記事

格差社会が進んだことが結婚離れの原因にもなった。4人に1人が未婚というのが日本の置かれている現状 - 「賢人論。」第47回山田昌弘氏(前編)

1/2

賢人論。第47回のゲストは、「婚活」「パラサイト・シングル」など、世相を映す流行語を生み出してきた社会学者・山田昌弘氏。“家族”と“結婚”をキーワードにお話を伺った。未婚化・シングル化の進む現代日本のボトルネックは「雇用の不安定」と「世間体」にあると山田氏は語る。

取材・文/佐藤 舜(編集部) 撮影/公家勇人

雇用の格差が、結婚の格差を生んだ

みんなの介護 山田さんは日本人の“シングル化”が進んでいるということを提言されています。

山田 私は大学の講義で、「今ここにいる皆さんの中で、4人に1人は生涯独身ですよ」という話を必ずするんです。1975年頃を境に結婚をしない人が増えてきました。今70、80歳の人の結婚率は97~98%もあるんですが、40歳以下となると75%程度になると予測されている。また、一度でも離婚を経験する人も4人に1人くらいの割合でいる。

未婚率が4人に1人、離婚率が4人に1人ですから、多く見積もると2人に1人が独身で高齢を迎える、ということになりますよね。今はまだ低いですが、今後、今の若い人が50、60代になるにつれて未婚率・離婚率ともに上がってくる。

みんなの介護 1975年頃から未婚化が進んできたというのは、高度経済成長の後に続いた不況の影響もあるのでしょうか。

山田 私は、何でも“不況”のせいにするような考え方は取りたくないんですよね。不況というのはあくまでも、一時的な状態のことですから。そのせいで未婚率が上がったとするならば「いつかまた好況が来れば解決する」ということでしょう。そんな単純な問題ではないと思うんです。それに不況ということは、みんなの給料が平均的に下がるわけですから、それがただちに結婚率の低下につながるとは思えません。

みんなの介護 では、いったい何が“シングル化”の進む原因だったのでしょうか?

山田 経済構造そのものが変化したことです。要は、男性の雇用格差拡大ですよ。全員を正社員では雇わない、新しい形の経済が浸透した。その結果、派遣、フリーター、非正規雇用が増え、収入が高くて生活が安定した人とそうではない人にだんだん分かれていき、自営業でも、安定したものとそうでないものの差が生まれ始めました。

みんなの介護 その結果、経済的な事情で結婚ができない人も増えていった、と。

山田 今も、多くの若者が、結婚したら男性の収入が主な生活費と考えているからそうなるんです。女性からしたら、結婚する相手として収入が多いに越したことはありませんから。それも単に月収が1~2万違う、という程度の話ではなくて、雇用が安定しているか、そうでないかという点は大きな違いになりますよね。「格差社会」が結婚の格差まで生み出しているわけです。


非正規雇用者の立場が“質的”に変わるべき

みんなの介護 “格差”という言葉が一般化して久しいですが、まだ解決する気配はないでしょうか。

山田 学生を見ていても「親の格差が顕著になってきた」ということは感じています。実家の家計が厳しく、奨学金をもらっていて、朝から晩までアルバイト漬け…という学生がいる一方で、親が公務員で共働き、それなりにバイトをすることはするけれども、気軽に海外旅行に行ったりできる学生もいる。

奨学金をもらっている学生の割合も、半々に近くなってきたようです。今の経済状況や雇用制度が変わらない限り、格差問題の解決は当分無理だろう、と私は考えています。

みんなの介護 制度はどう変わるべきなのでしょうか?

山田 まずは新卒一括採用がなくなること。それから、終身雇用がなくなること、解雇されても、簡単に再就職できるようにすること。雇用環境がそのような柔軟な制度に変わるとともに、正社員と非正規社員の社会保障における格差がなくなること。そうなれば、非正規雇用の方の立場は良くなっていくと思うのですが。

法律が変わるというよりも、慣習や、企業の行動を変えなければいけないでしょうね。新卒一括採用・終身雇用によって、大学を卒業した時点で格差が生まれ、それが一生ついてまわってしまう。多少雇用の流動化が進んでいったとしても、この状況はそれほど変わらないですよ。特に大企業・公務員においては、今後もなかなか崩れないと思います。

みんなの介護 日本だと、新卒一括採用でない雇用システムというのがイメージしづらいほど、定着してしまっていますよね。

山田 本来は、そうでない方がグローバルスタンダードなんですよ。新卒一括採用・終身雇用は高度経済成長期に形成され、そのまま定着したものであると私は捉えています。経済が伸びていた時期ですから「とにかく人が欲しい」「とにかく早く人を採らなきゃ」ということで、卒業する直前の学生を確保したんです。

昔はこれを「青田刈り」なんて言ったりもしました。そして、一度採用したら二度と離さない。こんな制度を採用しているのは日本と韓国くらい。極めて特殊です。

みんなの介護 正社員が“守られすぎる”ことで非正規雇用者が苦しい思いをしている、ということは、「賢人論。」第41回「労働市場が流動的ではないから長時間の残業、地方への転勤、転職の不利など問題が生まれている。年功序列と終身雇用の廃止が必要」で城繁幸さんも問題提起されていました。未婚化を食い止めるためにも、非正規雇用者の待遇を改善していくことは喫緊の課題と言えそうです。

山田 結婚が可能になるには、単に給料が上がるだけでなく “質的”に雇用体制が変わらなければいけないと思います。

女性から見れば、男性の収入が多少増えようが関係ないわけですよ。仮にバイトの時給が50円上がったとしても、それを機に結婚しようと考える人はとてもいないですよね。将来に渡って一定以上の収入が保障されている、ということが本質的に重要な点なんですから。そういう男性じゃないと、多くの女性は結婚対象にしてくれません。

あわせて読みたい

「格差社会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリらしくない演出に失望

    メディアゴン

  2. 2

    宮台真司氏 ウーマン村本を擁護

    AbemaTIMES

  3. 3

    黙って性行為するのは日本人だけ

    AbemaTIMES

  4. 4

    吉木誉絵「9条2項はいらない」

    AbemaTIMES

  5. 5

    よしのり氏「無知は恥であり罪」

    小林よしのり

  6. 6

    iPhone電池交換で速度2倍の報告

    フォーブス ジャパン

  7. 7

    野田聖子氏「明治150年」に疑問

    AbemaTIMES

  8. 8

    SHELLYが語る日本人男性の魅力

    AbemaTIMES

  9. 9

    男たちの悪巧み 首相の交友関係

    NEWSポストセブン

  10. 10

    予測可能だったビットコイン急落

    近藤駿介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。