記事

この解散は「国難突破解散」―安倍首相が衆院解散の意向を表明

1/2
niconico


25日午後、安倍首相が首相官邸で記者会見を開き、今週28日に召集される臨時国会の冒頭で衆院を解散する意向を正式に表明した。会見の内容は以下の通り。

社会保障制度を全世代型へと大きく転換

5年前、国民の皆様のお力を得て、政権を奪還しました。 当時、私達が公約に掲げた大胆な金融政策には大変な批判がありました。

しかし、総選挙で勝利したからこそ実行に移すことができ、アベノミクス三本の矢を放つことで日本経済の停滞を打破し、マイナスからプラス成長へと大きく転換することができました。

いま日本経済は11年ぶりとなる6四半期連続のプラス成長、内需主導の力強い経済成長が実現しています。雇用は200万人近く増加し、この春、大学を卒業した皆さんの就職率は過去最高です。この2年間で正規雇用は79万人増え、正社員の夕刻求人倍率は調査開始以来、初めて1倍を超えました。正社員になりたい人がいれば、必ず一つ以上の正社員の仕事がある。

この5年近く、アベノミクス改革の矢を放ち続け、ようやくここまで来ることができました。いまこそ最大の壁にチャレンジするときです。

急速に少子高齢化が進むこの国が、これからも本当に成長していけるのか。この漠然とした不安にしっかりと答えを出してまいります。

それは「生産性革命」、そして「人づくり革命」であります。この二つの大改革はアベノミクス最大の勝負です。国民の皆様の支持をいただき、新しい経済政策パッケージを年内に取りまとめる 考えであります。

4年連続の賃金アップの流れをさらに力強く、持続的なものにする。そのためには生産性を高めていくことが必要です。ロボット、IoT、人工知能。生産性を劇的に押し上げる最先端のイノベーションが今世界を一変させようとしてます。この生産性革命をわが国がリードすることこそ、次なる成長戦略の最大の柱であります。

2020年度までの3年間を「生産性革命集中投資期間」と位置づけ、中小、小規模事業も含め、企業による設備や人材への投資を力強く促します。大胆な税制・予算、規制改革、生産性革命の実現に向かってあらゆる施策を総動員してまいります。

生産性を押し上げ、「今年より来年、来年より再来年」と皆さんの所得を大きく増やしていく。デフレ脱却へのスピードを最大限まで加速してまいります。

もう一つの最大の柱は「人づくり革命」です。子供達には無限の可能性が眠っています。どんなに 貧しい家庭に育っても意欲さえあれば、専修学校、大学へ進学できる社会へと改革する。所得が低い家庭の子供達、真に必要な子供達に限って、高等教育の無償化を必ず実現する決意です。

授業料の減免措置の拡充とあわせ、必要な生活費をすべてまかなえるよう今月から始まった給付型奨学金の支給額を大幅に増やします。

いくつになっても誰にでも学び直しと新しいチャレンジの機会を確保する。人生100年時代を見据え、その鍵となるリカレント教育を抜本的に拡充します。こうしたニーズに応えられるよう、大学改革も協力に進めていかなければなりません。

幼児教育の無償化も一気に進めます。2020年度までに3歳から5歳まで、すべての子供たちの幼稚園や保育園の費用を無償化します。0歳から2歳児も所得の低い世帯では全面的に無償化します。

待機児童解消を目指す、安倍内閣の決意は揺るぎません。本年6月に策定した「子育て安心プラン」を前倒しし、2020年度までに32万人分の受け皿整備を進めます。2020年代初頭までに50万人分の介護の受け皿を整備する。

最大の課題は介護人材の確保です。これまで自公政権で月額4万7千円の改善を実現してきましたが、他の産業との賃金格差をなくしていくため、さらなる処遇改善を進めます。子育て、介護、現役世代が直面するこの二つの大きな不安の解消に大胆に政策資源を投入することで、わが国の社会保障制度を全世代型へと大きく転換します。

急速に少子高齢化が進む中、国民の皆様の支持を得ていま実行しなければならない。そう決意しました。2兆円規模の新たな政策を実施することで、この大改革を成し遂げてまいります。

消費税の使途変更について国民に信を問う

しかし、そのツケを未来の世代に回すようなことがあってはならない。「人づくり革命」を力強く進めていくためには、その安定財源として、再来年10月に予定される消費税率10%への引き上げによる財源を活用しなければならないと私は判断いたしました。

2%の引き上げにより、5兆円強の税収となります。現在の予定では、この税収の5分の1だけを社会保障の充実に使い、残りの5分の4である4兆円あまりは借金の返済に使うこととなっています。この考え方は、消費税を5%から10%へと引き上げる際に前提であり、国民の皆様にお約束していたことであります。

この消費税の使い道を私は思い切って変えたい。子育て世代への投資と社会保障の安定化に バランスよく充当し、あわせて財政再建も確実に実現する。そうした道を追求してまいります。

増税分を借金の返済ばかりではなく、少子化対策の歳出により多く回すこと絵、3年前の8%に引き上げた時のような景気の悪影響も軽減できます。他方で2020年度のプライマリーバランス、黒字化目標の達成は困難となります。

しかし、安倍政権は財政再建の旗を降ろすことはありません。プライマリーバランスの黒字化を 目指すという目標自体はしっかりと堅持します。引き続き、歳出、歳入両面からの改革を続け、 今後達成に向けた具体的な計画を策定いたします。

少子高齢化という最大の課題を克服するため、わが国の経済社会システムの大改革に挑戦する。私はそう決断いたしました。そして、子育て世代への投資を拡充するため、これまでお約束していた消費税の使い道を見直すことを本日決断いたしました。

国民の皆様とのお約束を変更し、国民生活にかかわる重い決断を行う以上、すみやかに国民の信を問わねばならない。そう決心いたしました。28日に衆議院を解散いたします。

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  2. 2

    田原氏が語る民主党が消えた理由

    田原総一朗

  3. 3

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    衆院選で続出 赤面モノの珍言集

    文春オンライン

  5. 5

    米も脱退 ユネスコはウソばかり

    中田宏

  6. 6

    英国でトラブル 日立は正念場に

    片山 修

  7. 7

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  8. 8

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  9. 9

    加計学園問題の核心は解決済み

    石水智尚

  10. 10

    さんま 息子への愛情に感動の声

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。