記事

中国でラブドールのレンタル開始を発表したら…

【性関連産業への締め付けは相変わらず厳しい】

 中国の福建省厦門(アモイ)市の人形制作メーカーがラブドールを1日298元(約5000円)で貸し出すサービスを北京で行うと発表したところ、市民から多くの苦情が寄せられた。このため、北京の警察本部も「社会的に悪い影響を与える」として取り締まりに乗り出すと表明したことで、メーカー側は発表から4日後に、「貸し出しサービスの実施を撤回する」と表明せざるを得なくなったことが分かった。

 ネット上では「北京の警察もなかなかやるね。一党独裁体制もときには役に立つこともあるんだね」などの書き込みがみられる。この件については、香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。

 メーカー側の発表によると、貸し出しを実施するとしたラブドールは全部で5種類あり、シリコンなどを豊富に使用しているため、製造コストだけで1万元(約17万6000円)と高価だという。

 このため、1日のレンタル料金は298元だが、デポジット代金として8000元を受け取り、ラブドールを戻す時に返金するというシステムだった。

 メーカー側は当初、北京で試験的にレンタルサービスを実施し、軌道に乗れば、中国全土で展開する予定だった。ところが、ラブドール貸し出しが発表されるや、物珍しさも手伝って、新聞・テレビで報道されたほか、ネット上でも大きな話題を呼び、拡散していった。

 このため、事態を重く見た北京の警察当局がメーカー側に「我々は貴社の新たな事業に重大な関心を抱いている。それがスタートすれば、社会的に大きな悪影響を与えることが予想されることから、罰則を含めた取り締まりを強化せざるを得ない」というまるで脅迫、あるいは警告ならぬ「通告」が送られてきたという。

 これに恐れをなしたのか、メーカー側はサービスを急きょ停止することを表明。だが、その表明の中に「ビジネスとしては、きれいなものではないが、行為そのものは不浄なものではない」との一文が入っていたことから、電話などでは「ラブドールは不浄ではないのか。そのような商売は不浄だ」などとの抗議の声が寄せられているという。

「サウスチャイナ」紙の書き込み欄では、「ラブドールの貸出はビジネスとしては不浄なものではない。それが不浄だったら、ビジネスは成り立たない。中国のセックスに関する見方が時代遅れだ」といった声も寄せられている。

あわせて読みたい

「性産業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人気グラドル 枕営業告白の真意

    文化通信特報版

  2. 2

    NHK受信料700億円増も用途に疑問

    わんこ☆そば

  3. 3

    民進議員 無所属・岡田氏を批判

    櫻井充

  4. 4

    橋下氏 統一会派破談に「当然」

    橋下徹

  5. 5

    韓国籍離脱者が急増 兵役逃れで

    NewSphere

  6. 6

    相撲協会が貴乃花の支援者を提訴

    NEWSポストセブン

  7. 7

    官僚は徹夜も 消耗戦状態の国会

    松井孝治

  8. 8

    首相 北朝鮮情勢「むしろ悪化」

    ロイター

  9. 9

    電ファミ 誤報も開き直りで炎上

    tenten99

  10. 10

    農水省 一太郎→Word移行の本質

    大隅典子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。