記事

【ウーバーとソフトバンク】

ライドシェア最大手のUberが取締役会を開いて日本のソフトバンクの出資を受け入れることを決めたという報道が相次いでいます。

多くが、創業者のTravis Kalanickの派閥と新しいCEOのDara Khosrowshahiの派閥の争いと位置付けていて、今回、取締役が数を今の11人から17人に増やすことで、CEO復帰を狙うカラニックの力が弱まり、会社内の権力のバランスが変わると報じています。

初期の投資家が統治構造の変更に反対していて、どろどろした権力闘争を展開中です!

[画像をブログで見る]
(FTより)

New York TimesはUber’s Board ApprovesChanges to Reshape Company’s Power Balance(ウーバーの取締役会、会社の権力バランスを変える修正を承諾)の中で、「ウーバーの取締役会は3日、会社内の権力のバランスを変える(reshape the balance of power)ような統治構造の修正を認めた。これは日本のソフトバンクによる出資に道をひらくものだ」と伝えています。

現在11人の取締役は、新しいCEOのDara KhosrowshahiとGoldman Sachsが先週行った提案について4時間にわたって協議し、関係者の話として「取締役でもあるトラビス・カラニックなど一部の株主の強い影響力は弱まることになる」としています。

Uberの取締役会は「ソフトバンクによる出資を受け入れること、さらに取締役会の独立を強化し、すべての株主が平等に扱われることを担保するガバナンスの変化を全会一致で決めた」と声明を出しました。

Wall Street Journalによると、ソフトバンクを中心とした投資家グループは、Uberの新株を10億ドルから12億5000 万ドル(1100億円から1400億円程度)で購入し、既存株主や従業員からあわせて最大90億ドル(約1兆円)の株式を取得することを認め、ソフトバンク側の出資比率は14 %から 17%になる見通しだとしています。

さらに、2019年に株式を上場することを目指すとしていて、新しい CEOのダラ・コスロシャヒに対して、セクハラなどのスキャンダルにまみれた企業の立て直しに15か月の猶予を与えたと解説しています。

FTは、Uber board halts feuding as SoftBank deal looms(ウーバー取締役会、ソフトバンクの出資案の登場で対立に終止符)の中で、現在11 人の取締役の数を最大6人増やすことで 17となり、権力のバランスを創業者のカラニックに不利な方に動くとしています。

また、ソフトバンクの出資受け入れについては、4日に書類にサインすることで手続きを始めるということで、今後2週間、SoftBank Vision Fund, Dragoner, General Atlanticを含めた投資家グループが巨額出資の金額を協議するとしています。

「ソフトバンク側は合意に至るためには少なくとも14%の株式を購入する必要があり、500億ドルという金額を想定して話し合われている」と報じています。

一方、Reutersは、初期の投資家のShervin Pishevarと Steve Russellが3日の取締役会の後に声明を出して、保有する優先株によって高い比率で議決権を維持してきたこれまでの統治構造を変えることは認められないとして、訴訟を起こす方針を明らかににしていてUberの権力闘争は簡単には解消しないことを示唆しています。

あわせて読みたい

「Uber」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    美智子さま 紀子さまに不信感も

    NEWSポストセブン

  2. 2

    次官セクハラで核心避けるTV報道

    メディアゴン

  3. 3

    自民議員 ツイート批判受け謝罪

    長尾敬

  4. 4

    中国依存のドイツ気付けば窮状に

    ロイター

  5. 5

    橋下氏 福田氏のセクハラに言及

    AbemaTIMES

  6. 6

    橋下氏 天敵の米山氏辞任に言及

    AbemaTIMES

  7. 7

    「人生何度でもやり直せる」は嘘

    文春オンライン

  8. 8

    Suica全国で利用可に 落とし穴も

    マイナビニュース

  9. 9

    テレ朝アナ「信頼は地に落ちた」

    AbemaTIMES

  10. 10

    娘の闇…Yahoo!知恵袋で衝撃展開

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。