記事

東大にもっとも近い「筑駒」の神童は、大人になってどうなったのか? 日銀総裁、AV男優、早大総長、共産党書記局長、カジノで106億円負けた経営者 - 小林 哲夫

 筑波大学附属駒場高校(筑駒)は神童の楽園である。とにかく東京大にもっとも近い。合格者数がいちばん多いのは開成だが、合格率となると筑駒は63.8%と群を抜く(1学年定員160人、現役合格は74人。現浪合わせての合格102人)。ちなみに開成は40.5%、灘は43.2%である(2017年)。


東京大学・赤門 ©文藝春秋

 中学受験で筑駒は難易度がもっとも高いといわれている。実際、筑駒と開成、あるいは筑駒と麻布の両方に合格した場合、筑駒を選ぶ生徒のほうが多い。

 日本でいちばん頭がよい小学生が集まってくる筑駒には、神童がひしめいている。『神童は大人になってどうなったのか』(太田出版)で神童を追い求めて、筑駒、その前身の教駒(東京教育大学附属駒場高校)OBを探ってみた。

 まずは神童の誉高かったのが日銀総裁の黒田東彦(1963年卒)である。愛称クロトン。


黒田東彦氏 ©文藝春秋

 教駒時代は図書館の本をすべて読みつくしている。東京大法学部在学中に司法試験に合格。国家公務員試験に2番で合格する。卒業時も首席に近かった。黒田の教駒、東京大時代の同級生で政治家になった自民党の細田博之(1963年卒)の話。

「彼は一種の天才ですよ。がり勉タイプではないが、読解力が極めて高く、教科書など書籍を読めば、書かれている内容が一度ですべて理解できてしまう。また無類の本好きで、授業以外の時間は図書館にいることが多かったですね」(「週刊新潮」2013年3月7日号)。

 細田は元通産省官僚である。筑駒OBには官僚からの政治家転身が何人もいる。経産省出身には齋藤健(1978年卒)、鈴木隼人(1996年卒)。齋藤は今年8月に安倍改造内閣で初めて大臣となった。財務省(大蔵省)出身に後藤茂之(1974年卒)、田村謙治(1986年)。警察庁出身の葉梨康弘(1978年卒)。女優の水野真紀を妻に持つ後藤田正純(1988年卒)の大おじは警察庁長官、内閣官房長官、法務大臣をつとめた後藤田正晴だった。


細田博之氏 ©文藝春秋

官僚・自民党の政治家が多い「本当の理由」

 筑駒では官僚を養成する教育を行っているのか。

 元・大王製紙社長の井川意高(1983年卒)は、筑駒中受験を前に郷里の四国から上京し、帝国ホテルを常宿として代ゼミに通っていた。1980年代の筑駒を振り返る。

「教師の大半は日教組(日本教職員組合)。半分くらいは共産党員。革マル派崩れの教師なんて山のようにいた。世界史の教師なんて学生時代にゲバ棒をもって走ってた元活動家だし、倫理の教師なんて完全にずーっと共産主義思想教育をやってた。とんでもねえ左巻きの学校でしたな」(『東大から刑務所へ』幻冬舎、2017年、堀江貴文との共著)。

 話に盛り感はあるにしても、これほど反体制教員が揃えば、国家を守るために官僚、自民党政治家になろうとするのも不思議ではない。筑駒そのものが反面教師だったわけだ。

 なお、井川は大王製紙社長時代に海外のカジノで大負けして、子会社などから106億8000万円を調達して借金のアナを埋めた。東京地検は黙ってはいない。特別背任容疑で逮捕されてしまう。井川を捕まえる検察にも筑駒OBはいた。

 筑駒の「とんでもねえ左巻き」の影響を受けたのかもしれないのが、日本共産党の政治家の小池晃(1979年卒)である、筑駒時代に「平和のために何かをしたい」と民青(日本民主青年同盟)に加入。浪人中の駿台予備学校時代は民青駿台班として活動していた。東北大医学部出身ながら医師よりも政治家を選んだ。現在の肩書きは共産党書記局長。党ナンバー2といわれ、志位和夫委員長の後継者ともウワサされる。


