記事

いじめの加害者や傍観者にも目を向けよう 指導死・いじめ自殺の遺族らが学校事故、虐待などの調査・研究を行う団体「ここから未来」を発足

1/2

いじめや学校事故、児童虐待などの調査・研究を行う一般社団法人「ここから未来」が設立した。代表理事には「指導死親の会」の代表も務める大貫隆志さん。教育評論家の武田さち子さん、子どもをいじめ自殺で亡くした篠原宏明さん、真紀さんも理事に名を連ねている。

団体としては、機関紙やブックレットの発行のほか、講演会を通じて、子どもの命や人権問題について普及、啓発していく。9月9日には東京都港区内で、設立記念シンポジウムを行なった。基調講演では、南部さおり日本体育大学准教授が「子どもの心への『攻撃』」と題して講演を行った。

いじめ自殺で子どもを失った父親「被害者責任論では子どもは絶望する」

傍観者も被害者と話した篠原宏明さん(撮影:渋井哲也)

シンポジウムでは理事の3人が話題提供をした。2010年6月、中学3年(当時)の篠原真矢(まさや)君が自宅で自殺した。友達をいじめから守れなかったと告白しながらも、自身がいじめられていることは言わなかった。真矢君もいじめられていたことがわかるのは調査報告書ができてからだった。父親の篠原宏明さんはこう語る。

「いじめはあくまでも被害を受けた側の立場で考えるべき。被害をうけた子どもに“あなたも悪いところがある”という被害者責任論では間違いなく、子どもは絶望する。“悪いところがあるからいじめられても仕方がない”というのと同じ」

また、いじめ被害を訴えても、学校側の不適切な対応により、いじめが悪化していくこともある、とも指摘する。

「最悪の場合、当事者を呼び出して、握手して仲直りという対応をする、とも聞く。いじめの疑いを抱いた場合、当事者から直接聞いても、被害者は認めたくないし、事を荒立てたくない。加害者は隠す。冷静なのは周囲の子。外堀を埋めてから対処してほしい」

一方、いじめの加害者にも目を向けるべき、とも指摘する。

「いじめは加害者の問題として捉えることができ、背景に目を向けることが重要。『学校の成績のことで親に叱責された』『部活でしごかれている』『自分を認めてくれない』『家でも学校でも居場所がない。いじめているときだけ注目される。そこが居場所だった』という声も聞く」

真矢君へのいじめに関しては、

「加害生徒へ指導や教育はまったくしてない。地元警察が『加害行為に向き合わせるために、被害届けを出して欲しい』と言うので届け出た。反省の機会を奪ってはならない」

「傍観者と呼ばれる子どもたちは加害者でしょうか。『怖くて話助けられなかった』と言っていた生徒もいた。『もし注意したら、自分がやられる』と思っていたとのこと。傍観者も被害者ではないのか」

自殺で子どもを失った母親「命を預かっている意識を持って」

亡くなった真矢くんとの会話などを踏まえて
話をした篠原真紀さん(撮影:渋井哲也)

また、真矢君の母親、真紀さんは、学校で友人がいじめられている話を真矢君から直接聞いている。

「元気がなかったので、『学校で何かあったの?』と聞いてみると、『友達がいじめにあっているんだ」と言っていた。名前は教えてくれなかったが、友達の名前を一人ずつ読み上げ、その子の名前になったら『うん』とうなづいた。『あんないいやつをいじめるなんて許せないんだ』と言っていた」

「真矢は、いじめられていた彼を尊敬していた。加害者は4人。『戦うなら、戦いなさい』と言ってしまった。学年が変わって、クラス替えがあると、いじめがなくなったと言っていが、家庭訪問のときに担任に『注意をして見てください』とお願いをした」

そんな中、真矢へのいじめはほとんどなくなるが、他の生徒へのいじめは続き、真矢君は加害生徒の教科書をカッターで切ってしまう。

「『こういうやり方だと、真矢が悪者になっちゃうよ』と言うと、『お母さんは偽善者だ』と言っていた。『あんなやつらに何を言っても無駄。形だけ謝っといた』とも。のちの調査で分かりますが、カッターで切ったのは教科書の名前の部分。真矢の行為は許されませんが、『怖くて何もできなかった』『よくやってくれた』という声もありました」

真紀さんは振り返る。

「いじめられている友達を庇ったら真矢も標的になった。真矢へのいじめ行為を教師は見ていたが、『あんたたち、何をしているの?』と注意をしただけ。真矢は絶望を感じたのではないでしょうか。母としても、心の内面を汲み取ってあげられなかった。ただ、いじめの多くは学校の中で起きる。子どもの命を預かっている意識を持って、先生は寄り添ってほしい」

あわせて読みたい

「いじめ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本人がアメフト問題に腹立つ訳

    永江一石

  2. 2

    眞子さま見せた紀子さま拒絶の姿

    NEWSポストセブン

  3. 3

    6月の米朝首脳会談中止を発表

    ロイター

  4. 4

    日大に致命傷与えた稚拙な広報

    早川忠孝

  5. 5

    日大は雪印逆ギレ会見の二の舞か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    森友交渉記録に昭恵氏関与の形跡

    森ゆうこ

  7. 7

    橋下氏「弁護士会も日大も同じ」

    橋下徹

  8. 8

    日大アメフト 元凶はカルト指導

    大西宏

  9. 9

    MJのありえない動きを医者が解説

    BBCニュース

  10. 10

    堀江氏 中高教育の9割は意味ない

    サイボウズ式

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。