であり、上田氏の語り口と必ずしも一致するものではありません。

・所属地域政党の解散要求

上田都議は都議として活動する傍ら、地域政党「自由を守る会」を設立し代表を務めていました。しかしこの組織は都民ファーストの当時の代表(野田数氏)によって、解散を命じられました。
上田氏は「水を飲むときには井戸を掘った人を忘れてはならない」という言葉を引いて、知事選においてこの地域政党がいかに小池知事誕生に尽力したかを強調しています。この解散要求は上田氏にとって激しい苦痛であったことでしょう。

・金銭負担

上田氏は都民ファーストの会の資金繰りについても苦言を呈しております。政務活動費15万、党費6万円が毎月徴収されており、後の質疑応答のなかでも自民党と比較しても高い負担であることを訴えています。また資金集めのためのパーティ券を配ることも要求され、これは政治信条の観点から拒否をしたとのことです。とにかく都民ファーストからの金銭的要求は限度を超えていたということが分かります。

・議員活動の制限

また上田氏は閉会中の文書質問や、委員会での資料要求が禁じられていたことも離脱の理由に挙げています。
文書質問とは、議会の閉会中に議員が行政に対して質問できる制度です。(ちょうど音喜多都議が自らの失敗を基にして解説している記事があったのでリンクしておきます。)
また議員には委員会で資料要求する権利があり、上田氏はこの制度を活用することを得意としていたようですが、それも禁じられたことが不満であった様子です。(こちらも上田氏がブログで開設した記事がありましたのでリンクしておきます。)

以上のように上田氏は、都民ファーストの会が議員個人に対して著しく活動を制限し、高い金銭負担を要求することが耐えらず、党の運営に対する不満が離脱につながったようです。

音喜多都議ー小池政治への不満

一方、音喜多氏の場合はどうでしょうか。音喜多氏の場合は、主に会のカバナンスと小池都知事に対する不信感が離党の決め手になったようです。

・会派のガバナンス

都民ファーストの会は、東京都の地域政党にも関わらず、都知事の特別秘書である野田数氏が代表を務めていました。それが都議選になると、二元代表制という地方議会の原則を無視するかのように小池都知事が代表に就任し、都議選が終わるとまた野田氏に代表を戻します。
その後、特にそれらしい理由も明かされずに小池氏の秘書であった荒木千陽氏に代わります。こうした代表の頻繁な交代は数名の役員のみで決められ、会派に参加する都議ですら何ら意思決定に参加できませんでした。

・小池都知事への不満

また音喜多氏は「右から左まで、思想も政策も理念も異なる政治家たちが200名近く集まっておられます」と小池氏が設立した希望の党へ不信感を表明しています。知事本人に対しても、都民ファーストの会の代表を辞任する理由が「都政に専念する」であったにも関わらず、舌の根の乾かぬ内に打ち出した希望の党の設立と知事自身の国政復帰について批判しています。

音喜多氏の場合は、要するに「小池政治」そのものにノーを突き付けたということでしょう。

あわせて読みたい

「都民ファーストの会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  2. 2

    よしのり氏「麻生大臣見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    小西氏罵倒 自衛官の屈辱に理解

    中田宏

  4. 4

    リボは借金 命より重いお金守れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    林大臣が通う「個室ヨガ」の実態

    NEWSポストセブン

  6. 6

    防衛省が国民の敵発言を隠ぺいか

    小西洋之

  7. 7

    橋下氏「米山氏は初動間違えた」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    「国民民主」党名に見える排除感

    常見陽平

  9. 9

    NZでブラック経営の日本人に非難

    キャリコネニュース

  10. 10

    よしのり氏 MeTooになっていない

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。