記事

「ランチ後」に必ず眠くなってしまう理由

(医師・医学博士 裴 英洙 構成=村上 敬 撮影=尾関裕士)

▼関連記事
[第1回]あなたの「睡眠」の常識を8項目でチェック
[第2回]「8時間睡眠」でもなぜか疲れが残る理由

睡眠を「一日のご褒美」と考えている人は、一流にはなれない。一流のビジネスパーソンは、睡眠を「投資」と捉えて、「明日のためには、どう眠ればいいか」と未来志向で考える。だからといって、ただ睡眠時間を増やせばいいわけではない。8項目のチェックリストから「一流の睡眠法」を確認していこう(全9回)。
Q.ランチ後に襲ってくる睡魔。どう対処すべきか
A.食事量を減らす
B.思い切って昼寝する

■午後2時から襲う「トリプルパンチ」

昼食後に眠くなる理由は3つあります。

1つ目は生体リズム。人間の眠気のピークは、夜中の午前2~4時、お昼の午後2~4時の2回です。昼食後は、放っておいても自然に眠くなる“魔の時間帯”です。

2つ目は、ホルモンの問題です。ごはんを食べると、覚醒を促す「オレキシン」というホルモンの分泌が抑えられます。目を覚ます力が鈍くなれば、眠くなるのは当然です。

そして3つ目は、疲れの問題。午前中に集中して仕事をしていると、疲労を感じた体や脳が休息を求めて、眠るようにサインを出してきます。これらのトリプルパンチで昼食後に睡魔が襲ってくるわけです。残念ながら、眠気を気合で吹き飛ばすことはできません。魔の時間帯に対応した仕事のやり方をすべきです。



この時間帯に単純作業を入れるのは避けてください。デスクワークより、営業の外回りのように体を動かす仕事のほうがいい。室内で会議をやるとしても、立ってやるなどの工夫をしたいところです。

■「戦略的な昼寝」のコツ

戦略的な昼寝もおすすめです。短時間でも昼寝をすれば、睡眠圧が下がって眠気が取れます。ただし、長く眠ると深い睡眠に入ってしまうので、20分以内に抑えることが大切。

コツは、昼寝の前にコーヒーを1杯飲むこと。カフェインには覚醒作用がありますが、作用するのは摂取してから30分後。昼寝前にコーヒーを飲んでおけば、深い眠りに入る前に目覚めやすくなります。

昼寝から目覚めたら、覚醒を促すために体を動かします。トイレで顔を洗う、階段をワンフロア上がるといったルーチンとセットにすると、頭を仕事モードに切り替えやすくなるでしょう。

----------

裴 英洙(はい・えいしゅ)
医師・医学博士、MBA。ハイズ代表取締役社長。金沢大学医学部卒業、金沢大学大学院医学研究科で博士課程を修了。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了。著書に『一流の睡眠――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略』など。

----------

あわせて読みたい

「睡眠」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新駐米大使で慰安婦問題が解決か

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    JALの時代錯誤なアイデアに驚き

    笹川陽平

  3. 3

    志村けん新・側室はアノ女優の娘

    文春オンライン

  4. 4

    平昌五輪 フィギュアで採点不正?

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  5. 5

    高木美帆&菜那「転べ」と嫉妬も

    女性自身

  6. 6

    大型空母の中国vs軽空母の日本

    木村正人

  7. 7

    五輪で見えた北主導統一シナリオ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    橋下氏 夫婦別姓の実現に究極論

    PRESIDENT Online

  9. 9

    獄中の籠池氏 一時は車椅子生活

    文春オンライン

  10. 10

    北の「時間稼ぎ」に乗っかる韓国

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。