記事

株式市場での大罪は不問なのか

かつて同志社や京大で、大学1年生向けの初年度ゼミを担当させられていたことがあった。「今の高校はどうなってるんや」と思う一方で、1年生には「常識を疑うこと」を教えないといけないと思っていた。

高校は大学受験のための予備校ではない。大学に進んだとき、困らないようにするのが高校の役割である。知識を教えるのは、この1つのパーツでしかない。自分で考え、それを表現し、行動することを教えることで、大学に入ったときに役立つ。これが今の高校に欠けているのだろう。

僕の時代の日本史の悪口を書くと、「小学校の教科書と大同小異の知識の羅列でしかないことを、何で中学、高校と繰り返すんや」と、面白くなかった。今は、他の科目もこれに近いのか。

それはともかく、初年度ゼミの1つのテーマが「何故、殺人は罪なのか」だった。殺人をしても罰せられないどころか、褒められることもある。すぐ想像できるように、戦争が代表的な事例である。勝てば英雄になりうる。

つい先日、これと同じ現象が株式市場でも生じているのでは思ってしまった。インスペックという東証2部に上場している企業が、4年前、時価総額が小さくなり、上場廃止基準に抵触しそうになった。そこで、インスペック株に買い注文を入れ、株価を上げ、時価総額を大きくして上場廃止を免れようとしたというものである。これは偽計取引に相当するとして、東証は上場契約違約金を徴求した。なお、このケースでは株式を売却していない(売却することで利益を確定する行為をしていない)ので、相場操縦には該当しないらしい。

http://www.jpx.co.jp/news/1021/20170925-12.html

ふと思ったのは、現在も行われ続けている日銀によるETFの購入も同じではないかと。
金融政策として、株価の過度の下落を防ぐことは日本では過去にも例があった(1965年当時)。正しい行動かどうかは疑問ながら、「ある程度はしゃあないか」とも思う。現在の日銀による株式購入のそもそもの目的も、株価の過度の下落を防ぐことだったと理解している。

この点、日本の現在の株価はどうなのか。過度の下落とはまったく無縁である。そんな市場に日銀が輪転機の力に任せて買い注文を入れることは、インスペックの大規模バージョンではないのかと思ってしまう。

アメリカやヨーロッパの株価に劣後しないように、1部上場先進国の地位を失わないようにと。これが本音ベースの目的だとすれば、ますますインスペック的になる。問題は、誰が罰金を払うのかである。将来の国民であることはほぼ確かだろうが。

あわせて読みたい

「日本銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のセクハラ報道却下に衝撃

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  2. 2

    「女」を使わせるマスコミが悪い

    山本洋一

  3. 3

    美人記者で官僚を釣るTV局の手口

    NEWSポストセブン

  4. 4

    自衛官罵声 日報追及への反発か

    志村建世

  5. 5

    セクハラ問題 本当の悪は新聞社?

    小林よしのり

  6. 6

    テレ朝のセクハラ対応こそ問題

    猪野 亨

  7. 7

    福田次官問題 テレ朝もパワハラ

    小林よしのり

  8. 8

    女性問題叩きは大物の不在を生む

    文春オンライン

  9. 9

    米山知事の買春を女子大生が告白

    文春オンライン

  10. 10

    宗男氏 小西議員の身勝手さ指摘

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。