記事

なぜ甘えた男ほど"不機嫌さ"を表に出すか

1/2

機嫌の悪さを周囲に撒き散らしていても、いいことは何もない。職場でも家庭でも、信頼関係にはヒビが入るばかりだ。それでも一部の男性は不機嫌さをあらわにしてしまう。1000人以上の男女から恋愛相談を受けてきたユニット「桃山商事」が、その知見から、「話しかけるなオーラ」を放つ男の心理と、その行き着く先を説く。

※以下は『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス刊)第3章「男ってなんなの?」より抜粋引用し、冒頭に加筆したものです。

不機嫌な夫、不機嫌な上司、不機嫌な彼氏、不機嫌な先輩、不機嫌なセフレ……。恋愛でも家庭でも仕事でも、「不機嫌な男」に悩まされている女性は少なくありません。実際に我々のもとには、「不機嫌な男」たちにまつわる相談が数多く寄せられます。この記事のタイトルを見て、ぎくりとした方も多いのではないでしょうか。

申し遅れましたが、我々は「桃山商事」というユニットで、恋愛に悩む女性の話を聞く活動や、ウェブメディアでの恋愛相談を行なっています。お悩みの内容は多岐にわたるのですが、相談者さんが「男性とのコミュニケーション」に悩んでいる場合には、男性側に明らかな問題があるケースも数多くあります。そのような相談に回答する際には、男性である我々自身も他人事ではなく当事者として問題に向き合うことになります。


『生き抜くための恋愛相談』(桃山商事/イースト・プレス刊)

今回ご紹介するのは、29歳の洋子さんから寄せられた相談ですが、ここには典型的な「不機嫌な男」が描写されています。「不機嫌な男」は、なぜ女性の前ですぐに不機嫌になってしまうのでしょうか? 「不機嫌な男」の抱える問題点とは? 女性たちの目に映る我々男性の姿を見つめながら、この問題について考えていきたいと思います。

それではまず、「私は何か悪いことをしたのでしょうか」と悩む洋子さん(29歳)から寄せられた相談文をご紹介します。


上司にも同僚にも、職場だというのにすぐ不機嫌になって“話しかけるなオーラ”を出してくる男性がたくさんいます。

恋人だって、何か地雷を踏んだのか急に不機嫌になることがあります。しかも、機嫌が悪いかどうかたずねると、いつも「別に悪くねーよ」と言われます……。

これってどういう心理状態なんでしょうか? 男性はどんなときに機嫌が悪くなるの?

(29歳・洋子)


洋子さんは不機嫌になる男性の心理状態とそのタイミングを知りたがっています。また、〈地雷を踏んだ〉という表現が示すように、自分に原因があるかもしれないとも疑っている。これが洋子さんの現在地です。

■とにかく「わからない」男の不機嫌

このような悩みが発生するのは、とにかく「わからない」からです。そして、その「わからない」はおそらく次の3つに分解することができます。

(1)不機嫌になった理由がわからない
(2)不機嫌になった理由を説明しない理由がわからない
(3)対処方法がわからない

まず(1)ですが、男性が不機嫌になった理由を女性がわからないのは、男性が説明しないからです。これはとてもシンプルですね。もちろん、不機嫌になるポイントが謎過ぎるという問題もあるのですが、謎であっても説明さえすればわかるのですから、やはり「説明しないから」ということになると思います(男性の不機嫌ポイントについては後述します)。

では、(2)はどうでしょう。洋子さんからしたら、「何か不満があるなら言えばいいのに……」「なんで黙ってんの?」という話だと思います。これは我々の実感なのですが、女性たちの恋バナを聞いていると、ディテールの細かさにいつも驚かされます。例えば「彼氏とケンカした」という話にしても、その経緯やきっかけはもちろん、彼がどのようなことを言い、それに対して自分がどう感じたのかを、臨場感たっぷりに伝えてくれます。自分の経験や感情を言語化することに長けているなと、いつも感じます。

そのような女性がもしも不機嫌になったとしたら、自分の状態や不機嫌の理由について、相手に説明することは難しくないでしょう。たとえ事情や感情が複雑なものであっても、少なくとも説明を試みようとはするはずです。

だからこそ、なぜ男性が不機嫌の理由を説明しないのかがわからないのでしょう。たとえ「別に不機嫌じゃねーよ」と言われても全然納得できないし、それどころか「説明しないのには何か理由があるのでは?」「もしや何か隠してる!?」というように、モヤモヤした気持ちがどんどん膨らんでいってしまう。この“負の勘繰り”が止まらなくなることも、男性の不機嫌が生む苦しみのひとつではないかと思われます。


『生き抜くための恋愛相談』より。

それにしても、なぜ男性はすぐ不機嫌になるのでしょうか。ひと口に不機嫌と言っても様々な種類がありますし、その理由も人それぞれ異なるため、究極的にはケースバイケースとしか言えません。

しかし、男性に特有の「不機嫌になるポイント」は確かにあって、パッと思いつくだけでも……

・プライドが高いため、自分の誤りを認められず、とりあえず不機嫌になる
・コントロール欲求や「自分ルール」へのこだわりが強いため、思い通り進まないとイライラしてしまい、不機嫌になる
・一度に複数のことを考えるのが苦手なため、忙しくなるとすぐにテンパってしまい、不機嫌になる
・生理的ストレスへの耐性が弱いため、空腹や眠気を感じると他のことを考えられなくなり、不機嫌になる

などなど、いろいろ出てきます。今回はこのように、我々としても自戒を込めた回答で、段々気が重くなってきているのですが……目の前の相手とはまったく関係ないところに不機嫌の原因があることもしばしばで、複数の要素が絡み合って不機嫌が発生している場合も多々あります。

あわせて読みたい

「男性」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  2. 2

    幸福の科学 総裁長男が衝撃退職

    女性自身

  3. 3

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  4. 4

    東京は費用対効果的に雪対策ムリ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

  6. 6

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  7. 7

    センター国語に直木賞作家が挑戦

    NEWSポストセブン

  8. 8

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  9. 9

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  10. 10

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。