記事

SBと巨人は清宮指名のためにポスティングを容認するのか

【12球団からの1位指名もある?】

 いよいよドラフト会議(10月26日)まで1か月を切った。立教大学で「スポーツビジネス論~メジャーの1兆円ビジネス」の教鞭を執るスポーツジャーナリストの古内義明氏が分析する。

 * * *
 早稲田実業の清宮幸太郎がプロ志望を決断し、今年のドラフトは大きな注目を集めている。

 9月25日に清宮が志望届けを提出したことで、清宮サイドとプロ側の接触が可能となった。清宮は会見で、「12球団OKの立場か」という質問に、「はい。自分を厳しく指導していただき、成長していける球団に行きたい」と、いま現在全球団に門戸を開いている。さらに、会見では、「アメリカに直接行くことは、もともとそんなに(考えていなかった)」と、プロ野球経由でのメジャー移籍という結論に至ったことを匂わせた。

 その一方、ドラフトまで早目に動き出すことで、プロ側の考えを聞く機会を得る方が得策だと判断したとも言える。すでに、ソフトバンク、日本ハム、ヤクルト、西武、巨人の5球団のスカウトが、調査票を持って同校を訪問。週明けにも複数球団が清宮本人と面談する予定だ。これにより、球団の熱意とともに、ビジョンや育成法などが具体的に示されるだろう。清宮サイドは父である克幸氏の同席のもと、将来的な「メジャー挑戦」の考えを各球団に直接伝えるはずだ。

 彼がまだ一年生の頃、「リトルリーグワールドシリーズで、ヤンキースタジアムに行った時、ここでやらなければいけないと、言われているように感じた」と話し、「メジャー挑戦こそが最大の目標であること」を話してくれた。

 現行ルールでのメジャー移籍は、9年の海外フリーエージェント(FA)権を取得するか、ポスティング制度のどちらかで行く方法でしかない。FAは本人の結果次第で道が拓けるが、ポスティングは所属球団が容認しない限り、道は閉ざされる。だからこそ、ドラフトで清宮指名のカギを握るのは、「ポスティング容認」に他ならない。

 もし清宮サイドがこのポスティング容認にこだわるなら、過去12球団でポスティングを容認していない巨人とソフトバンクのドラフト戦略は方向転換を迫られることになる。早くもベイスターズの高田繁GMは容認発言をし、今後も球団戦略としてマスコミに公言する球団は出て来るだろう。

 これまで15人がポスティング制度を使って、メジャー移籍を成し遂げている。過去石井一久、岩村明憲、青木宣親という3人の大物を同制度で送り出したヤクルト。田中将大と前田健太という投手の絶頂期にありながらも、彼らの意志を尊重した楽天と広島。そして、このオフに、同制度での移籍が噂される大谷翔平の所属する日本ハム。目に見える形でポスティングを球団経営の中核として考えているこの4球団は、清宮サイドへの強力な説得材料として提示するだろう。

 但し、上限が2000万ドルという現行のポスティング制度は来月末で期限切れを迎える。すでに延長せずに、新制度になるのか、はたまた日米どちらかが破棄するのかも不透明だが、大谷移籍が濃厚の中、いかなる形でもポスティング制度を存続させることだけは間違いないだろう。

 志望届を出した以上、全球団に清宮を指名する権利はもちろんある。しかし、日本のプロ野球の先のメジャーを見据える清宮にとって、面談は非常に大切なプロセスであり、「ポスティング容認」という確約は大きな後ろ盾になるはずだ。その上で考えると、お互いの考えが一致しないまま指名をすることはまずあり得ないだろう。

 すでに阪神がドラフト1位を明言しているが、ドラフト史上最多指名はあるのかどうか。それとも競合を避けて、即戦力投手などの安全策で行くのか。来月26日のドラフト当日まで、清宮を中心にして、水面下で12球団の駆け引きは続くことになる。

あわせて読みたい

「プロ野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  4. 4

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    子連れ登院の目的に抱いた違和感

    井戸まさえ

  6. 6

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

  7. 7

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  8. 8

    山尾氏の集団的自衛権=悪は危険

    篠田 英朗

  9. 9

    森友問題 朝日は学校名を捏造か

    和田政宗

  10. 10

    乳児連れ議会への批判はおかしい

    駒崎弘樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。