記事

「トランクルーム」は不動産投資として魅力的か?

170925Trunkroom4

部屋の荷物を減らすためにトランクルームを借りることにしました。家から徒歩圏内で、24時間自由に出入りができる場所。借りたのは2畳ほどのスペースですが書籍や書類などがかなり収納できます。

このトランクルームが最近投資対象として注目されているようです。大手のトランクルーム会社が投資家にトランクルームでの資産運用を提案していると報じられています。人気の理由は利回りの高さです。

都内の不動産の賃貸利回りは5%程度まで低下しており、トランクルームの利回りはそれよりも2%程度高いと言われています。場所が良ければ、さらに高いリターンも見込めるのです。

トランクルームは一旦契約してしまえば、継続して利用される可能性が高くなります。中に入れた荷物は面倒なので動かすことはあまりありません。1年ごとに更新していきますが、おそらく賃貸住宅よりも出入りは低いのではないでしょうか。

また、1契約あたりのスペースが小さく、坪単価が高くなります。1坪で月に20,000円程度で貸せる場合もあり、スペースの割にリスクが分散されるので収益の安定性も高まります。またトイレや風呂といった水回りも無いので、修繕費も低くなるはずです。

トランクルーム投資のデメリットは、認知度を高めて稼働率が上がるまでに時間がかかることです。契約を増やしていくためには広告宣伝費も必要です。100室の施設の場合、満室までに2年程度の時間がかかるそうです。

初期投資もかかります。無人で運営するため、カードキーを導入してセキュリティーチェックをかけなければなりません。また、温度調整や空調などのコストもかかります。

トランクルームに適した場所は、幹線道路沿いで駐車スペースが取れ、車で搬入が容易なこと。道路面が広くなることが理想的で、賃貸物件や他の不動産投資とは立地条件が少し異なります。トランクルームに適した土地を保有している人には、有利な資産活用法と言えるでしょう。

資産運用の利回り低下の中で新しい投資対象に投資家が注目しています。シェアハウスはすでに人気ですが、マンスリーマンション、コインランドリー、トランクルームといった新しい不動産の投資手法はこれからも徐々に広がっていくと思います。資産デザイン研究所メールでも、最新の情報提供を行っていきます。

■ 毎週金曜日に配信している無料メルマガ「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスを登録するだけで、お金を増やすためのとっておきのヒントをお届けします。

■ 新刊「毎月100万円を生み出す人生戦略の立て方」、シリーズ累計17万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2017年9月25日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「投資」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  2. 2

    新iPhoneは買い換える意味なしか

    永江一石

  3. 3

    進次郎氏の総裁選戦略は問題なし

    早川忠孝

  4. 4

    上映15分 エロバカすぎる大傑作

    松田健次

  5. 5

    医療と宗教 母が子供の輸血拒否

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    なぜ石破支持? 議員の本音を直撃

    NEWSポストセブン

  7. 7

    米関税免除の代償に苦しむ韓国

    ロイター

  8. 8

    企業の人手不足 IT業界は7割超に

    MONEYzine

  9. 9

    安倍首相は圧勝? 新聞各社の思惑

    深谷隆司

  10. 10

    沖縄知事選で自公系候補が猛追

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。