記事

安倍首相が「大義なき」解散という賭けに出た理由とは?

衆議院解散が決まった。今月28日に召集される臨時国会の冒頭で、安倍晋三首相が衆議院を解散する。そして10月10日公示、22日投票という流れだ。

野党や新聞、テレビなどのメディアからは、これは「大義なき解散」であり、「とんでもない横暴」だと一斉に批判が起きている。

現在、野党第一党の民進党では、議員の離党が相次ぎ、まとまりを欠いている。その民進党を8月に離党した細野豪志さんと、日本ファーストの会代表の若狭勝さんが新たに結成しようとしている新党はどうか。こちらも体制が整っているとはとてもいえない。だが、小池百合子都知事が代表になると宣言した。

この状態では、安倍首相が今こそ解散のチャンスだと考えるのも当然だろう。なにより臨時国会が開かれれば、森友学園、加計学園問題を追及されるのは、火を見るより明らかだ。野党やメディアがいう「大義なき解散」「疑惑隠しだ」という批判も、もっともだろう。

しかしながら、ひょっとしたら、安倍首相には、「大義」があるのかもしれない。

安倍首相は、アメリカが北朝鮮に武力行使を行なうかもしれないと考え、不安を抱いているのではないか。僕には、そう思えてならない。

アメリカのヘイリー国連大使は、北朝鮮に対し、「最高の措置をいま採らなくてはならない」と発言した。「アメリカは戦争を望んでいないが、忍耐力は無限ではない」とも言っている。マティス国防長官は、「韓国の犠牲のないように、軍事力を行使する選択肢はある」とまで語っている。

国連総会に合わせてニューヨークを訪れた安倍首相は、各国の首脳と意見を交わした。そこで、トランプ大統領の本音を探り出したのではないか。そして、アメリカの武力行使の可能性を確認したのだろう。

もしアメリカが、北朝鮮に武力行使するとしたら、いつになるか。11月に予定されている、トランプ大統領と習近平主席の会談の後ではないかと、僕は思っている。可能性でいえば、12月から翌年2月あたりが高い。

安倍首相にすれば、その前に体制固めをはかるのは当然だ。こうした理由で9月解散、10月選挙と考えたのではないか。だが、安倍首相はそのことをまったく説明していない。

僕の考えでは、安倍首相にとっては、いくら批判されようとも、この解散には「大義」がある。ただ、そうはいっても、解散となれば批判が強まる。選挙で自民党が議席を減らすことも十分に考えられる。安倍首相は「賭け」に出たのだ。

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  2. 2

    政治力失った小池氏 出処進退は

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    立憲民主は戦後最弱の野党第一党

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    保育士離職の原因は給与ではない

    石水智尚

  5. 5

    リセットされた菅直人氏への逆風

    川名 ゆうじ

  6. 6

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  7. 7

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  8. 8

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  9. 9

    日の丸・君が代は極右への踏み絵

    秋原葉月

  10. 10

    立憲の鍵を握る改憲派・枝野代表

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。