記事

インスタが「迷惑コメント防止機能」強化 特定の相手をブロック


PixieMe / Shutterstock.com

Paul Monckton ,CONTRIBUTOR

インスタグラムは先日、月間アクティブユーザーが8億人を突破したことをアナウンスした。日間のアクティブユーザーも世界で5億人を超えており、驚異的な成長を遂げている。

そのインスタグラムにも負の側面があり、荒らしや不快なコメントに悩まされる人もいる。9月26日、インスタグラムはこの問題に対処するため、投稿にコメントを行える人物を制限するオプションを導入した。この機能はアプリをバージョン16.0にアップデートすると利用可能になる。

プロフィールの右側の歯車マークをタップし、下にスクロールするとコメントの設定コーナーが現れる。「コメント許可の対象」のコーナーを開くと、デフォルトでは「誰でも」コメントができる状態になっているが、「フォロー中の人とフォロワー」や「フォロー中の人」「フォロワー」といった選択肢が加わり、コメントをできる人の絞り込みが可能になった。

また、各項目の下には人数が表示されており、設定の変更後にコメントが可能になる人の数が確認できる。

また、特定のユーザーをブロックする機能もある。迷惑なコメントを残すユーザーをブロックすれば、そのユーザーのコメントは表示されなくなる。ただし、ブロックされた事はその相手には通知されない仕組みになっている。

インスタグラムには既に、特定のワードやフレーズをブロックする機能が導入されていたが、これに新たなフィルター機能が加わった形だ。

また、ライブ動画配信関連の新機能も追加された。ユーザーがライブ動画を視聴中に、配信者がトラブルに直面していると思った場合は、その事を匿名でインスタグラムのスタッフに報告できる。報告を受けたスタッフが、その場で配信者にサポートを行う。インスタグラムでは24時間体制でサポート人員を用意しているという。

人々のフレンドリーなつながりを促進するため、インスタグラムは「Kindness Walls」というサインを世界の各都市に広げていこうとしている。ハートを形どったステッカーや#KindCommentsのハッシュタグをシェアすることも呼びかけている。

編集=上田裕資

あわせて読みたい

「Instagram」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国が密かに米朝開戦の準備か

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    松居一代に引っかかったマスコミ

    大西宏

  3. 3

    退位までに韓国訪問を願う両陛下

    NEWSポストセブン

  4. 4

    アラフォーは一生貧困?NHKに反響

    キャリコネニュース

  5. 5

    社員寮で暮らす敏腕シャープ社長

    文春オンライン

  6. 6

    希望に支持が集まらないのは当然

    早川忠孝

  7. 7

    体外受精はセックスに当たるのか

    井戸まさえ

  8. 8

    堀江氏を牢獄に送った国家の裁量

    NEWSポストセブン

  9. 9

    田原氏 米国批判なき日本は問題

    田原総一朗

  10. 10

    在日韓国人「イムジン河」に感銘

    文化通信特報版

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。