記事

小池百合子の「希望の党」は希望か絶望か(金融日記 Weekly 2017/9/22-9/29)

1/2

 9月最終週(9/25-9/29)の日経平均株価は週間で0.3%高の2万0356円28銭で引け、小幅ながら3週続伸となった。FRBがバランスシートの縮小を決定し、日米の金融政策の違いから為替相場はしばらくは円安で推移すると期待されており、円で見た株価は下げにくくなっている。また、トランプ米大統領がマーケットの期待通りに法人税率を20%まで下げるなどの大幅な減税案を発表した。もちろん、こうしたことは以前から主張されており、問題はその実現性である。仮に、米国がこれだけの減税を実現させれば、日本も追随する他なく、日本国民としては良い外圧を期待したい。

●トランプ税制改革案、法人税20%に下げ 「歴史的な減税」強調
https://jp.reuters.com/article/usa-tax-trump-idJPKCN1C2348

●トランプ氏、法人減税など税制改革案 米史上最大に自信満々
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170929/mcb1709290500014-n1.htm

 さて、選挙である。安倍首相は、事前に報道されていたとおり、28日に召集された臨時国会で衆議院を解散した。10月22日が投開票日となる。

 当初は自民・公明が無難に乗り切ると思われたが、マスコミを使って大衆を扇動することで人気を得てきた小池百合子東京都知事が、自身が女性初の総理大臣になるという野望を実現するために「希望の党」を立ち上げ、国政進出を一気呵成に進めたため、事態は混沌としてきた。

 政権担当能力がまったくないことがもはや誰の目からも明らかになった野党第一党の民進党議員の多くが、自身の看板を投げ捨て希望の党の軍門に降ると報道されている。民進党議員は生き残りを賭け小池百合子氏の人気にあやかりたい。そして、小池百合子氏の希望の党が欲しいのは、政党交付金を原資とする100億円を超える民進党のカネである。しかし、希望の党での元民進党議員の勢力が強まれば、衆院選後の代表選挙で小池百合子氏を裏切るリスクがある。そこで、希望の党では、憲法改正に賛成するという踏み絵を行わせ、謀反を事前に阻止する考えだ。

 安倍憎し、安倍の自民を止めるためなら何だってする、となりふり構っていなかった極左のマスコミは、安倍自民への対抗という一点のみで小池百合子氏を応援してきたわけだが、ここにきて安倍自民と小池百合子の希望の党が、憲法改正で手を組み、民進党や社会党の左派議員が滅ぼされるかもしれないのは、まったくの皮肉だ。

 マスコミによると、小池都知事は今回は都知事を辞任し立候補することはないと報じられているが、大衆の記憶力の程度を正確に理解している小池百合子氏は簡単に前言を翻すため、まだ、どうなるかわからない。筆者は、彼女が都知事の仕事を投げ出し衆院選に出馬する可能性は低くないと考える。なぜならば、豊洲移転問題やオリンピックに向けた都市計画の頓挫など、自身がめちゃくちゃにした都政の尻拭いをこれから自分でやらないといけなくなるからだ。彼女個人のインセンティブを考えれば、いまが都政の仕事を放り出す最高のタイミングなのである。

●衆議院が解散 衆院選10月10日公示 22日投票へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170928/k10011159691000.html

[画像をブログでみる]
●希望の党 小池代表「日本をリセット」衆院選には立候補せず
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170927/k10011158011000.html

●民進資金に希望が触手?=交付金原資に100億円超
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017100100308

●民進、もろさ露呈「合流選別」地方から不安噴出
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS30H1S_Q7A930C1EA2000/

●希望の党、突っ走った挙句に早くも息切れ 「小池一極集中」でも矛盾は隠しきれない
http://toyokeizai.net/articles/-/191183

●衆院解散・総選挙にみる 新党と自民の盛衰
https://vdata.nikkei.com/prj2/postwar70/

 前回の東京都議会議員戦況では、多くの識者が冷ややかな視線を送っていた小池百合子都知事が率いる都民ファーストの会が圧勝し、自民が惨敗するという結果になった。今回の衆院選でも、希望の党が躍進し、自民・公明が過半数を割るとなると、これまで良くも悪くも安倍内閣で安定してきた日本の政治経済が一変することになり、市場は大きなボラティリティを経験するだろう。
 希望の党は、日本国民にとって希望なのか、あるいは絶望なのだろうか。

メルマガを購読 → note夜間飛行ブロマガまぐまぐ

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は色仕掛けの手法を明かせ

    三田次郎

  2. 2

    平然と行われる男性へのセクハラ

    sionsuzukaze

  3. 3

    よしのり氏 青木理氏の詭弁指摘

    小林よしのり

  4. 4

    よしのり氏 昭恵氏は世間知らず

    SmartFLASH

  5. 5

    娘の闇…Yahoo!知恵袋で衝撃展開

    キャリコネニュース

  6. 6

    安倍3選 麻生氏辞任なら確率ゼロ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    「イケメンはセクハラOK」の誤り

    ニャート

  8. 8

    中国依存のドイツ気付けば窮状に

    ロイター

  9. 9

    買春で知事辞任 米山氏の母嘆き

    SmartFLASH

  10. 10

    パックン「気軽にお金の話題を」

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。