記事

日本で観光客排斥が起こる日

1/2

■世界的な観光客増と摩擦■

 世界観光機関が発表した2016年の「世界観光指標」によると、2016年の海外旅行者数は、前年比3.9%増の12億3500万人で7年連続のプラス成長である。人数ベースでは毎年5000万人程度の増加ということになっている。世界中のほとんどの国や地域は、成長産業としての観光客獲得に乗り出している。

<関連記事:笑い笑われ、落語はもはや日本の日常である。

 そんな中、ここにきて「観光客排斥」に関する報道を見聞きするようになってきた。ヨーロッパが中心だが、南米などの他の地域にも同様な状況が確認できる。

 中でも人口はわずか160万人の街にその20倍を超える3200万人が観光で押し掛けているスペインのバルセロナにおける状況は深刻と言える。ことの深刻さは2015年6月に「反観光」を掲げるバルセロナ初の女性左派市長でもあるアダ・クラウの誕生にも現れている。新しい市長の下で対策を講じていても、とても地域住民の気持ちを落ち着かせるまで追い付かず、暴力でもって観光客排斥訴える事件も起きている。

 「観光客の非日常」と「地域住人の日常」の両立が大きな課題になってきている。これからも世界のあちこちで、観光客と地域住民の間の摩擦が露呈されるに違いない。そして対住民比の観光客の割合と住民の不満が比例するに違いない。

■インバウンド収益と国民負担■

 日本も観光客誘致に力を入れていることは周知の事実である。政府は、2020年までに日本の国際観光客到着数を4000万人とする目標を発表している。現状、観光客数、観光収入などを見ても上位10位内に入っていないが、目標達成できれば名実ともに観光立国になり得る可能性を秘めている。

 日本で「出国税」導入の検討を本格的に始めている。さらなる観光誘致に力を注ぐための財源確保に当てると説明されている。インバウンドに伴う税の導入や値上げは、国家レベルに限らず地方でも見られる。

 例えば京都では、2018年10月から宿泊税導入徴収することが決まった。1泊に対する税額は最大で1000円と国内最高額となる。 税の導入に限らず市バスの1日乗車券なども値上がりする。

 国や地方自治体などが算出する観光客による消費額などが右肩上がりに確実に増えている。日本の観光業は、勢いに乗っており、これから1000円程度の税金を調達した所で、海外からの観光客が減るとは考えにくい。

 しかしこの流れで目を瞑れないのは、日本人や地域住民にもこれが税金や増額が覆いかぶさるということである。出国税に関して現在議論の段階だが、これも日本人がこのままだと対象になり得る。

■観光客増と日本人に対する恩恵■

 今回のインバウンドの流れで、気づく必要があるのは、日本が進めているインバウンドによる恩恵を受けている日本国民がどれほどいるのかについてである。喜んでいるのは、基本的に直接海外からの観光客を相手に商売している者だけではないか。その割合は、おそらく日本の総人口の1%にも満たない。もちろん国や地方行政が発表する数字は上がっているが、基本的に一般国民や市民がインバウンドの恩恵を実感していない。

 国民や市民に対するインバウンドに対する意識調査は見当たらないが、しかしインバウンドによる混雑や値上がりなどなどの国民のストレスは明らかに増幅している傾向にある。京都のような観光地に住んでいると、観光客が多いことを理由に地域住民が出かけることに消極的になっていることを実感する。それだけではない、例えば京都市は民泊に関してだけで受け付けた通報の数は、昨年一年だけで累計2254件に至ったことを発表した。

 不満は、地域住民に限らない。同じ京都を挙げれば、京都に対する日本人(国内観光客)からの満足度の値が下がっている。9割以上が「満足」を維持してきた京都は2015年に初めて9割を切った。理由として見られているのは観光客の増加である。同じ京都で宿泊客に関するもう一つの気になる結果が見られる。京都は2015年に外国人宿泊客が前年比で133万人増えたが、実はその裏で日本人客は112万人減っているのである。これらの結果から見えてくるのは他でもない。海外からの観光客に対して、身内(国民)が示している拒否反応ではないか。現状において日本人にとって、インバウンドは「百害あって一利なし」となってはないか。

 つまり、国や地方自治体はインバウンドに力を入れ、収益を見込んでいることには異論はないが、インバウンドに伴う、地域住民の負担増やストレスは、軽減させる努力が求められる。さらにはインバウンドによる収益が、例えば、住民税が下がるなどの目に見える形で、恩恵を感じさせる必要がある。そこで初めて、現状1%しか喜んでいない国民や市民も初めて、心底からインバウンドを歓迎するようになるのである。

あわせて読みたい

「外国人観光客」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  2. 2

    日本が核禁止条約に署名しない訳

    河野太郎

  3. 3

    女性もセックスレスで不倫傾向か

    AbemaTIMES

  4. 4

    「レコ大」私物化のドン実名告発

    文春オンライン

  5. 5

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  6. 6

    月9「民衆の敵」入札汚職を解説

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  8. 8

    オチは慰安婦 韓国また反日映画

    NEWSポストセブン

  9. 9

    タカタ破綻も会長夫人は豪遊生活

    文春オンライン

  10. 10

    地方公務員の副業解禁はおかしい

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。