記事

新幹線のスマホ乗車が200円だけ安い理由

1/2

(プレジデントオンライン編集部)

9月30日、東海道・山陽新幹線で新しいチケットレスサービスが始まった。年会費は無料で、何度でも時間や座席の変更が可能。しかも料金は駅の窓口より200円安い。1日40万人以上が利用する東海道新幹線で「200円」の影響は小さくない。なぜ割り引いたのか。その背景には「サービス拡大」だけでなく、「乗り換え分を負担する」という乗車券の仕組みが関係していた――。

■年会費無料で「チケットレス乗車」が可能に

9月30日、東海道・山陽新幹線で新しいチケットレスサービス「スマートEX」が始まった。手持ちのクレジットカードとSuica(スイカ)などの交通系ICカードを登録すれば、自動改札機にICカードをかざすだけで指定座席に乗車できるサービスだ。

座席は事前にスマートフォンなどで予約し、支払いは登録したクレジットカードで行う。乗車券や特急券を発行する必要がないため、窓口には並ばずに済む。在来線との乗り換えも、同じICカードを自動改札機にかざすだけだ。利用できるICカードは、スイカのほか、JR東海のTOICA(トイカ)、JR西日本のICOCA(イコカ)、首都圏の私鉄や地下鉄で使えるPASMO(パスモ)などの10種類。サービスの利用に年会費はかからない。


利用方法のイメージ。JR東海プレスリリースより抜粋

これまで東海道・山陽新幹線(東京―博多間)には「エクスプレス予約」と「プラスEX」というサービスがあったが、いずれも年会費と専用のICカードが必要だった。ICカードの発行まで2~3週間かかるため、旅程が決まってから入会しても間に合わないことがあった。また「エクスプレス予約」は、JR東海かJR西日本のクレジットカードに入会しなければならず、審査などの時間もかかった。

■予約から乗り換えまでiPhone1台で完結する

「スマートEX」は、券面にVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースの国際ブランドが書かれていれば、どんなクレジットカードでも登録できる。これまでのサービスに比べて、対応ブランドが大きく広がり、手持ちのカードで簡単に利用できるようになった。

交通系ICカードの登録は専用サイトから行う。その際、カードに振られている17桁の番号を入力する。この番号は「モバイルSuica」などカードレスの場合にも振られており、iPhoneの「Apple Pay」でも同じだ。つまり、座席の予約から新幹線改札への入場、在来線の乗り換えまで、iPhone1台で完結できるようになった。

画期的なサービスだが、もうひとつのポイントは「駅で切符を買うより200円安い」ということだ。

あわせて読みたい

「新幹線」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  2. 2

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

  3. 3

    佐藤優氏がICANと創価の縁を暴露

    天木直人

  4. 4

    年収増で幸福なのは1000万円まで

    市川衛

  5. 5

    橋下氏が岩上氏を名誉毀損で提訴

    橋下徹

  6. 6

    菅長官 望月記者に出馬勧め挑発

    NEWSポストセブン

  7. 7

    白鵬へ反感拡大 貴乃花側は自信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    31才男が不倫相手を殺害するまで

    NEWSポストセブン

  9. 9

    北に帰国した在日朝鮮人の惨状

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    週刊誌の「不倫」バッシングにNO

    鈴木しんじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。