小池晃氏 ©文藝春秋

 教駒、筑駒OBでここまでの登場人物は後藤田、小池を除き、すべて東京大出身である。さすが63.8%。

 だが、教駒は早稲田にもしっかり根を張っていた。 


早稲田大学・大隈講堂 ©文藝春秋

 なんと早稲田大総長が2代続けて教駒出身なのである。第15代(総長在任、2002~2010年)は白井克彦(1958年卒)で、専門は知能情報学。第16代(同、2010年~現在)は鎌田薫(1966年卒)で、民法が専門である。鎌田は早稲田在学中、学生運動に精を出していたと、かつての同級生が話す。

 たしかに、アカデミズムの世界で教駒、筑駒OBがかなり幅を利かせている。若手学者の登竜門ともいうべきサントリー学芸賞受賞者がけっこういる。メディアでの発信力が旺盛な四方田犬彦(1971年卒)、東浩紀(1990年卒)。 同学年で経済学者の大御所の植田和男、吉川洋(いずれも1970年卒)。政治学の牧原出(1986年卒)。 塩出浩之(1993年卒)は、2016年に『越境者の政治史』でサントリー学芸賞、毎日出版文化賞、角川源義賞のトリプル受賞となった。

神童を抽選で排除してはいけない

 政官財学にしっかり根を下ろしている筑駒OBのなかで、もっとも異彩を放つのが、アダルト男優、森林原人(1998年卒)だろう。神童と呼ばれるほど頭がよかった。中学受験では筑駒のほか、麻布、栄光学園、ラ・サールに合格している。

 森林は筑駒に入学後、カルチャーショックを受ける。とてつもなく頭のいい奴がいっぱいいてどうやっても太刀打ちできない。勉強もたいしてせず、いとも簡単に合格したのが何人もおり、一を聞いただけで十も百もわかってしまうような頭脳で、神童としかいいようがなかった。

 勉強では神童にかなわない。エロの世界できわめることを決意する。性的知識の豊富さで、学年トップになってやろうと思い立った。

「どこでもチンポを出し、勃起させ、エロ本を数多く所有していたので、エロのジャンルにおいては学年トップでした。(略)エロのいいところは、どれだけ頭のいい奴にも等しく難解なところです。理性や思考で解決できることじゃないから、経験や行動力がモノを言います。となると、エロが僕の肩書きになっていくのは自然の流れでした。僕がAV男優になったことは、筑駒史上では信じられないことですが、僕と親しい友達は納得しています。それほど、僕はエロと共に学生生活を送りました。筑駒での僕のヒエラルキーを決定付けたエロは、同時に、僕のコンプレックスも救ってくれていました」(『偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論』講談社、2016年)。

 昨今、国立大学附属学校入学を抽選制にするという議論がなされている。筑駒OBの多くは反対だ、森林さんもしかり。神童のなかにこそキラリとした個性が浮かび上がる。筑駒が神童の楽園であり続けるために、神童を抽選で排除してはいけない。

 日銀総裁、エロが大好きなAV男優、サントリー学芸賞学者、共産党書記局長、カジノで106億円負けた経営者、早大総長―――そんな人材を送り出した学校を、国は大切にしてほしい。

(敬称略)

(小林 哲夫)

あわせて読みたい

「東京大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    北ミサイルの原発攻撃はほぼない

    nonreal

  3. 3

    改憲代案を示せるのは山尾氏だけ

    小林よしのり

  4. 4

    音喜多都議が明かす嫌いな政治家

    AbemaTIMES

  5. 5

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  6. 6

    希望馬淵氏 高所得の恩恵見直せ

    馬淵 澄夫

  7. 7

    有人宇宙飛行はまったくの無駄

    Dr-Seton

  8. 8

    よしのり氏が文春に公開討論要求

    小林よしのり

  9. 9

    むき出しの好奇心に臨んだ豊田氏

    文春オンライン

  10. 10

    橋下氏 三浦瑠麗氏の論稿に期待

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。