記事

露呈した「FRBと日銀のレベルの差」

FOMCの結果は、市場の予想通り利上げは先送りしバランスシート縮小プログラムを10月から開始するというものであった。

市場の予想通りの結果を好感してNY株式市場は最高値を更新。結果は市場予想通りであったが、イエレンFRB議長はなるほどと思わせるスパイスを利かせていた(詳細は週末にオンラインサロン「近藤駿介 実践!マーケットエコノミー道場」に投降予定)。

FOMCの翌日に開催された日銀金融政策決定会合。残念ながらFRBと日銀のレベルの差を世界に晒す結果になってしまった。

「Yes Man」であるというだけの理由で審議委員に選ばれた人物が、自分の存在をアピールするかのような行動に出た。

「現行の金融緩和が不十分」というのであれば、現在の金融緩和のどこが不十分でどのような追加緩和策をとるべきなのかを示すのが審議委員の義務であるはずだ。

「異次元の金融緩和」は、政策委員の全員が「Yes Man」になったことで「異次元の金融政策」に向かうことになった。今回の人事は国内では通用しても、国際的な理解は得られないだろう。日銀はとんでもない人を政策委員にしてしまったようだ。

あわせて読みたい

「日本銀行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    キャラ名刺やめろ 弁護士が警鐘

    BLOGOS編集部

  2. 2

    進次郎氏「戦った2人に注目を」

    AbemaTIMES

  3. 3

    棚橋弘至 40代は現実受け入れよ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    安倍3選 石破氏が予想以上の伸び

    舛添要一

  5. 5

    よしのり氏「新潮45は大成功」

    小林よしのり

  6. 6

    NHK桑子アナのコメント力に苦言

    メディアゴン

  7. 7

    NEWS23の根拠ない安倍批判に苦言

    和田政宗

  8. 8

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  9. 9

    橋下氏「進次郎氏に期待失った」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    正恩氏「北朝鮮はみすぼらしい」

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。