記事

"中立・公正な報道""沖縄メディアの現状"とは?八重山日報編集長「大手2紙は絶対の存在。洗脳されている部分があった」

1/3

 今、隠れた沖縄県民の声を伝えようとする小さな新聞社「八重山日報」がネット上で脚光を浴びている。挑む相手は、基地反対を唱え、沖縄でのシェア95%を占める「琉球新報」と「沖縄タイムス」の大手2紙だ。4月に沖縄本島に進出したばかりのいわば"新参者"だが"中立・公正"を掲げ沖縄メディアのあり方に一石を投じていると注目を集めている。



 8月12日、那覇市で行われた県民大会。普天間飛行場の辺野古移設反対を訴え、主催者発表で4万5000人が集まった。翁長雄志・沖縄県知事は「今日までの県民の主張はいささかの揺るぎもない正当な権利だ」と述べ、工事を進める政府に改めて抗議の意思を示した。

翌13日の八重山日報は1面で「辺野古阻止で反対派大会」と報じたが、6面では「『県民大会』名ばかり政治集会」「印象操作、党派的な発言も横行」との見出しをつけた。これまでの沖縄メディアでは考えられない論調で、会場の規模から逆算して、主催者発表の参加者数についても「誇大発表か」と指摘している。



 編集長の仲新城誠氏は「沖縄の報道に関してはどうしても基地反対派の方に寄り添う。私たちには私たちの考える報道のあり方がある」と言い、記者・山下夏行氏は基地反対派の抗議行動について「これが全て沖縄の姿だと報道されるのは違う」と話す。

 8月14日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では"沖縄メディアの異端児"ともいえる「八重山日報」を通して、沖縄メディアの問題点を考えた。



■"国境の島"尖閣諸島を抱える地元紙だからこその危機感

 石垣市に本社をおく八重山日報は1977年に創刊。竹富町や与那国町など、日本の最南端にある八重山地方のローカル紙として地域密着型の記事を発信してきた。販売部数は八重山地方で6000部、沖縄本島では3000部と、それぞれ15万部以上の部数を誇る大手2紙には遠く及ばない。

 従業員は全員で29人。沖縄本島支局の間取りはわずか15坪で、営業やデスクを含め7人という少人数体制だ。配達員も足らず、沖縄本島全体に届ける体制にはなっていないのが実情だ。本島支局に配属された記者3人は全員が未経験で、目下勉強中。4月に入社したばかりという山下氏も、2紙の文体を筆写して勉強している。「2紙は"県紙"と言われるだけあって、歴史も長いし、沖縄世論の形成に時間をかけてこられた新聞社さんなので、僕たちも勉強してもっと別の角度から書けるようにならないとダメだなという気になる」と話す。



 仲新城編集長は、国境の島を抱える八重山地方の地元紙だからこその危機感があるという。「尖閣諸島は石垣市の行政区域。2010年には中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突する事件が起きた。それ以降、急に石垣や八重山をめぐる情勢がきな臭くなってきた。目の前で国境が他国に踏み荒らされているのを見て、尖閣諸島について一生懸命取材するようになった。実は、それが新鮮だった。沖縄の新聞はなぜか尖閣問題についてはさほど扱わない。おそらく『波風を立てたくない』という思いがあったのでは」と話す。

 八重山日報は米軍の取材も行う。沖縄県浦添市にあるキャンプ・キンザーで3人の海兵隊員を取材する山下記者。彼らは休暇中に訪れた富士登山中に、高山病で倒れた20代の女性に遭遇。自分たちのTシャツで担架を作り、彼女を救助した隊員たちだ。米海兵隊広報課のジョセフ・バターフィールド中尉は、八重山日報について「本当にありがたい。取材に来てくれて、いいストーリーを発信してくれることに感謝している。お互いにいい関係を築いていけたら」と話す。



 同紙にコラムを寄稿してきた兼次映利加さんは「2紙が報じることだけが沖縄のメジャーな考え方だとされ、それが本土にも発信されている。自衛隊や米兵はタブーだったり、黙殺されたりしてきた。2誌とは完全に違った情報が得られる」と評価する。



■稲嶺市長「八重山日報は見たことがない」

 山下記者は「本当に公正、中立にやることだけを考えてやっている。色々な角度を深く、広く、掘っていって取材していくしかない。愚直にそれをやるしかないと思っている」と語るが、基地反対派からの評価は思わしくない。



 先月22日、沖縄県名護市辺野古にある海兵隊基地「キャンプ・シュワブ」の周囲で行われた抗議活動を取材する山下氏に同行すると、ある女性は「八重山日報はなんでこうなっちゃったのか。どこからあんな変わったの。中立っていうのが何なのかというのはやっぱり考えないと。

私たち沖縄県民は全国のたった1%。この1%の人の声が全国紙になかなか載らない。首相が官邸で言うことはNHKの公共放送を使って、大手のテレビを使ってバンバン言う。運動に参加しているのは一部だが、それでも発する人の声を、それだからこそ地元紙に伝えてほしい」と苦言を呈する。



 別の男性からは「暴力団と暴力団に脅されている一般の人の間に中立はあるか?ないでしょ。アメリカは沖縄に来てどんな悪いことしてるか。あなたの娘が強姦されて殺された。それでも同じことが言えるか。頭きてるわ、八重山日報の記事には」と、「中立・公正」「客観性」をめぐって厳しい意見が飛ぶ。



 抗議活動に参加していた稲嶺進・名護市長は、メディアの報道が世論の形成に影響を与えているのではないかという指摘に対し、「何を言っているのか。違う。地元の新聞は地元のことを詳しく知らせるのが、当然の責任だ」と語気を強めて反論。八重山日報についても「いやいや、何も感じない。僕は何も読んだことないから。沖縄でも発刊されたということは知っているが、紙面を見たことがない」と冷ややかだった。



あわせて読みたい

「沖縄」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  2. 2

    覚悟ない子連れ議員にがっかり

    宮崎タケシ

  3. 3

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  4. 4

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    詩織氏に届いた女性からの非難

    女性自身

  6. 6

    事故物件の住人が明かす恐怖体験

    AbemaTIMES

  7. 7

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  8. 8

    乳児連れ議会への批判はおかしい

    駒崎弘樹

  9. 9

    「選挙の鬼」支える「普通の人」

    畠山理仁

  10. 10

    北ミサイルがもし東京に着弾なら

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。