記事
  • ヒロ

バブルがやってきた!

80年代後半、本当のバブルの果実を謳歌した人がどれぐらいいたのか、と言えば案外少ないのかもしれません。給与がすごく上がったわけではなく、株や不動産を持っている人だけが直接的に儲かり、そのお金が廻って消費が上向き、企業も儲けるし、個人の財布も軽くなるばかりか気分もウキウキになって日本全国、お祭り騒ぎ、ということだったと思います。

サラリーマンの方にとって当時、ボーナスこそ例年より多く支給されたとは記憶していますが、給与が毎年高い比率で上がっていたわけではなく、むしろ、会社が儲かり、交際費が緩かったのが実態であります。

バブル崩壊後にも一時、不動産ミニバブルやITバブルなどがありましたし、アメリカでは2006年をピークに不動産バブルが起きました。リーマンショックで大きな修正が入りましたが、その後9年間はアメリカを中心に順調な回復ぶりを示しました。ここにきてアメリカの株式市場の活況ぶりにも目を見張りますが、日本にもバブルがやってきたと実感できる状況にあるようです。

今回の日本のバブルをどう名づけるか、ですが、私は「ビットコインバブル」であるような気がします。それは実体を反映していない架空の価値を取引することで本当の「泡」を掴んだマネーが株式や不動産にも影響を与えているというものです。

まず株式ですが、個人的には日経平均が今世紀最高値である20950円を超えてくるのは確実でチャート的には更に上がありそうです。企業業績が良いのは確かなのですが、今、日本の株式を引っ張っているのは新興市場で一日で15%、20%の上昇をする銘柄が数多く出ており、市場参加者には「祭り」状態となっています。

不動産についても高値で打ち止めか、と言われた後もよい物件については買いの手が止まらず、不動産の二極化がより鮮明になっています。二極化とは駅から10分以内かの仕切りラインです。特に値上がりが大きいのは駅から傘もささずに行ける距離の物件で供給が追い付かないバランスが悪い状況になっています。これは不動産取得というより値上がり期待が先行しているあまりよい市場状態ではないのですが、今後の展開に注目しています。

ではこの景気の良い話はどっから出てきたのか、といえば全体的に前向きムードの中、ビットコインの狂乱が「投機で儲ける」という忘れかけていたあの言葉を思い出させたような気がします。

私はかつて夏の終わりから秋にかけて相場が崩れるかもしれない、あるいはアメリカの景気は8年も上昇を続け、そろそろ腰折れの時期にあるのではないか、と申し上げました。ところが腰が折れるどころか、トランプ大統領がカードゲームの強さを見せているのか、非常に強い展開となっています。

個人的には分野によってはバブルの領域に入っていると思いますが、「水準訂正」という「それを言ってはおしまいよ」という論理を無視した「新展開入り」となっているかもしれません。その中で日本の株式市場と日本の不動産は世界市場の中では明らかに取り残されていましたので上昇余地が出てきているのでしょう。

長年、不動産も株式も手がけてきた者として言わせてもらえれば「小金持ち、中金持ちのマネーが循環してきた」ように感じます。下手をすればロシアンルーレットですが、みんなで渡れば怖くない的なところも見て取れます。

私は日本にはある程度のバブルが必要だと思っています。それは、マネーもそうですが、マインドの転換を促します。デフレだ、給与は安い、生活が苦しい…というのは皆が言うから自分もそうしなくてはいけないという精神論的なところがあります。逆にバブルのころは、ゴルフだ、グルメ三昧だ、高級旅館だ、とお金を使うことを当たり前としました。そしてその原資を得るため、皆、いろいろ頑張ったのであります。

冒頭、80年代後半のバブルで本当の果実を味わったのはわずかでほかの方はおこぼれ頂戴だったはずなのにムードが先行したと指摘したのは結局、場の雰囲気がそうさせる面もあるという意味であります。

ならば、委縮した世界から太陽が輝く外の世界に飛び出して気分一新もありなのでしょう。東京にいて思うことは「ここにはデフレマインドのしょぼくれた感じは少ない」であります。麻生副総理が「東京にいる小池さんが景気を実感できないはずがない」という趣旨のことをコメントしていましたが、その通りだと思います。

マインドの変化が期待できるのならバブル歓迎と言いたいところです。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮司殺害 犯行時の異様な言葉

    NEWSポストセブン

  2. 2

    年齢で正社員募集する日本は異常

    城繁幸

  3. 3

    大統領夫人を嫌がるトランプ氏妻

    PRESIDENT Online

  4. 4

    超高額イージス導入で国防は弱化

    清谷信一

  5. 5

    中東 トランプ氏の賭けは勝利か

    野口雅昭

  6. 6

    ツリー炎上 嘘を重ねるネット民

    赤木智弘

  7. 7

    北の木造船 逃走の狙いは迎えか

    AbemaTIMES

  8. 8

    食べログは禁煙店の加熱式可外せ

    NATROM

  9. 9

    M-1ルール変更も残る一番手問題

    いいんちょ

  10. 10

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。