記事

恐喝で食う「半グレ」集団 次の標的はYouTuberか


【標的を陥れるのに美人局は古典的だが一番効くという】

 動画共有サイトYouTubeに投稿して得られる収益を主な収入源とするYouTuber(ユーチューバー)は、今や子どもが憧れる職業のひとつだ。ところが、急激に知名度と収益をあげた人物を狙う勢力がある。富と名声に群がり、むしり取ることを繰り返しついには一部のYouTuberにも狙いを定めた勢力について、ライターの森鷹久氏がお届けする。

 * * *
「あいつらはいいカモになるよね(笑)」

 人気者となって資産を増やしてゆくユーチューバーに対しそう笑うのは、自ら「半グレ」と認める強面の男性・杉田さん(仮名・38歳)。「あいつら」が「カモ」とは一体どういう事なのか。

「ネオヒルズ族といって羽振りがよい様子を見せつける、訳のわからん連中がいっぱいいたでしょう? そこから何人かが今はユーチューバーに転身している。彼らは狙いやすい」

 2000年代に六本木ヒルズに本社を置く企業の代表者たちや、隣接する高級住宅棟の住人たちを「ヒルズ族」と呼んだのに対し、2010年頃、インターネットを活用したビジネスで大金を稼ぎ「ネオヒルズ族」と自称したグループがいた。杉田さんは、そのネオヒルズ族を相手に儲けたように、ユーチューバーに対しても同じ商売を仕掛けようとしているのだ。

「情報商材で儲けたネオヒルズ族が、六本木やら麻布のクラブとか飲み屋に来ると、我々もそこに同席してお友達になる。もちろん女の子も連れてね。あいつら、金持ちつっても詐欺まがいの方法で稼いだ金だからか、よく使うんですよ。オレオレ詐欺の連中とよく似てるよ(笑)。あそこを狙わない理由はない」(杉田さん)

 ネオヒルズ族の多くはネット上で”情報商材”と呼ばれるものを販売していた。情報商材とは一般的に、「情報」そのものが商品となっているもののことだ。

 ゴルフがうまくなる方法、10キロやせられるダイエット法、子猫の育て方など、意味があるものも存在するが、いわゆる「情報商材屋」と言われる人たちが販売しているのは、「一日で100万円稼ぐ方法」と言いながら消費者金融で100万円を借りるよう指南するなど、金を払ってまで得るような情報か首をかしげるようなものだ。それでも、新時代のスキームを使って確実に儲けられる新時代のビジネスで、一刻も早く加わるべきだと豪奢な道具建てで説明されると、つい購入してしまう人が必ず出現する。購入者が本当に儲かることは、ほぼない。

 こうした詐欺まがいの手法でカネを集める情報商材屋たちだが、彼らは犯罪者ではない。悪質ではあるけれども、違法ではないからだ。とても商品価値があるとは言えないものを言葉巧みに売りつける、口先だけは達者な「グレー人種」とは言えるだろう。そんなグレー人種を狙うのは、前出の杉田さんのような”プロ”だ。狙った先には、違法行為による金銭奪取が待っている。

「手っ取り早いのは”オンナ”を抱かすこと。古典的だが一番効く。少し前にも、現役バリバリの情報商材屋が数十万のカネを支払って紹介されたタレントを抱いたら、その後タレントや仲介の男から何千万ものカネを巻き上げられたんだよ。でも、もし恐喝事件として報道されると、情報商材販売に影響が出る。事件が表沙汰になると、被害者は誰なのか広まるものだから。有名になりすぎるとグレーな商売がしづらくなるから、被害者だと名乗れないわけですよ。仲介の男はうまくやったよなあ」(杉田さん)

 そして、ユーチューバーも、ネットでついているファン以外にはあまり知られていないから、きわどいことに挑戦して金儲けをしている人物が少なからずいる。そういったグレーな領域で仕事をしている自覚がある人間は、子どもからお年寄りまで知られてしまう事件報道の主役になるようなことは極力、避けたいものだ。だから情報商材屋と同じように、狙いやすいタイプの人間がユーチューバーにも一定数いるというのだ。

 彼らの手口は、古典的な美人局だけではない。さらに、別の元”情報商材屋”は、カネを取り上げられただけでなく薬漬けにされて、もはや廃人同然の生活を送っているというのだ。

「ネオヒルズ族だなんだと吹きまくっていた情報商材屋Aは、オンナでも強請られていたが、最後はシャブ(覚せい剤)を食わされ、結果的にカタにハメられた。Aの売り方は上手かったが、最後は追い込まれてグレーどころか真っ黒な方法での情報販売を余儀なくされた。稼いだカネは吸い取られて、結果的にはシャブの上客に。未だにセミナーだなんだってやってるけど、もうほとんど”あの人は今”状態。ナメたガキだったからね」(杉田さん)

 悪銭身につかずとはよくいったもので、違法ではないがまともではない商売で集めた金は、手元にとどまってくれない。どころか、グレーなビジネスで儲けた金を放っておかない”プロ”が存在している。儲かりそうだからとグレーな領域に足を踏み出すと、グレーどころか、真っ黒な違法行為を遂行することになんのためらいもない「専門家」が待っているということらしい。

あわせて読みたい

「恐喝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  2. 2

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  4. 4

    貴乃花が協会改革に診断書利用か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    iPS山中教授 日本の科学界に警鐘

    THE PAGE

  6. 6

    改名して出馬 「最強の無所属」

    畠山理仁

  7. 7

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  8. 8

    石原元知事 産経に怒り断筆宣言

    NEWSポストセブン

  9. 9

    日馬事件 秘密裏に示談交渉か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    河野外相が明かす電話会談の全貌

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。