記事

有利子負債15兆円 ソフトバンクの行く末

■先進技術に関連すれば何でも買う

孫正義社長率いるソフトバンクグループが、海外M&A展開を加速。米子会社で携帯4位のスプリントと同3位のTモバイルUSとの合併交渉を視野に入れて、米携帯市場の再編を主導しようとしている。



同時に米CATV大手のチャーター・コミュケーションズなどとの合併、提携も模索。サウジアラビアなどと共同で発足させた10兆円規模のファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」で、インドのネット通販最大手フリップカートにも出資するなど、まさに世界を巻き込む動きを見せている。

■買収金額はいつも「高い」

そもそもソフトバンク自体が、M&Aを繰り返して成長し、周囲の会社や技術を取り込んで肥大化を続けてきた会社だ。

さまざまな事業に投資しているように見えるが、その狙いは「通信とインターネットの融合」に集約してきた。最近はより将来を見据えており、AIやIoT、ロボットといった先進技術に関連すれば何でも買う、という姿勢のようだ。

その買収金額は、アナリストとして言わせてもらえば、いつも「高い」と思わされるものばかり。孫社長は「将来花開くぶんをプレミアムとして載せている」と言うが、ソフトバンクは買収資金を増資ではなく社債の発行でまかなっているため、15兆円近い有利子負債を抱えている。

■大型のM&Aで失敗は一つもない

一方で、ソフトバンクが保有する上場株式の含み益は16兆円近い。十分帳尻は合わせているとも言え、判断が難しい。

ただ言えることは、孫社長が主導する大型のM&Aで、ここまではっきり失敗したと言えるものは一つもないということ。失敗かと思われたスプリントですら、現在は黒字化し、安定的なキャッシュフローを狙えるところまできた。

孫社長は時代の大きな転換期、言うなればパラダイムシフトを見極め、そのキープレイヤーとなる会社を買ってきた。孫社長自身の先見性がソフトバンクの最大の武器であり、また後継者問題を含めた最大の不安要素とも言えるだろう。

----------

中空 麻奈(なかぞら・まな)
BNPパリバ証券チーフ クレジットアナリスト
慶應義塾大学卒業。野村総合研究所、J.P.モルガン証券等を経て2010年、BNPパリバ証券投資調査本部長、チーフクレジットアナリスト。

----------

(BNPパリバ証券チーフ クレジットアナリスト 中空 麻奈 構成=衣谷 康)

あわせて読みたい

「ソフトバンク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ボクシングより酷い競技団体の闇

    メディアゴン

  2. 2

    阿波踊り強行 3者利害錯綜の結末

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    自民議員 サマータイム2年案に喝

    船田元

  4. 4

    前原氏「石破氏何をしたいのか」

    AbemaTIMES

  5. 5

    慰安婦問題めぐり元日本兵が証言

    AbemaTIMES

  6. 6

    ネットで散見されるダメな批判例

    常見陽平

  7. 7

    翁長氏を罵った自称保守は罪深い

    古谷経衡

  8. 8

    自民議員の酷い夏時間案が話題に

    キャリコネニュース

  9. 9

    大塚家具 時代遅れの先代は不要

    猪野 亨

  10. 10

    4割が暴力被害 ホームレスと差別

    大西連

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。