記事

1000万プレーヤーの8割は「高度プロフェッショナル制度」に賛成 一方「長時間労働が当然になる」という声も

ビズリーチは9月25日、「高度プロフェッショナル制度」についての調査結果を発表した。調査は9月4日~8日に実施し、ビズリーチ会員のビジネスパーソン806人から回答を得た。

同制度は年収1075万円以上の専門職を対象に、労働時間ではなく成果に基づいて賃金を支払う仕組みのこと。同社会員の平均年収はプレスリリースによると962万円とされている。

高度プロフェッショナル制度の導入について聞くと、「賛成」(37%)と「どちらかといえば賛成」(46%)の合計83%が肯定的なことが分かった。

「成果報酬型の方がモチベーションも上がるし、生産性も上がる」

高プロ、賛成ですか?
高プロ、賛成ですか?

賛成する理由としては「時間ではなく、成果で評価されるべきと考えるから」が最も多く73%。次いで「正当に評価されるのであれば生産性が上がり、会社にとって良いから」(62%)、「自分のペースで働くことができるから」「効率的に仕事をし、家族と一緒の時間を大切にしたいから」(同41%)と続く。しかし「長時間労働が是正されるから」と考える人は17%に留まった。

具体的な声としても、

「ある程度の年次、経験を有する者は成果報酬型にした方が、モチベーションも上がるし、経営からすると、生産性向上に資すると思う」(30代男性/金融/営業)

と効率面にメリットを感じる人が多いようだ。50代メーカー勤務の男性は「会社への帰属意識よりも自分の能力を発揮して貢献したい気持ちが強い」といい、その点で同制度を通じた環境整備が必要だと考えているようだ。

「既に裁量労働制でメリットが考えづらい」

「反対」(4%)、「どちらかと言えば反対」(13%)という人に理由を聞くと、76%が「成果報酬型にしても正当に評価されるとは考えにくいから」と回答していた。

他にも「長時間労働が当たり前となるから」(61%)、「賃金の抑制につながるから」(38%)、また「既に裁量労働制で勤務しており、導入のメリットが考えづらいから」という人も26%いた。

ちなみに回答者の勤務先の労働時間制度は、「固定時間制度」が49%と約半数で、「裁量労働制度」が25%、「フレックスタイム制度」が26%となっている。

同社取締役キャリアカンパニー、カンパニー長の多田洋祐氏は、「ビジネスプロフェッショナルは、自身の生産性を重視した働き方が当たり前になりつつあることがうかがえます」とした上で、

「今後、企業が優秀な人材を採用・活用していくためには、ビジネスプロフェッショナルの考えの変化に適応し、優秀な人材が活躍できるよう、労働時間制度や評価の方法などを見直す必要が出てきているのではないでしょうか」

とプレスリリースで説明している。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    足立議員の生コン疑惑発言はデマ

    辻元清美

  2. 2

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  3. 3

    石破氏「民進解消で政治が前進」

    石破茂

  4. 4

    米韓会談で見た韓国のご都合主義

    中田宏

  5. 5

    1億円稼ぐチャットレディに密着

    AbemaTIMES

  6. 6

    よしのり氏が文春に公開討論要求

    小林よしのり

  7. 7

    よしのり氏が文春デスク写真公開

    小林よしのり

  8. 8

    貴ノ岩の診断書 現役医師が解説

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    「立派な国」ランキング 日本は

    長田雅子

  10. 10

    声優・林原めぐみのブログに称賛

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。