記事
  • ヒロ

消えゆくガソリンスタンド

バンクーバーのダウンタウンにはガソリンスタンドが1軒しか残っていません。その最後の1軒も売りに出ており、さほど遠くない時期にその姿を消すはずです。問題はそれだけではありません。バンクーバー地区にある約170の大手スタンド、シェブロンのオペレーターが数年前に変わって以降、ダウンタウンとその周りだけで7-8か所の閉鎖させています。シェブロン以外にエッソなど他のオペレーターも同様の動きを見せています。

理由は至極簡単で儲からないガソリンスタンド経営より不動産開発業者に売却してコンドミニアムにした方がはるかに効率的であるからです。多くのガソリンスタンドは大通りの交差点に位置しています。かつては大通りに面している場所は住宅地としては不適格とされてきました。ところが人々のパーセプション(認知)は大きく変化し、シティライフには都会の喧騒をポジティブにとるようになってきました。

私の事務所の横にあったシェブロンのガソリンスタンドは72ミリオンドル(65億円、坪当たり1430万円)という凄まじい金額で取引されました。この取引金額がガソリンスタンド閉鎖の引き金を引いた可能性もあります。つまりガソリンスタンドを潰してコンドミニアムにしようという動きがガソリンスタンドオーナーの最も効率的な儲け方であり、一種のブームでもあるのです。

この流れは不動産価格が高騰するバンクーバーだけではありません。NYのセントラルパークから南側のマンハッタンには5軒程度しかガソリンスタンドがないそうです。マンハッタンでガソリンスタンドを売却した方が「ガソリンスタンド経営100年分の利益を得た」とコメントしています。NYのあれだけの人口と交通量を考えるとかなり少なく、その数は減る一方です。この流れは北米の主要都市は同じ方向にあるとみています。

ガソリンスタンドがどれぐらい儲からないか、日本のケースで見るとリッター当たりの仕入原価と売値の差は5-10円程度とされていますので乗用車に70リットル入れて500円しか差額利益が出ません。そこから人件費等のコストを差し引けばおのずとお分かりいただけると思います。これは都市部より田舎のガソリンスタンド経営がもっと苦しいともいえるのです。

日経の18日付記事に「消える給油所、EV普及の好機 20年で半減、燃料は自宅で 地方でじわり、税収減も」とあります。8月4日付のこのブログで同様のことを指摘しましたが、80件以上のコメントを頂戴しました。

私の知り合いの親戚が地方都市のまたその地方でガソリンスタンド経営をしてますが、周りのガソリンスタンドがどんどんなくなっていったので、売上が伸びるのかと思いきや、思惑通りにならず、自分もいつ閉鎖するか分からない状態にあるという話を聞きました。

電気自動車のインフラはどんどん増えます。テスラは北米で充電施設というインフラ整備に余念がありません。ところがガソリンスタンドはあるのが当然だと思っているせいか、自動車メーカーとガソリンスタンドが資本関係を持っているとは聞いたことがありません。自動車メーカーは燃費効率のよい車を次々開発し、今や1000キロも給油なしで走ることもできるでしょう。それは自動車のインフラであるガソリンスタンドをどんどん減らすという裏腹の状態にあることが抜け落ちています。

個人的には東京など都市部の一部見られるガソリンスタンドの上に建物を建築できるような仕組みを世界規模で広げるのは一つのアイディアだと思います。また、ガソリンスタンド経営を支える仕組みづくりを自動車メーカーが支援するなどの配慮が必要だと思います

都市部はそれでも10分も走ればガソリンスタンドが見つかるでしょう。田舎ではガソリンスタンドに行くためにガソリンを消費するという事態が生じています。カナダやアメリカの山間部のハイウェイを走っていると「次の給油所まで100キロ」などという看板をよく見かけます。かつてはえらい田舎に来たものだ、と思っていたのですが、そんな不便さの足音は我々の住む都市部にもやってきているのかもしれません。

内燃機関の自動車が突然無くなることはありません。が、ガソリンだけではなく、自動車の整備工が足りないという問題も抱え始めています。若い人はやりたがらないのでしょう。油まみれで決して楽ではないあの仕事はある日突然、整備工になれるというものでもなく、スキルを要するという問題もあります。

自動車の問題は完成車の議論が多い中で実はその周辺ビジネスにもトリックがある点は考慮しなくてはいけないのでしょう。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「自動車業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本物?「三億円犯人」に直接取材

    BLOGOS編集部

  2. 2

    石田純一の改憲反対に感じた覚悟

    篠田博之

  3. 3

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  4. 4

    築地の営業強行は小池知事の責任

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    有休義務化 日本はやせ我慢社会

    自由人

  6. 6

    業界人が「干される」実態を告白

    NEWSポストセブン

  7. 7

    百田氏が憶測で沢田研二叩き謝罪

    女性自身

  8. 8

    無戸籍解消の有識者会議に識者0

    井戸まさえ

  9. 9

    沢田研二 次はキャパ上の武道館

    女性自身

  10. 10

    韓国のパラ五輪不正は組織的詐欺

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。