記事

総理大臣による解散は課題設定の権力

1/2

アジェンダセッティングの戦い

総理が衆議院の解散を表明しました。解散の噂が濃厚になり始めた10日ほど前から永田町は選挙モードでしたが、今はもうサーっと人が引いている感じです。28日にいったん国会に集まった後は、文字通り全国に散っていくことになります。今般の解散を受けて、メディアが設定しているのは解散に大義があるか否かということ。「いつから、そんなに大義に関心が出てきた?」のという皮肉は置いておいて、私は少し異なる見方をしています。

常々申し上げてきたことだけれど、政治の最大の権力はアジェンダ(=課題)を設定すること。一番重要なのは、問いへの答えではなくて、問いそのものなのです。民主国家においては、いったん問いが設定されると、一定の落としどころが探られるもの。

ただ、既存の政治やメディアの中からはどうしても出てきにくい課題というものがあります。例えば、政治に携わる者のほとんどが中高年男性である日本において、子育てに関する問題は、長らく家庭内の問題として処理され、政治課題になりにくかった。同様に、安全保障問題については「臭いものにはフタ」とばかりに忌避する傾向があり、国防について正面から取り上げる気運に乏しかった時代もありました。

総理の解散権の政治的な意味あいは、国民に対して提案する権限を認めるということ。時の政権が進めたい政策があれば、国民の信を仰ぐことができるのです。その時々において注目される政治テーマは、与野党の力関係やメディアの傾向によって決まってくるのだけれど、総理にはいったんそれをリセットする権力を付与する。それが、日本の民主主義のルールであり、慣習なわけです。

解散権の乱用を云々する人々は、民主政治のダイナミズムに対する理解がどこか欠けているのでしょう。党利党略だと主張する人々には、そりゃそうだよねとしか言いようがない気がします。

解散を表明する会見において、総理が設定したアジェンダは経済政策と安全保障政策。経済政策では、アベノミクスの次なる焦点として少子高齢化問題に正面から取り組むこと。10%への消費増税分の使途を幼児教育の無償化など全世代型の社会保障費に充てること。その上で、労働人口が減少する局面で経済成長を維持するために生産性を高めること。そのためには、新しい分野への民間投資を促すことが重要であると。

安全保障政策は、北朝鮮危機に的確に対応すること。米国との共同歩調を明確にし、今は北に圧力をかける局面であると。当然、日本自身の危機対応能力を高めるため、ミサイル防衛をはじめとする兵器体系も整備し、防衛費は増額基調で推移させるということもあるでしょう。

それに対して、野党はモリ・カケ問題から逃げていると訴えています。つまり、これは課題設定をめぐる戦いなわけです。国民自身が、経済政策や安全保障政策をめぐる課題が重要なのか、スキャンダルや政治的体質をめぐる課題が重要なのか、選択できるわけです。前者が重要となれば与党が勝ち、後者が重要となれば野党が勝つわけです。極めて単純なことです。

自民党を自民党たらしめているもの

とは言え、今般の解散には自民党の自民党たる所以を見た気がします。国際的な比較の視点を持つと、自民党は実にユニークな政党です。自由な選挙制度の下で、60年にわたってほぼ一貫して政権を担う一党優位体制を確立してきました。日本政治の伝統の中には、統治者(=お上)とそれ以外を分けて捉える伝統があるし、野党が無理筋な安保観を持ち続けてきたという構造要因もあるでしょう。ただ、自民党という集団の融通無碍というか、無節操さには際立ったものがあります。

政党間の競争で追い詰められる度、自民党は左右にウイングを広げて、対立する政党の課題を奪って来ました。安保で国民の支持が離れたと思えば、低姿勢を貫いて国民経済の充実に集中する。環境や福祉などの左側のテーマが過熱しそうだと思うと、いち早く取り入れる。高齢化社会の本質を見抜いて、分配に配慮する。公共事業をバラまいてきたのも、高齢者福祉の膨張を放置してきたのもそれ故です。結果として、家父長主義風味の保守イデオロギーと、バラマキ型の大きな政府を組み合わせた、何とも日本の風土にあった政党を作り上げたのでした。

総理の会見は、良い意味でも悪い意味でも自民党の面目躍如でした。経済政策にやたらと「革命」の言葉が登場するのはご愛敬として、人づくり革命において幼児教育の無償化を前面に出すのは、民進党や維新の看板政策を意識してのことでしょう。

北朝鮮危機が前面に出る選挙戦とならざるを得ないことは、野党共闘に影響するでしょう。一強の政権のスキャンダルを追及している場面で民共含め野党が協力することと、安全保障上の危機が迫る中で共産党と協力することはまったく意味合いが違います。北朝鮮からの挑発を受ける中、与党は愛国心カードを切ってくるでしょう。前原民進党がこれにどう答えるか。

「政争は水際まで」というのは民主国家において非常に重要な原則。安全保障の文脈でも、共産党と組んで政権批判に終始するようであれば、国民は決して忘れないでしょう。政権を担当する機会は、不可逆的に遠のくのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  2. 2

    田原氏が語る民主党が消えた理由

    田原総一朗

  3. 3

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    衆院選で続出 赤面モノの珍言集

    文春オンライン

  5. 5

    米も脱退 ユネスコはウソばかり

    中田宏

  6. 6

    英国でトラブル 日立は正念場に

    片山 修

  7. 7

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  8. 8

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  9. 9

    加計学園問題の核心は解決済み

    石水智尚

  10. 10

    さんま 息子への愛情に感動の声

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。