記事

リスクを取らないまま人生を終える「後悔」を避ける方法

170922ZBlogos

昨日書いたブログ記事「シニア起業で「蕎麦打ち職人になる」のはやめなさい」は、ポータルサイトブログスにも転載され、総合ランキング1位までアクセスが増えました(写真)。

シニア起業に対する関心が高まっている背景には、平均寿命の伸びにより人生の後半戦の時間が長くなっていること、そして企業の雇用形態が変わっている事があります。社会人になって1つの仕事をして終わるのではなく、シニアになって別のことにチャレンジする時間と機会が生まれているのです。

といっても、チャレンジの方法を間違えると「シニアの蕎麦打ち職人」のような罠に陥ってしまいます。別に蕎麦打ちが絶対に失敗すると言っているのではなく、みんながやっているからといった安直な理由で始めてもうまくいかない可能性が高いということです。

しかし、慎重にリスクばかりを考えていても、どんどん時間が過ぎていき、気が付けば結局何もしないまま終わってしまいます。矛盾していますが「大胆かつ慎重に」というスタンスが大切です。

仕事でも資産運用でも共通する事実は「年齢とともにその人が取れるリスク量は減っていく」ということ。

例えば、20代なら平気でチャレンジできたことが、50代、60代となると躊躇せざるを得なくなる。とすれば、同じリスクであれば、できるだけ早いうちに取った方が良い。これが私の考えです。

では、もうシニアになってしまった人は、もう手遅れなのでしょうか。

万人に共通するもう1つの事実は「今より若くなる事は無い」ということ。だからリスクを取るなら、今すぐ取った方が良いのです。来年になれば、また取れるリスクは減っていきます。

また、リスクといっても、起業や投資に失敗したとしても、命を失う訳でもありません。また、別の道はいくらでも見つかります。セイフティーネットが何重にも張り巡らされた日本社会。その中で取るリスクなど、たかが知れています。

チャレンジしない人に共通しているのは、完璧主義者で失敗をすることを極度に恐れている優等生であることです。

しかし、世の中の成功者を見ていると、ソフトバンクの孫正義さんにせよ、ファーストリテイリングの柳井正さんにせよ、過去に多くの失敗を繰り返しその上にそれ以上の大きな成功があったことがわかります。

成功と言うのは失敗の上に成り立っている。あれこれ結果を考える前に「やったもの勝ち」なのです。

一度しかない人生、悔いのないように思いきりベストを尽くそうではありませんか。

■ 毎週金曜日に配信している無料メルマガ「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスを登録するだけで、お金を増やすためのとっておきのヒントをお届けします。

■ 新刊「毎月100万円を生み出す人生戦略の立て方」、シリーズ累計17万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2017年9月23日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「ライフ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「文春を糾弾すべき」

    小林よしのり

  2. 2

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    文春の小室報道は醜い「リンチ」

    片岡 英彦

  4. 4

    反基地は特定勢力? 政府の見解は

    和田政宗

  5. 5

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  6. 6

    明治150年式典 注目は天皇万歳

    文春オンライン

  7. 7

    グラドルが語る放送事故の瞬間

    NEWSポストセブン

  8. 8

    金正恩夫人の男性スキャンダル

    高英起

  9. 9

    音楽評論家 小室は理想の引き際

    AbemaTIMES

  10. 10

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。