記事

小池都知事の手法は「しがらみ政治そのもの」ではないか


【衆院選の公約を発表する小池氏 時事通信フォト】

 小池百合子都知事と希望の党の雲行きについて、測りかねている人は多いだろう。都政に詳しいジャーナリスト・広野真嗣氏がレポートする。

 * * *
 小池都政誕生の立役者の立役者だった音喜多駿都議ら2人が5日に離党会見を行った際、「都民ファーストの会が10月半ばに政治資金パーティーを開催予定である」という実に興味深い事実を明かした。この1年の小池氏の行動と重ね合わせてみると、「希望の党」のキャッチフレーズである「しがらみ政治打破」どころか「しがらみ政治そのもの」の最後の1ピースがこれではまったようにも見えるのだ。

 5日の離党会見で2人が明かした小池知事の“不都合な真実”はいくつもある。代表ポスト決定過程が“ブラックボックス”なのも、“SNS規制”をするのも、いずれも小池氏が最大の影響力を行使する“創業者利益”を守るための仕組みとしてある意味わかりやすい。

 だが今回の「パー券」の存在は、意味が違う。小池氏の政治手法がいずれも古い自民党政治そのもの、あえていえば打破すると宣言している“しがらみ政治そのもの”であることを暴露していることになるからだ。

 確かに自民党政治家のパー券ではこの手の話はつきない。最近では下村博文・元文科相が在任中、学校法人である加計学園の秘書室長から政治資金パーティー券の代金計200万円を受け取った問題が取り沙汰されており(下村氏は「加計はとりまとめただけ」と主張)、行政をめぐって疑念を抱かせるような“政治とカネ”のやりとりは常態化している。

 こうしたことから民進党は今年4月、パーティー券を含む企業・団体献金を全面禁止して個人献金への移行を促す政治資金規正法改正案を国会に提出。特定の団体や組織に配慮して行政に無駄が生じたり歪んだりしないよう、一般の有権者の最大利益を重視し「政治とカネ」のあり方に一石を投じている。

 ただ、その民進党出身者が候補の過半を占める希望の党はというと、じつに曖昧なものだ。

 公認候補の条件となる「政策協定書」の文言は、「政党支部において企業団体献金を受け取らないこと」とあるだけ。個別の議員(政党支部)が団体献金を受け取ることを禁じてはいるが、党本部の場合はどうなのか、パーティー自体を禁じているかどうなのかも不明だ。「しがらみ政治打破」というその内実は、あやふやなものなのだ。

◆都民ファーストの会の場合

 今回の離党2都議の「パー券」発言は小池流の“政治とカネ”のあり方を考える上でとても具体的な手がかりを示した。

「10月14日に都民ファーストの会の政治資金パーティーがある。1枚2万円、各議員の実績によるノルマも課されている」(ともに離党した上田令子都議)

 あたり前だが、業界団体や地元の有力者から多くパーティー券を購入してもらった政治家は、購入した団体の意向を無視しづらい。「力のない政治家」として次からお声がかからなくなるからだ。

 しかも小池知事は知事の“予算編成権”を振りかざして、業界団体に向き合った楔を打ち込んでいる。昨年度まで都議会自民党の要望を反映してきた200億円の「予算復活枠」を廃止。業界団体や市町村要望を小池知事が窓口となって受け付け、重要な箇所には増額した。

 小池チルドレンである都民ファーストの都議らも7月下旬、小池氏に習うように業界に対するヒアリングを始めている。

 当時は小池氏を擁護していた音喜多氏自身がブログに書き残している(7月25日)。

「向き合い方を間違えなければ、多くの声を効率よく集めるために業界団体という存在は一つの鍵になりえます」

 もちろん、その可能性は否定できないが、事実は異なる。予算議会を前にした今年1月16日、パレスホテルで行われたある団体の新年会に出席した議員が証言する。

「小池知事はやおら“ご要望にお応えして、わずかですが1000億円ほど予算をつけさせていただいた”というのです。要望は年末の予算要望のことで、誰が予算編成権を持っているかわかりますよね、と誇示するかのようでした」

 今月のパーティーに話を戻そう。ノルマを課せられた都議や都民ファースト関係者が、“小池予算”で要望がかなった業界団体やその幹部企業に10月14日のパーティー券の購入を持ちかけていれば、受益と負担の持ちつ持たれつの関係ができあがることになる(事実は次第に明らかになるだろう)。

 つまりは、“利権”の持ち主が自民党から小池氏に入れ替わっただけならば、都民のメリットにはつながっていない。発足1年、すでに「小池流しがらみ政治」は“始動”どころか“完成”しているのかもしれない。希望の党がこれと相似形をなす可能性は小さくないと筆者は考えている。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  3. 3

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  4. 4

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  6. 6

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  7. 7

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    枝野幸男氏「私こそ保守本流」

    キャリコネニュース

  9. 9

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  10. 10

    ゲーム没頭する子供にすべきこと

    不登校新聞

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。