記事

いつから"スタンプ"にセリフが付いたのか

1/2
文字のかわりに、キャラクターの画像を送りあう「スタンプ」。LINEがはやり始めたとき、多くのスタンプには文字がなく、画像だけだった。しかし、現在主流のスタンプには「了解」や「ありがとう」といったセリフが付いている。いつから、なぜスタンプに文字が入るようになったのか。ブロガーのいしたにまさき氏がLINEの担当者に聞いた――。

■「文字がない」ことが衝撃だったのに……

LINEのスタンプに、最初は文字がなかったことを覚えているでしょうか。

スタンプでは、筆者はいまだに「横山光輝『三国志』」と「ゴルゴ13」を愛用しています。どちらも2014年リリースとだいぶ前のものですが、なぜ今でも使っているのかといえば、マンガそのものが好きなことと、そこから引用されているセリフと絵のバランスが絶妙だと思っているからです。

でも、12年にLINEがリリースされた直後、配信されていたスタンプは文字がないものばかりでした。絵文字や顔文字しかない時代にLINEスタンプが登場したとき、「文字がない」というスタンプにはそれなりの衝撃がありました。文字がなくても会話が成立している非言語コミュニケーションは、それ以前のネットではほとんど見かけなかったからです。「スマホネイティブ」という言葉が出てくるようになったのも、この時期だと思います。

■いつの間にか「文字入り」ばかりに

ところが、文字を使わないコミュニケーションツールとして登場したスタンプは、いつの間にか「文字入り」のものばかりになってしまいました。人気のスタンプも「文字入り」ばかりのようです。いつからLINEのスタンプは、こうなったのでしょうか? 


LINE公式の人気キャラクター、ブラウン&コニーも初期は無言(画像左)。新しいスタンプではよくしゃべるように。

ということで、LINEの人に聞いてみました。

「サービスとしてのLINEは、リリース当初からグローバル展開を前提にしていました。それが理由で、公式で出すスタンプは簡単な英語くらいしか文字がなかったのです。特定の言語の文字を入れてしまうと、グローバル運用では邪魔になりますから」(LINEスタンプ事業部・石川康さん)

その前提が大きく変わったきっかけは、14年にスタートした「LINE Creators Market(クリエイターズマーケット)」でした。ユーザーが自分でスタンプや「着せかえ」を制作し、LINEの審査を通ればアプリ上のショップなどで販売できる仕組みです。

「クリエイターズマーケット」では当初から、文字入りのスタンプを審査で制限することはしていなかったそうです。その結果、あいさつや敬語、人名といった文字入りスタンプがどんどん生まれていきました。


LINEの公式キャラクター「ムーン」も、最初期(左)は無言だったが、15年リリースの「ムーンのクリぼっち」では饒舌に。

「クリエイターズマーケットが登場してからは、その動向がスタンプの流行を左右するようになっています。公式スタンプがその流れに乗っかる場合もあります」(石川さん)

あわせて読みたい

「LINE」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  2. 2

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  4. 4

    「年収400万円の底辺」に違和感

    キャリコネニュース

  5. 5

    進次郎氏が石破茂氏についた理由

    PRESIDENT Online

  6. 6

    安倍首相の粛清に怯える議員たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    総裁選の敗北者に待つ悲惨な末路

    文春オンライン

  8. 8

    NHK桑子アナのコメント力に苦言

    メディアゴン

  9. 9

    ひろゆき流 不味いタバコで減煙

    西村博之/ひろゆき

  10. 10

    新潮45を解説 不買運動に疑問

    山口浩

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。