記事

暴力団における「血のバランスシート」は等価交換の原則

8月末に開催された任侠山口組の会見

【8月末に開催された任侠山口組の会見】

 9月12日午前10時5分、神戸市長田区の路上で、今年4月、神戸山口組から離脱して発足、山口組分裂の第三勢力となった任侠山口組の織田絆誠代表が複数のヒットマンに襲撃され、織田氏のボディガードが死亡した。六代目山口組、神戸山口組、そして神戸山口組から再分裂した任侠山口組の関係は均衡状態に入ったかと思われていたが、突如として血が流れた。フリーライターの鈴木智彦氏が事件直後に現地入りした。

 * * *
 暴力団は、対立相手への襲撃を“仕事”と呼ぶ。暴力に生きる人間らしい隠語である。狙われた織田代表が無事だったのだから、ヒットマンたちの“仕事”は失敗である。暴力団社会で評価されるのは、銃口にひるむことなく、ヒットマンに立ち向かって殺されたボディガードの組員と、親分を守った任侠山口組側になる。

「ヤクザの仕事としては杜撰としか言えない。結果がすべてなのはヤクザも堅気も変わりない。本気の襲撃というなら、2台の車で挟み撃ちにするべきだったし、共犯者が発砲しなかったのは、足がすくんだと揶揄されても反論できないだろう。口封じのため、ヒットマンたちが殺されるのではないかという話も出ており、当局が2週間以内に逮捕できなければ危険かもしれない」(警察関係者)

 警察や任侠山口組に追われるばかりか、我が組織からも消されかねないと危惧される実行犯……その名前は、事件発生から数時間後に浮上した。神戸山口組のトップ、井上邦雄組長の出身母体にして中核である山健組の若い衆だ。事件現場の住民も、任侠山口組側の組員の「やったヤツは分かってる!」という怒声を聞いていた。警察筋に当てても、噂は否定されなかった。

「まだ発表できない。だから質問にうんとは言えない。けど誰がやったかなんて中学生でも分かる話や」

 山健組にははっきりした襲撃の動機がある。8月27日、任侠山口組が開催した二度目の記者会見である。

 記者会見で任侠山口組のナンバー2・池田幸治本部長が読み上げた長文の声明は、井上組長を痛烈に批判していた。

「つまりは盃を下ろした側の、井上組長による悪政が、始まったわけであります」

「本来、我が子が組織の内外から認められれば、喜んで見せるのが親分のあるべき姿でありますが、逆に嫉妬し焼き餅を焼き、猜疑心の塊となるのが、井上組長の隠された本性であり……」

「井上組長自身の口から、信じ難い言葉の数々が次々と発信され、井上組長のその隠された、裏の人間性を残念ながら再確認せざるを得ない現状であります」

「結論として要約すれば、一昨年八月二七日に挙行した神戸山口組立ち上げは、山口組史上類を見ない『大型詐欺事件』であったという事です」(すべて当日配布された会見の文書より)

 暴力団社会では、殺し合いになってもおかしくないほど激しい表現が並んでいるばかりか、「織田を殺る、織田を殺ると感情を、剥き出しにした上で」と、襲撃を挑発するような言葉まである。

 会見の翌日、神戸山口組は幹部会(六代目山口組、および任侠山口組では、執行部会に当たる最高幹部会合)を開催したが、この記者会見は一切話題にならなかったらしい。マスコミに対しても神戸山口組は淡々としていた。

「ある幹部と話をした記者は、『言い合いをしても泥沼になるので、マスコミのみなさんは好きに書いて下さい』と言われたらしい。それはもちろん建前で、今回の織田代表襲撃事件こそ、記者会見に対する返事と考えるのが妥当」(週刊誌記者)

 暴力的すぎる批判への返答は、ターゲットとされた織田代表が無事だったことで失点となった。暴力団社会の受け取り方はさまざまで、「ボディガードを殺したのだから、いつでも織田代表に手が届くというメッセージになった。決して駄目な仕事とはいえない」という声もあるが、失態の汚名を返上するには、より暴力的な事件を起こし、殺害を成功させるしかない。

◆その日、司組長は東京へ

 今回の襲撃によって、抗争事件がついに本格化したのは疑うことのない事実だ。暴力団には「血のバランスシート」という無軌道な論理がある。一人殺されれば、組織内で同程度の人間を殺してようやく、パワーバランスを取れるという等価交換の原則だ。その論理で考えれば、任侠山口組は最低でも亡くなったボディガードと同じ立場の人間を殺さねばならない。脱反社会勢力を公言している任侠山口組は、報復を自粛できるのか。

 さらにいえば、未遂だったとはいえ、今回は組織のトップが狙われている。ヤクザの命は等価ではない。親分の命は、若い衆数人分の値打ちがあるとされる。山一抗争時代の週刊誌は、親分一人の命=若い衆30人分と煽っていた。

「抗争の実感は、自分と同じ立場の人間が殺されて初めて湧いてくる。襲撃された任侠山口組は、仲間の死によってリアルな憎しみを持っただろう。今回の事件で、抗争が全く異質なものとなった。一気に泥沼化する可能性は十分すぎるほどある」(他団体幹部)

 皮肉なこともある。事件当日の早朝、東京に本部を置く広域団体・住吉会の西口茂男総裁が死去しているのだ。暴力団社会の重鎮で、博徒世代を生きてきた昔気質の親分である。六代目山口組トップの司忍組長は弔問のためにその日、上京していた。

 抗争が激化し死者を出す任侠と神戸、死者を穏やかに弔う六代目。三つ巴となった山口組分裂抗争を俯瞰すると、極めて皮肉なコントラストだ。

※週刊ポスト2017年9月29日号

あわせて読みたい

「暴力団」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    足立議員の生コン疑惑発言はデマ

    辻元清美

  2. 2

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  3. 3

    「立派な国」ランキング 日本は

    長田雅子

  4. 4

    1億円稼ぐチャットレディに密着

    AbemaTIMES

  5. 5

    石破氏「民進解消で政治が前進」

    石破茂

  6. 6

    よしのり氏が文春デスク写真公開

    小林よしのり

  7. 7

    米韓会談で見た韓国のご都合主義

    中田宏

  8. 8

    声優・林原めぐみのブログに称賛

    キャリコネニュース

  9. 9

    よしのり氏「文春に完全勝利」

    小林よしのり

  10. 10

    山尾氏×望月記者 女の政治を語る

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。