記事

政権公約を発表 「自民党らしい真面目で責任と実効性のある公約を掲げる」岸田文雄政務調査会長

政権公約を発表「自民党らしい真面目で責任と実効性のある公約を掲げる」岸田文雄政務調査会長

わが党は10月2日、衆院選の政権公約「この国を、守り抜く。」を発表し、記者会見を行いました。

政権公約は「未来に責任を持つ確かな政策で、さらなるステージへ」というコンセプトで作成され、冒頭の安倍晋三総裁からのメッセージに続き、第1部には6つの重点政策が、第2部には「政策BANK」が掲載されています。

冒頭の安倍総裁からのメッセージでは、「北朝鮮の脅威」と「少子高齢化」の2つの国難に立ち向かう安倍総裁の並々ならぬ決意が語られるとともに、その2つの国難を乗り越えていくにあたり国民の信を問う「政権選択」という今回の衆院選の位置付けが明確にされています。

また、第1部の重点政策には、(1)北朝鮮への対応(2)経済政策「アベノミクス」の加速(3)生産性革命(4)人づくり革命(5)地方創生(6)憲法改正―の6本の柱が掲げられています。

そして、第2部の「政策BANK」では、経済再生や地方創生などの4分野に分けて具体的な政策が掲載されています。

岸田文雄政務調査会長は記者会見で、「政権選択の選挙で国民に選択肢を示すのが政党の務めである」と述べるとともに、「自民党らしい真面目で責任と実効性のある公約を掲げ、国民の信任を頂きたい」と語り、衆院選勝利に向けて、政策を地道に訴えていく姿勢を明確にしました。

【お知らせ】公職選挙法上「公約」は選挙期間以外での配布が認められていません。ウェブ掲載についてはしばらくお待ちいただきますよう、お願い申し上げます。

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ZOZO田端氏の残業代ゼロ論は呪い

    国家公務員一般労働組合

  2. 2

    米朝会談で断たれた北の逃げ道

    MAG2 NEWS

  3. 3

    楽しい食事をダメにする残念な人

    内藤忍

  4. 4

    国煽り最悪の刑務所入った堀江氏

    PRESIDENT Online

  5. 5

    朝日の信頼度が5大紙で最下位に

    島田範正

  6. 6

    元オウム菊地氏 住所特定に恐怖

    菊地直子

  7. 7

    怠慢でAmazonに潰される商店街

    後藤文俊

  8. 8

    なぜカルディ商品は買う気失うか

    MAG2 NEWS

  9. 9

    ワコール炎上広告 原因は手抜き

    中嶋よしふみ

  10. 10

    山田洋次作品で光る林家正蔵の技

    松田健次

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。