記事

トランプ氏国連演説の是非 拉致問題取り上げる海外メディア 「完全破壊」には非難

1/2


Drop of Light / shutterstock.com

 アメリカのトランプ大統領は19日、国連総会で初の演説を行った。「北朝鮮を完全に破壊する」と発言するなど、トランプ節は止まる所を知らない。ただし武力行使を滲ませた発言については、北朝鮮への刺激を避けるべきだと警告するメディアが多く、東アジアはもとよりアメリカメディアからも批判の声が上がっているようだ。

◆「北朝鮮の完全破壊以外に選択肢はない」

 北朝鮮に対するトランプ氏の強い非難は海外メディアで広く伝えられている。ワシントン・ポスト紙(9月19日)は国連での演説内容を引用し、「アメリカは優れた強さと忍耐力を持っているが、自国や同盟国を防衛する必要に迫られれば、北朝鮮の完全破壊以外に手段を持たないだろう」とする強気の内容を伝えている。演説は北朝鮮の最高指導者である金正恩氏を「ロケット・マン」と揶揄するなど、非常に好戦的なトーンだ。

 オーストラリア放送協会ではこの演説について、国連のスピーチというよりは時おり選挙演説のようにすら感じられた、と激しさを表現する。金正恩政権を「堕落した政権」「犯罪者の群れ」と呼んでおり、同氏初となる国連演説でもトランプ節が炸裂した。核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮への強い怒りを感じさせる。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    女性専用車両の発想は差別と類似

    山口浩

  2. 2

    韓国への修学旅行が激減したワケ

    NewSphere

  3. 3

    女性議員の劣化 原因はマスコミ

    NEWSポストセブン

  4. 4

    NHKが過労死を4年間封印した訳

    篠田博之

  5. 5

    小平に「獣」発言は失礼だったか

    沢利之

  6. 6

    大阪に工作員論で差別助長は当然

    小林よしのり

  7. 7

    壇蜜が明かすヌードのデメリット

    fujipon

  8. 8

    小池氏の築地再開発は騙し討ちか

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    友達を捨てられる人ほど充実する

    PRESIDENT Online

  10. 10

    SNSで身近に感じる「死の意識」

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。