記事

60才からの仕事探しの4つの視点、経験重ね70才でも働ける

定年退職後も仕事が「生きがい」に(写真/アフロ)

 60才からの人生で最も困るのはお金の問題ではなく、“何をしていいのかわからない”ことだと語るのは、『定年後』(中公新書)著者で、楠木ライフ&キャリア研究所代表の楠木新さんだ。

「定年後の人生を取材してみると、最初は解放感に満たされるものの、すぐに飽きて孤独にさいなまれる人が多いようです。人間関係や遊びが会社絡みだけだった場合、定年によりそれらが奪われると、居場所がなくなるんです」

 働くというのは、社会で認められる場所を作るという意味でも大切なのだ。とはいえ、60才から突然仕事を探し始めるのは実際難しい。求人の有無より、どんな仕事に就いていいかわからないからだ。

「希望の仕事に就くには、50代からの助走が必要。私の場合、“小学生の頃から好きだった文章を書く仕事に就きたい”という思いがあり、50才の時から準備していました。好きなことって意外と変わらない。どんな仕事に就くべきか迷っている人は、子供の時の“好き”を思い出すといいかもしれません」

 60才からの仕事探しは、楽しいこと、生きがいになることから選ぶのがいいようだ。

◆60才以降のシニアが熱望されているワケ

 60才以降の求人は少ないと思いきや、今、各業界ではシニアの労働力が求められている。 コンビニエンスストア・ローソンでは、60才以降の店員が去年から2割増え、今後も間口を広げる予定だという。

「シニアスタッフは大歓迎です。短期で辞めるかたが少なく、長く働いていただける。社会経験が豊富なので人当たりもいいと評判が高いんです。また、調理業務は、若い人より主婦の方が経験が生かされています」(ローソン・クルー人財開発部千葉寛之さん)

 また、飲食業界でもシニア人気は高く、日本マクドナルドでも、“年齢の壁”にこだわらず採用しているという。

「シニアスタッフの多くは、ルールをきっちり遵守してくれます。そのため、若いスタッフの模範的な存在になったり、他の主婦スタッフの相談役になるなど、店の“お母さん”的存在になってくれています。シニアスタッフが、店をけん引してくれるケースが多いんです」(日本マクドナルド・人事本部宮沢泰成さん)

 もちろんこれらの仕事では、煩雑なレジ業務を覚えたり、子供や孫世代の上司から指示・叱責を受けることもあるため、体力的なきつさに加えて、さまざまな覚悟は必要だ。しかしそこを乗り越えれば、店から重宝されるなどして、働きやすくなるようだ。

◆働く意思があるなら1年でも早く!

 60才以降も働く場所は多々あるとわかっても、仕事には向き不向きがある。前出の上田さんは、シニアの仕事選びには4つの視点が大事だと教えてくれた。

「それは、【1】過去の経験を生かせるか、【2】興味・関心を生かせるか、【3】地域のニーズに応えられるか、【4】人の役に立てるか、です。人と話すことが好きなら接客業が向いていますし、健康への関心が高いなら医療事務の資格を取って応募するのも手。シニアの場合、やりがいがなければ仕事を続けるのはきつい」

 こうした点を踏まえ、働くなら1年でも早く仕事探しをした方がいいと言う。

「事務や販売など、65才を境にぐっと求人が減る業種も確かにあるからです。また、求人が最も多い清掃は、60代で慣れておかないと体力的についていけません」(前出・篠田さん)

 早く始めればそれだけキャリアを重ねられ、70代からの仕事にも生かせるのだ。

※女性セブン2017年9月28日号

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本人がアメフト問題に腹立つ訳

    永江一石

  2. 2

    ローソンは行列生むレジ改善せよ

    内藤忍

  3. 3

    空気読めない時代遅れの日大広報

    渡邉裕二

  4. 4

    橋下徹氏が日大問題で学生へ謝罪

    橋下徹

  5. 5

    米朝会談中止は習近平氏が影響か

    MAG2 NEWS

  6. 6

    眞子さま見せた紀子さま拒絶の姿

    NEWSポストセブン

  7. 7

    森友交渉記録に昭恵氏関与の形跡

    森ゆうこ

  8. 8

    米朝首脳会談決裂で困るのは日本

    天木直人

  9. 9

    よしのり氏 米国は戦争の覚悟か

    小林よしのり

  10. 10

    日大に致命傷与えた稚拙な広報

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。