記事

小中学校の運動会、個人情報の問題でカメラ持ち込み禁止校も


【カメラの場所取りはもはや過去の話?】

 小中学校の運動会といえば、朝から子供たちの歓声や音楽がにぎやかに聞こえ、その地域の賑わいをあらわす季節の風物詩のようなものだった。ところが、子供と保護者が入り混じって和気藹々とする「風景」まで変化の波に晒されている。

「近所から騒音の苦情があるので、校庭ではなく、自治体の運動施設で行なう学校もある。合図のピストルがうるさいとの苦情を心配して、手旗合図にする学校も多くなっています」(教育評論家の石川幸夫氏)

 それと並行して強化されているのが不審者対策で、近年は保護者の入場が制限される例まであるという。

「観覧希望者は事前登録が必要で、配布済みのシールや名札がないと敷地内に入れません。校内では保護者や関係者はサングラスやマスクも着用禁止。子供たちは個人情報保護のため、学年や名前の書かれたゼッケンを付けなくなりました」(埼玉・小学生保護者)

 ある程度は仕方ないのかもしれないが、なかには父兄が“俺たちはストーカーか!”と文句を言いたくなるようなケースも。

 昨年、小学生の孫の運動会を観戦した男性(68)が寂しそうに言う。

「驚いたのは、生徒の席と保護者席が離れていて、間に民間の警備員が立っていたこと。せっかく孫の応援に行ったのに『子供たちに近づいてはダメ』と注意されてガッカリでした。もう今年は行きません……」

 近づくことはおろか、遠くからの「撮影」すら許されないこともある。

「他の家の子供や父兄が映り込むと個人情報の問題が出かねないということで、カメラ持ち込みは禁止になった」(東京・小学生保護者)

 そして、学校指定の業者カメラマンからの写真購入を促されるのだという。そうした厳格化は、「親の振る舞い」の変化とも関係がありそうだ。

「徒競走で自分の子供と併走して動画撮影をしたり、競技中にグラウンドに侵入するのは当たり前。ある小学校では、『報道』と書かれたニセ腕章をつけて学校指定の業者を装い、縦横無尽に撮影する父親も現われた。混乱を避けるための撮影禁止や事前許可制が増える一方、ルールを無視して注意されると『何が悪い』と逆ギレする親も少なくない」

 そう説明する石川氏は、変わりゆく運動会にため息を漏らす。

「無用なリスクを避けたい学校の“事なかれ主義”と、非常識な親の暴走やクレームが運動会を変えてしまった。主役の子供たちが楽しめる運動会にしてほしいものです」

 目指せ子供ファースト!

※週刊ポスト2017年10月13・20日号

あわせて読みたい

「運動会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    北ミサイルの原発攻撃はほぼない

    nonreal

  3. 3

    改憲代案を示せるのは山尾氏だけ

    小林よしのり

  4. 4

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  5. 5

    音喜多都議が明かす嫌いな政治家

    AbemaTIMES

  6. 6

    希望馬淵氏 高所得の恩恵見直せ

    馬淵 澄夫

  7. 7

    古谷経衡氏が音喜多氏を痛烈批判

    AbemaTIMES

  8. 8

    有人宇宙飛行はまったくの無駄

    Dr-Seton

  9. 9

    よしのり氏が文春に公開討論要求

    小林よしのり

  10. 10

    「タバコかっこいい」は時代錯誤

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。