記事

清宮幸太郎 U-18W杯を戦い「将来はこっちで野球やりたい」

【広陵・中村(右)、履正社・安田(左)と肩を組む清宮】

 スラッガーとは本来、孤高の存在なのかもしれない。それが中学1年生の時に“和製ベーブ・ルース”と米国メディアに評され、高校入学後も歴代最多とされる111本の本塁打を積み重ねてきた“怪物”ならなおさらだろう。

 カナダ・サンダーベイで開催されたU-18ワールドカップにおいて、主将を務めた清宮幸太郎(早稲田実)は高校日本代表で浮いた存在となっていた。

 あれはスーパーラウンド第2戦のカナダ戦に敗れた試合後のこと。甲子園でさえ泣くことのなかった横浜高校の増田珠や、試合中の後逸がことごとく失点につながった捕手の古賀悠斗(福岡大大濠)が目を赤らめる中で、清宮だけは凛として報道陣の前に立った。

「明日勝てば、まだ世界一のチャンスはある。下を向く必要なんてない」

 しかし「負けたら終わり」の戦いしか経験のない日本の球児は、敗北を受け止め、すぐに翌日の韓国戦に気持ちを切り換えることは難しい。さらに世界一の悲願が絶たれた韓国戦の最終回。清宮は日本ベンチ前で、こう叫んだ。

「おい! みんな集まれ!!」

 普通、回の始めに組む円陣に全選手は参加しない。先頭打者はネクストバッターズサークルに向かうし、控えの選手たちにもそれなりに仕事がある。それでも宿敵に2点をリードされた窮地に、若きサムライたちを奮い立たせようとした。しかし仲間の足取りは重く、全員が輪に加わることはなかった。

「こんなところで終わりたくねえぞ! 3週間やってきたことを全部出そう」

 清宮の檄もむなしく、日本は三者凡退に終わり、3位決定戦という名の消化試合に進むことになった。

【清宮は「チームに貢献できなかった」と語った】

◆進路については「消去法で選ぶのは嫌」

 もちろん、清宮が無理をしていたわけでも、仲間から忌避されていたわけでもない。早稲田大学出身の父・克幸氏がラグビー界の名指導者で、母・幸世氏は慶應大学ゴルフ部の元主将。アスリート一家で英才教育を受け、名門校で1年生から試合に出場し、世代を代表する大砲として注目されてきた清宮と他の選手とは、距離ができていた。

 高校日本代表を束ねる難しさを清宮が吐露したのは大会終了後だ。

「期間が短い分、無茶苦茶大変でした。あいつらもプライドがあるんでね。あまり口で言いすぎないようにはしていましたけど(笑)。最後は目つき、表情を見ても、いい顔になっていた」

 清宮は全9試合で4番に立ち、32打数7安打6打点(打率.219)の成績を残した。2本塁打も記録したが、数字以上に海外選手の力のあるボールにどん詰まりするシーンが目立った。つまり、木製バットの対応に苦しんだ。

「あまり気にしないようにしていましたが、結果を見れば違いはあったのかな、と。ちゃんと当たれば飛ぶんだけど、打ったと思った当たりが詰まったり……。慣れの問題だと思います」

 木製バットに苦しめられたのは清宮だけではない。この夏の甲子園で1大会最多本塁打の新記録「6」を樹立し、10月26日のドラフト会議で目玉となる“打てる捕手”中村奨成(広陵)だ。

 初戦にヒットは出たものの、その後は快音が聞かれず。強く木製バットを振ろうとするあまり身体が開き、外角の変化球にクルクルとバットが回った。重要なオープニングラウンドのアメリカ戦では、リードとキャッチングの不安も露呈。6回途中で交代を告げられ、その後は「DH」で出場が続いた。

「なんで自分はあそこ(捕手)に座っていないんだ」──そう思うこともあったが、中村は「まだまだ努力しなさいと神様に告げてもらった」という言葉で大会を総括した。

 清宮の長い夏がようやく終わった。プロ入りか、早稲田大学への進学か。本人は「消去法で選ぶのは嫌」と話すに留めたが、将来の夢には言及した。

「海外選手は身体が大きいし球も速いしスイングも速い。こういう選手たちとやるのは楽しいし、夢がある。自分はメジャーの雰囲気がものすごく好き。将来はこっちに来て野球をやりたいな」

 大学進学を薦めていると噂される両親を納得させ、かつ自身の夢に一歩近づくためには──米国の大学に進学し、将来的にはメジャーのドラフト指名を待つ。そんな第3の選択肢こそ怪物の進路には相応しいのではないか。

●取材・文/柳川悠二 撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2017年9月29日号

あわせて読みたい

「高校野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    北ミサイルの原発攻撃はほぼない

    nonreal

  3. 3

    改憲代案を示せるのは山尾氏だけ

    小林よしのり

  4. 4

    音喜多都議が明かす嫌いな政治家

    AbemaTIMES

  5. 5

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  6. 6

    希望馬淵氏 高所得の恩恵見直せ

    馬淵 澄夫

  7. 7

    有人宇宙飛行はまったくの無駄

    Dr-Seton

  8. 8

    よしのり氏が文春に公開討論要求

    小林よしのり

  9. 9

    むき出しの好奇心に臨んだ豊田氏

    文春オンライン

  10. 10

    橋下氏 三浦瑠麗氏の論稿に期待

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。