記事

ハイビームか、ロービームか論争は「自動」で決着できる

ハイビームのほうが遠くまで照らせるため、歩行者や自転車を早く発見でき、衝突回避につながるために、警察庁は「自動車運転者に対して前照灯上向き点灯の使用」、つまり夜間の車のライトはハイビームを使うことを推奨しました。

それでは対向車が眩しく運転の妨げになるので、異論も続出していましたが、結局は 教習や免許更新時の指導の指針となる「交通の方法に関する教則」は、「前照灯は、交通量の多い市街地などを通行しているときを除き、上向きにして、歩行者などを少しでも早く発見するようにしましょう」「対向車と行き違うときや、ほかの車の直後を通行しているときは、前照灯を減光するか、下向きに切り替えなければなりません」というところに着地したようです。しかし、実際には、ロービームとハイビームをこまめな切り替えはけっこう面倒なものです。

「慣れの問題で、ウィンカーの操作なら多くの人は当たり前にできると思います。続けていればハイビームとロービームの切り替えも自然にできるようになると思います」と評論家の方がおっしゃっていますが、いやいやそうではないでしょう。実際には対向車を意識し、ハイビームのほうが望ましいシーンでも、ロービームで走っている車が圧倒的に多いのが現実です。ハイビーム、ロービーム、どっち使う? 意外とみんな分かってない「基本的なルール」 : J-CASTニュース : 

ハイビームかロービームかどころか、暗いトンネル走行でライトを点灯せずに走行している危険なドライバーも結構多いのが現実なのです。

ところが、昨今ではオートでハイビームとロービームを自動で切り替えてくれる機能を搭載した車があります。これがほんとうに便利で重宝しています。

とくに峠道などカーブが続く道だと、カーブはハイビームで走るためにガードレールや、道路脇がよく見え運転が楽です。対向車が来ればすぐさまロービームに切り替えてくれます。カーブでハンドルを切りながら、ライトの切り替えを行うのはかなり無理がありますが、オートの威力を感じます。住宅街でも、対向車がなければハイビームとなり、人影に近づくと、歩行者が眩しさを感じないようにロービームに切り替わってくれます。その切替が絶妙なのです。

実際に利用すると感動する機能で、各社が競いあうように採用してきています。ALHやAHSなどハイビームとロービームを自動で切り替える最新ヘッドライトのあれこれ:旬ネタ|日刊カーセンサー :

最近、パーキングとドライブのポジションミスしても、誤って前方の障害物にぶつからないというコマーシャルが流れています。自動化で安全性を高めていく競争は歓迎です。

あわせて読みたい

「自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    足立議員の生コン疑惑発言はデマ

    辻元清美

  2. 2

    「立派な国」ランキング 日本は

    長田雅子

  3. 3

    よしのり氏が文春デスク写真公開

    小林よしのり

  4. 4

    1億円稼ぐチャットレディに密着

    AbemaTIMES

  5. 5

    金正恩氏 ちびデブ発言に怒りか

    高英起

  6. 6

    よしのり氏「文春に完全勝利」

    小林よしのり

  7. 7

    山尾氏×望月記者 女の政治を語る

    NEWSポストセブン

  8. 8

    石破氏「民進解消で政治が前進」

    石破茂

  9. 9

    常識的だった昔の近藤誠氏の主張

    岩田健太郎

  10. 10

    民進から資金? 無所属の会に疑問

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。