記事

子育て支援サービスの裏で性犯罪が続発、というジレンマ

【子育て支援サービスを利用する共働き世帯は多い】

 児童ポルノや買春、それにまつわるビジネスなどで性的搾取の被害に遭う子供が後を絶たない。簡単に子供を他人に預けるからだと被害者側を非難する心ない声も聞こえるが、労働力不足が報告され、政府は1億総活躍社会を呼びかけ、働ける人はすべて働こうという時代に、家族をケアするサービスの利用は当然だろう。ライターの森鷹久氏が、犯罪の危険があってもサービス利用を続けねばならない事情を追った。

 * * *
 9月29日、一時預かりをしていた男子児童どうしにわいせつな行為をさせたとして逮捕されたのは東京都荒川区に住む清掃作業員の男(41)。

 男は「子育て支援サイト」に登録し、依頼が来た保護者等からシッターとして男児二人を預かっていたが、その後、男の子の母親が警察に届け出て事件が発覚した。男は容疑を認め「小さい男の子に興味があった」と供述しているというが、既視感を覚えるのは、筆者だけではないはずだ。

 今年2月には、現役の教員や家庭教師を含む男児ポルノ愛好家グループの男らが、強制わいせつや児童買春、児童ポルノ法違反の疑いで逮捕、追送検されている。被害者は170人近くとみられ、男児のポルノ画像10万点以上が押収された。一昨年にも、関西地方で児童ポルノ愛好家ら男5人が児童買春などの疑いで逮捕され、小中学生ばかり47人が被害に遭っている。

 SNSなどを巧みに利用して、表からは見えにくいところで児童ポルノ愛好家らが「組織」を結成。そこで自らが違法に撮影などした画像や映像を交換しあったり、イベントと銘打ち、騙して連れてきた男児にわいせつ行為を働く、というのが最近のパターンだ。そして、容疑者たちに共通するのは、教師や家庭教師、ダンサーや、清掃員といった子供への理解がある「善人」を装い、児童やその保護者に近づいていくという点だ。

「まさかという思い。子供好きの”いい人たち”だと思っていましたから、ショックです」

 肩を震わせ、驚きと怒りが混ざり合ったような様子で筆者に語るのは、今年2月に逮捕された容疑者らが主催していたイベントに、小学二年生の男児とともに参加した関東地方在住の主婦Aさんだ。

 Aさん一家は共働きで、夫ともども土日にも出勤することも少なくない。そういった環境の中で、容疑者らがイベントを開催し、子供の面倒を見てくれていることにありがたみを感じていた。子供もイベントを「楽しい」と話し、容疑者らをお兄ちゃんと慕っていたのだ。幸い、Aさんの子供は被害者にはなっていないというが、Aさん夫婦が受けたショックはあまりにも大きく、それまで通っていた習い事を全て辞めさせ、仕事に無理をきかせても、出来るだけ子供と一緒にいるようになった。

「いい人だった容疑者らが、実は悪魔、性欲のままに行動するケダモノだったかと思うと、それを見抜けずに子供を預けていた私たちも、反省すべきところがあるかもしれない。何よりも、恐ろしい場所に、何の疑いを抱くこともなく我が子を預けてしまっていたというのが、悔しい」

 ネットで知った、安価で自身に都合の良い託児サービスを利用した方も悪い、そもそも子供を産まなければ良いだろう──。そういった指摘が聞こえてきそうでもあるが、それは託児サービス利用の難しさや、子育て環境の厳しさを知ろうともしない無責任な発言だ。

 Aさん夫婦には、子供の世話を考えられないくらい極貧で経済的に追い詰められ、馬車馬のように働かなければならない事情はない。とはいえ、夫婦のうちどちらかが仕事をやめ、子供の世話にかかり切りになるほど余裕があるわけでもない。今後の教育費や生活費のことを考えたら、夫婦ともに働くのはごく自然な選択だ。

 お金があるなら、それなりの金額を提示して確実な託児サービスを利用すればよいと思うかもしれない。だが、金をいくら積んだところで、急な預かり保育に対応してくれる機関は少ないのが現実だ。

 Aさん夫婦は、子育てを最優先にしたいと願いつつも、会社から、そして職場の同僚からのオファーがあれば仕事に駆けつけなければならなかった。こういった人々が日本社会を支えているというのは、もはや周知の事実だ。そんな中、レクリエーション色が強く、しかもフレキシブルに困った夫婦に対応してくれるサービスはほとんどない。我が子にとって”有益だ”と思える場所がある。そんな場所を見つけた時、親はありがたがって利用したいと考える。金銭的な負担が軽ければ、なおさらだ。

 悪人は、こうして魅力的な場所を提示し、半ば追い詰められた、選択肢のない家族をピンポイントに狙っているとさえ思える、卑劣な手段を用いていた。

 昨年、関東の男性小児科医が、学校検診の際に複数の小学生児童の下半身を執拗に触ったのではないかという騒動が起きた。小児科医は、地元での評判もいい年配の開業医だったが学校医を辞め、この騒動は事件化されなかった。医院はその後しばらく営業を自粛したが、いまは再開している。医院に子供を見せたことのある主婦は、いまも憤りを隠さない。

「小児科医や先生、放課後ルームの先生など、子供が好きなのは当然であり、私たちが”善人”だと思っていた方々にこういうことをやられると、もう何も信用できない」

 冒頭にあげた事件で逮捕された男のものとみられるSNSには、自身が「小児性愛者」であることを伺わせる書き込みが見受けられた。子供と接する役割をまかせるには検討が必要な性癖を、必死で隠すこともしなかった男が、なぜ子育て支援サイトでシッターを務められたのか。

 児童教育の現場からは「人が足りない」との悲鳴もあがるが、正規の教職員や保育士などを増員するのではなく、臨時職員を募集してしのぐ場合がほとんどだ。だからといって誰でも彼でも、それこそ猫の手だろうが犯罪者の手だろうが借りてよい、ということにはならない。だが現実には、入念なチェックをする余裕がなく、検討する時間と手間より、早く人員を増やして受け入れ子供数を増やすことが優先されている。

 児童教育の現場だけではない。老人介護や障害者施設などでも、善人のはずだったスタッフや関係者が引き起こす痛ましい事件が後を絶たない。日本人が信じてやまなかった「性善説」に依拠して生き抜ける時代は、すでに終わってしまったかのようだ。危ういところで犯罪に巻き込まれずにすんだAさん家族も、いつまでも仕事の都合を無視し続けられないだろうから、近々、何らかの託児サービス利用を再検討しなければならないだろう。事件や事故に遭わないためには、運にまかせるしかない時代になってしまったのだろうか。

あわせて読みたい

「性犯罪」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セネガル代表で戦う欧州出身選手

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  3. 3

    理想の恋愛関係に挿入は要らない

    ニャート

  4. 4

    大地震でホームレスが困ること

    ビッグイシュー・オンライン

  5. 5

    オール与党の多選がもたらす弊害

    田中龍作

  6. 6

    仮想通貨取引所を規制で潰す日本

    Hayato Ikeda

  7. 7

    サッカー解説に大島優子・待望論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    韓国が行う竹島での訓練に疑問も

    NewSphere

  9. 9

    エレカシ宮本「GLAYに心折れた」

    SmartFLASH

  10. 10

    舛添氏 国会ヤジ問題で党に苦言

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。