記事

立憲民主党が健闘している! ますます伸びるぞ 早速自公との連携を目指すだけの野心が露骨な「希望」は伸び悩み

 朝日新聞に世論調査記事が掲載されています。立憲民主党が結成されてから初のものでしょうか。
比例区投票先は自民35%、希望12% 朝日世論調査」(朝日新聞2017年10月4日)
「朝日新聞社は3、4日、衆院選に向けた世論調査(電話)を実施した。比例区投票先を政党名を挙げて聞くと、自民が35%で最も多く、希望12%、立憲民主と公明が7%、共産6%、維新4%などだった。うち無党派層では自民17%、希望13%、共産7%、立憲民主6%だった。」
 立憲民主党が7%と健闘しています。従来の民進党と大差がありません。世論を扇動した小池新党「希望の党」が12%とありますが、朝日新聞の前回の調査でも、小池新党13%、民進党8%ですから、前原民進党が吸収されても、図体ばかりは大きくなっただけで、ほとんど支持増には結びついていません。お膝元の東京はともかく、全国的には支持は拡がっていないということです。話題性だけで支持率を保たせているだけの状態ですが、もう既に小池氏の化けの皮が剥がれ始めているということでもあります。

 小池新党については、自民党に代わる勢力というようにマスコミが一方的に持ち上げ、テレビは大量に報道していました。ブームと言われるものの中には、マスコミ(テレビ)によって作られたものがありますが、今回の小池新党に対して「政権選択」という言葉を垂れ流し、小池新党への支持を煽ったものであり、その典型です。

 それでも、小池新党の支持率がそれほど大きく動いていないのは「無党派層」の一部が小池新党に流れただけだからです。マスコミによって扇動された層はこの程度に止まったということです。

 他方で、小池新党が排除の論理を用いていることについての賛否は以前は、排除はよくないという論調がが多数でしたが、今回の朝日新聞の調査では、少々、変化があります。

「希望の党」代表の小池百合子・東京都知事は、安全保障や憲法観などの基本政策で一致しない人は、公認しない考えを打ち出した。この判断には53%が「妥当だ」と答え、「妥当ではない」の25%を上回った。」
 この問い方は「排除」そのものを問うのではなく、党としてのどのような方針で臨むのかという問い方と実質的に同じです。確かに、政党である以上、その党所属の議員は、その党の方針に従って行動してくれなければ困るわけで、候補者ごとに全くバラバラだとその党としての責任が明確にはなりません。従って、ある意味では政党の方針に賛同できるかどうかという視点自体が不当なのではありません。

 問題の核心は、小池氏と前原氏が密室で排除を決めてしまい(騙したのか、結託なのかという議論もありましたが、前原氏自身がこの結果を「想定内」と言っているので、結託なのでしょう)、あたかも希望者全員が小池新党で公認されると騙して民進党を解党させ、しかし、実際には気に入らない者は排除するというやり方をしたことです。

参照
「民進党分裂は想定内」 それはないよ 最初で最後の前原批判」(井戸まさえ日誌)

最初からわかっていたら、前原氏の方針が了承されていることはなかったよね

希望小池政策協定改定

 だから、前原氏のやり方は世論からは支持されなかったわけです。前原氏の行動を支持しているのは、小池新党の支持者に過ぎません。

 他方で、この調査の時点では既に排除された候補者の受け皿としての立憲民主党が結成されていますから、極右の候補者は小池新党へ、そうでない普通の候補者は立憲民主党へという具合に棲み分けができています。その意味では政党としての方針は明確な方が良いのは当然のことであり、そうしたことが調査結果にも表れているにすぎません。

 逆に民進党8%が立憲民主党で7%というのは現時点では大健闘です。着の身着のままで追い出されたような枝野氏たちが結成したというだけの政党がここまで支持率があること自体に驚きなのですが、考えてみれば当然の数字です。まだ浸透していないが故にまだまだ伸びます。

 前原民進党がとんでもない選択をした結果、民進党は瓦解しましたが、多くの民進党支持層は、決して小池新党を支持しているわけでないということ、そのような中で枝野幸男氏が立憲民主党を旗揚げしたことはさまよえる民進党候補者や支持層を急速に引きつけたということです。

 立憲民主党のツイッターのフォロワーも急速に拡大していることも話題になっています。数日で10万を超えています。もちろん、私もフォローしました。
https://twitter.com/CDP2017

 もちろん選挙ですから、参加することに意義があるというわけにはいきません。現実に当選しなければ意味がありません。ネット界だけで盛り上がっても仕方ありません。特に小選挙区では、小池新党は、立憲民主党の候補を落とすことを目的に自爆候補(立憲民主党候補の票を分散させて自民党議員を当選させるために最初から落選目的で擁立された候補)を送り込んでいますが、こうした策動に打ち勝つためには、さらなる安倍自民党に反対する票を1つにまとめなければなりません。

 立憲民主党は、共産党、社民党との連携の中で、小池新党による妨害に負けることなく、ますますの飛躍を願ってやみません。
小池新党「希望の党」は政権選択ではない 自公との権力争いだからこそ連携が成り立つ野合集団 敵は立憲民主党、自爆候補を送り込め

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国が密かに米朝開戦の準備か

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    松居一代に引っかかったマスコミ

    大西宏

  3. 3

    退位までに韓国訪問を願う両陛下

    NEWSポストセブン

  4. 4

    アラフォーは一生貧困?NHKに反響

    キャリコネニュース

  5. 5

    社員寮で暮らす敏腕シャープ社長

    文春オンライン

  6. 6

    希望に支持が集まらないのは当然

    早川忠孝

  7. 7

    体外受精はセックスに当たるのか

    井戸まさえ

  8. 8

    堀江氏を牢獄に送った国家の裁量

    NEWSポストセブン

  9. 9

    田原氏 米国批判なき日本は問題

    田原総一朗

  10. 10

    在日韓国人「イムジン河」に感銘

    文化通信特報版

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。