記事
  • S-MAX

アップルの新スマホ「iPhone 8」のSIMフリー版を購入したので開封してみた!ガラス素材と総務省指定マークなどがなくなり背面はすっきり【レビュー】

1/2

iPhone 8のシルバー(64GBモデル・シルバー)のSIMフリー版を購入!

Appleの新しいインチスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」がNTTドコモやau by KDDI、SoftBankといった携帯電話会社のほか、Apple直営ショップ「Apple Store」や直営Webストア「Apple Online Store」にて9月2日に発売されました。

価格(すべて税込)はすでにまとめて紹介していますが、Apple Storeなどで販売されているSIMフリー版ではiPhone 8で85,104円から、iPhone 8 Plusで96,984円から(ともに32GBモデル)、補償サービス「Apple Care+ for iPhone」を付けるならiPhone 8がプラス15,984円、iPhone 8 Plusがプラス18,144円となっています。

iPhone 8シリーズは昨年のiPhone 7シリーズと同様に2014年の「iPhone 6」シリーズから続く4.7インチと5.5インチの2つのラインナップを採用し、外観やサイズはほぼ同じながら背面がこれまでの金属素材からガラス素材になり、新たにワイヤレス充電に対応しています。

一方で、次世代モデルとして同時に発表され、日本でも11月3日に発売される「iPhone X」に人気が集まり、今年は発表直後に発売されたiPhone 8シリーズの人気はそれほどではないようで、各社の発売記念セレモニーでも行列が少なく、予約数も昨年以下となっている模様です。

とはいえ、iPhone 7シリーズから対応する防水・防塵やステレオスピーカー、そして、FeliCaによる決済サービス「Apple Pay」へもきっちり対応していますし、新開発のA11チップセットやカメラセンサーも新しくなるなど、iPhone Xがホームボタンを廃止してかなり操作面でも変更があるのに対し、従来通りの使用感を求めるなら最高スペックのiPhoneと言えるかと思われます。

そこで今回は、そんなiPhone 8のSIMフリー版(64GBモデル・シルバー)をApple Online Storeにて購入したのでまずは開封してパッケージや外観などを写真で紹介していきたいと思います。

02

定番となってきましたが、筆者は「iPhone 5s」や「iPhone 6 Plus」、「iPhone 6s」、「iPhone SE」、「iPhone 7 Plusとここ最近のiPhoneを日本国内でも正規ルートで購入できるようになったApple Online StoreのSIMフリー版で購入しています。今回のiPhone 8も同様に予約開始直後に予約して購入しました。

予約はiPhone SEでiOS向け専用アプリ「Apple Store」から受付開始された9月15日16時1分過ぎから少し経った16時7分に完了。今回のiPhone 8シリーズの予約開始時にも他の公式Webストア「ドコモオンラインショップ」および「au Online Shop」、「ソフバンクオンラインショップ」の状況を調べつつでしたが、この作業もだいぶ慣れてきたため、徐々に予約完了時間も早くなってきており、すんなり予約できました。

その後、予約日の17時48分に注文完了メールが届き、お届け予定日も発売日の9月22日に。特に問題もなく、前日の9月21日23時51分に出荷のお知らせメールが届き、翌日の発売日9月22日10時20分に受け取りできました。配達が少し遅かったために受け取りが遅くなりましたが、こればかりは配送なら仕方がないところで、これが嫌ならApple Storeまで取りに行くべきでしょう。

03 04

iPhone 8の外箱の上にiPhone 6sを置いたところ(画像=左)。外箱を開封すると中にパッケージ(箱)配送業者もクロネコヤマトと従来と同じで、今回は4.7インチのiPhone 8なので箱は小さめです。iPhone 7シリーズからパッケージ上部に描かれているのは本体が背面で、これはiPhone 8でも同じ。描かれている背面は、購入した本体色と同じものとなっています。

最近は前から見たらあまり代わり映えがしないためか、Appleの公式Webサイトなどでも背面の画像が多く使われており、特にiPhone 8シリーズでは背面がガラス素材で見た目の印象は実際にかなり変わっています。箱には日本向けであることがわかるモデル番号(SKU)「A1906」が記載。iPhone 8 Plusの日本向けは「A1898」。

05 06
iPhone 8のパッケージ(画像=左)とパッケージが包まれているシートを剥がしてるところ(画像=右)

07 08
パッケージを開けるとまずはiPhone 8の本体ではなく、紙類やSIMピンなどが入った「Designed by Apple in California」と描かれた小箱が上に乗っており(画像=左)、それをどけると本体が現れます(画像=右)

09 10
iPhone 8本体が現れたところ(画像=左)とその下に収納されている付属品

11 14
付属品(画像=左)と紙類やSIMピンなどのセットおよびそれに含まれているいつものりんごのシール(画像=右)。付属品はイヤホンと3.5mmイヤホンジャック-Lightning変換アダプター、ACアダプター(画像=右)、そして、イヤホンをどけるとLightning-USBケーブルが同梱

12 13
iPhone 8本体が覆われている透明なシートを外しているところ

あわせて読みたい

「iPhone8」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    愛子さまにボーイフレンドのお噂

    SmartFLASH

  2. 2

    日本が世界第4位の移民大国な訳

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    麻生氏サマータイム論はデマカセ

    赤木智弘

  4. 4

    勝利優先で生徒追い込む高校野球

    文春オンライン

  5. 5

    石破氏の安倍氏批判はまるで野党

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    客離れに苦しむ鳥貴族の戦略ミス

    MONEY VOICE

  7. 7

    中国のサーモンは偽? 無知な批判

    永江一石

  8. 8

    とりあえず否定から入る日本人

    ヒロ

  9. 9

    テスラCEO 資金枯渇で極限状態か

    広瀬隆雄

  10. 10

    草の根スタイルの元議員に限界か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。