記事

【読書感想】超スーファミ

1/2

超スーファミ超スーファミ

内容紹介
時代がスーファミに追いついた!!

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」発売を記念して、
クソゲーハンターがスーファミハンターにジョブチェンジ!!
90年代を彩ったスーファミの名作・迷作・怪作を渾身レビュー!!

さらに「ゲーム和尚」こと、いたのくまんぼう氏が、
その原点であるチュンソフトとスーファミの時代を語る!!

「チュンソフトに入社するとき、中村光一さんに面接していただいたんです。
憧れのスタープログラマーでしたから『ナマ光一、こんな顔なんやあ』って」
「『風来のシレン』のオープニングがボツになったんですよ。
それに我慢できなくて社長室に行ったら、
中村社長が振り向いて『来ると思っていたよ』って(笑)」
「いまの僕がゲームを作って生きていられるのも、
チュンソフトのおかげだと思っています」

そしてシリーズ初の超目玉企画!!
大人気ゲームバラエティ番組『ゲームセンターCX』とのコラボが実現!!
7月29日「ゲームセンターCX夏祭り in 浅草花やしき」を独占取材!!
豪雨の「浅草・花やしき」で有野課長は奇跡を起こせたか!?

シリーズ累計30万部の大ヒットシリーズ最新巻にして決定版!!
もちろんオール書き下ろしの永久保存版!!
ゲームのふるさとで僕たちを待ってくれている
スーファミと出会い直すチャンス、それに乗り遅れるな!!


 本日、2017年10月5日は、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の発売日です。
 この「ミニスーパーファミコン」の収録ソフトに、昔を思い出したり、「自分の親は、こんなゲームをやっていたのか……」なんて興味を持ったりしている人は、多いのではないでしょうか・

 スーパーファミコンが発売されたのは、1990年ですから、今から27年前。
 僕が大学に入ってすぐ、スーパーファミコンが発売され、スーパーファミコンで『ストリートファイター2』の対戦を寝落ちしながら延々とやっていたのを思い出します。

 『トルネコの大冒険』にハマりすぎて単位をボロボロ落としていたやつもいたなあ……
 何年か前、職場にやってきた新人が、「はじめてプレイしたゲームは、スーパーファミコンの『ゼルダの伝説』です」と言ったときには、本当に、自分が年を取ったというのを感じました。

 内心、「それは『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』だろ……『ゼルダの伝説』はファミコンディスクのやつ!」と、めんどくさいツッコミを入れつつ。
 僕がはじめて所有したテレビゲームは「カセットビジョン」で、「ぴゅう太」の『スクランブル』でいつか遊んでみたい、と願っていたことを思い出します。

 僕の息子たちは、iPhoneやiPadのタッチパネルからゲームの世界に入ってきているんですよね。
 ずっとゲームの歴史をみてきた僕にとっては、スーパーファミコンというのは、カセットで遊べる「ゲーム機」(「ハードウェア」じゃなくて、「ゲーム機」のイメージなんです)の頂点であり、その後、CD-ROMなどでどんどん実写や生音が使われていくことを考えると、「ゲーム性というか、ゲーム的なアレンジの面白さを強く感じた最後のゲーム機」なんですよね。

 今のハードの、電源を入れてから、ゲームを起動するまでのちょっとした手間というのは、カセット時代のことを考えると、ちょっともどかしいのだよなあ。

 だからといって、昔が全部よかったとか、昔のゲームしかやらない、というわけじゃないのですが。
「思い出補正」っていうのは、ありますし。

あわせて読みたい

「スーパーファミコン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  2. 2

    よしのり氏「麻生大臣見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    小西氏罵倒 自衛官の屈辱に理解

    中田宏

  4. 4

    リボは借金 命より重いお金守れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    林大臣が通う「個室ヨガ」の実態

    NEWSポストセブン

  6. 6

    防衛省が国民の敵発言を隠ぺいか

    小西洋之

  7. 7

    橋下氏「米山氏は初動間違えた」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    「国民民主」党名に見える排除感

    常見陽平

  9. 9

    NZでブラック経営の日本人に非難

    キャリコネニュース

  10. 10

    よしのり氏 MeTooになっていない

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。