記事

希望の党、最初で最大の経営判断

9月28日に衆議院が解散となり事実上の選挙戦がスタートしました。

その前日に設立の記者会見を行った希望の党。
綱領や基本政策が見えてきました。

原発は2030年のゼロを目指し、消費税増税は凍結し、安保法制に関しては現実的に展開する。
日本を元気にする会が掲げていた基本ポリシーと瓜ふたつでした。
〔ご記憶の方もいるかもしれませんが、日本を元気にする会は閣議決定という形で安保法制に重要な修正をもたらしています( こちらをご覧ください →  https://ameblo.jp/koutamatsuda/entry-12074824317.html )〕

また、指針とした「しがらみのない政治」、議員定数と歳費の削減、行政改革、情報公開、地方分権。これらも全く同じです。更に言うと、このような改革に最も力を注いでいたのがみんなの党でした。

ここまで基本政策が合致していると私の中でも自ずと期待感が高まります。
あとはどれだけ本気で小池さんがこれを実現しようとしているか。

本気ならば、まずは民進党(民進党出身に限りませんが)の候補者選別を徹底的に厳しくすることが大切です。
我々有権者にとってもありがたい時代ですが、政治家の過去の言動がネット上に残されています。安保や憲法以外の考え方でも大きく乖離しているのであれば、変わった(変える)理由をしっかりと説明してもらう。それが出来ないのであれば公認を見送り、大変でも独自の候補者を擁立していく。

数と金が欲しくて目がくらんでしまってはいけません。私の見立てでは現職88人の内、せいぜい半分ぐらいしか取れないはずです。

特に最初が肝心。
政党の基盤が安定する前に腐ったミカンが一つでも籠の中に入ってしまえば、あっという間に他のミカンも腐ってしまいます。

ここが小池さんにとって最初で最大の、党の未来を占う経営判断になると言っても過言ではありません。

あわせて読みたい

「希望の党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    三浦瑠麗氏発言 日英で認識に差

    小林恭子

  2. 2

    羽生結弦 五輪2連覇に複雑な韓国

    文春オンライン

  3. 3

    日韓合意に釘刺された文氏の誤算

    文春オンライン

  4. 4

    東京五輪 真夏回避は日本の責務

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    中学入試に思考力試す超難問出題

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「妊娠は管理できる」という幻想

    中野円佳

  7. 7

    60歳以上の待遇劣化が抱える矛盾

    川北英隆

  8. 8

    北が工作員を手配する動機はない

    高英起

  9. 9

    維新・足立議員が懲罰動議に反論

    足立康史

  10. 10

    就職難の韓国人女性が五輪に苦言

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。