記事

"日本語苦手"と思われる帰国子女の苦悩

1/2

文筆、編集、映像制作業 品川 亮

「帰国子女」という存在に対して、「語学は堪能だが、人間関係の機微に疎い=空気が読めない」というイメージは根強く存在する。2才から中学校3年までのうち、合計9年間をペルーで過ごした編集者の品川亮氏が、自身の経験から「帰国子女」とくくられながら働くことの厄介さを説く。

※本記事は、『<帰国子女>という日本人』(彩流社)第5章「<帰国子女>という社会人」から引用抜粋したものです。

「ひとつだけあの人が心配しているのは......」とだいぶ長いあいだおしゃべりをしたあとで、打ち合わせ相手が付け加えました。

「海外生活が長いからかもしれないけど、あなたが言葉を字義どおり受け止めすぎるんじゃないかということなんだよね」

あの人というのはいわゆる「クライアント」のことで、わたしにそう話すのは「クライアント」とのあいだに立って、実際の「プロジェクト」を管理する立場にいた人です。この人とはその時点ですでに何年にも及ぶつきあいでしたが、そういうかたちでいっしょに仕事をするのははじめてでした。

「クライアント」と会ったのはたしか一度か二度で、わたしが「言葉を字義どおりに受け止め」る傾向を持っているのかどうか、その程度の時間をすごしただけでわかるのかなあとまずは感じました。だいたい、「言葉を字義どおりに受け止める傾向」とはなにをさしているのでしょうか。

<帰国子女>は人間関係の機微がわからない?


『<帰国子女>という日本人』(著:品川亮/彩流社)

たしかに子どもの頃には、大人たちに「あとで」といわれるたびに、遅くても「今日中」、早ければ「1時間以内」くらいの意味に受け取って、毎回裏切られた気持ちになったものです。まさか、彼はそういう小学生的な気質のことを話していたのでしょうか。いくらなんでも10年以上の「社会人歴」を持つ30代後半になった人間として、それほど幼稚な思い違いはしません。

「あとで……」といわれたら、「その場の空気」と相手との関係性が許すかぎり、どのくらいあとの話なのかについて質問しておくという程度のノウハウは身についています。要するに、相手の人格や状況によって言葉の意味を解釈するという訓練はできているつもりでした。

それでも「クライアント」は、わたしがひとの言葉尻を捉えて言質をとったつもりになり、それを盾に「ムリ」を押し通そうとするような人間だと思ったのでしょうか。たしかにそういう人はいます。そういう面倒くさい連中とは仕事したくないという気持ちもわかります。

「そういう人間じゃないですよ」とひと言、口添えしてくれればすむことなのに……などとぼんやり考えながら、「そのご心配には及びませんとお伝えください」と応えました。

ちょっと冗談めかして聞こえたかもしれません。相手は苦笑いしたように見えました。だいぶ経ってから、あれは打ち合わせ相手自身の心配事だったのだと気づきました。なにか具体的な出来事があったわけではありません。ただ、各方面にさまざまな働きかけをして、懸念材料をほぼすべてクリアしたにもかかわらず、その「仕事」が動き出すことはなかったのです。条件が揃ってもなお、その人間は行動を起こしませんでした。ただ一本電話ないしメールを入れればすべてが動き出すというところまで来ていたのにもかかわらず、です。理由は不明なまま、結局説明されることもありませんでした。どういうわけか、最初から動かすつもりのない仕事だったのでしょう。

それにもかかわらず、逃げ口上として口にした、「あとはこういう条件がそろえば動き出せる」という言葉を字義どおりに受け止めたわたしが、それらの条件を満たすべく行動する姿を目の当たりにして、うんざりしたというのが本音だったのではないでしょうか。それで、「あなたは字義どおり受け止めるからなあ」という自分自身が抱いていた懸念を口にしたのでしょう。

真意を伝えられない人へのかすかな怒りと軽蔑

思い返してみると、たしかにいつでも持ってまわったもの言いをする人でした。そう気づいてみると、いわなければならないこと(と感じている自分の真意)を、面と向かって端的に伝えられない人間への微かな怒りと軽蔑が湧き上がりました。「いいたいことがあるならハッキリいえばいい」という気持ちです。

そういうわけで、その「プロジェクト」は成立しませんでしたので、いまだにその人が具体的にどのような事態を心配していたのか、はっきりとはわかりません。

おそらくは、「おまえはオレのいうことをちゃんと聞くのか?」という懸念だったのではないでしょうか。まあ、彼について「持ってまわったもの言いをする人」と書き付けている段階で、その人の心配は妥当だったのかもしれません。なにしろあの時点では、彼の言葉を字義どおり受け止めて、「クライアントがよけいな心配をしている」と理解していたのですから。

これが、「<帰国子女>は人間関係の機微がわからない」ということの一例なのでしょうか。たしかにその人も、わたしが<帰国子女>であることを引き合いに出してはいました。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  3. 3

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  4. 4

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  5. 5

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

  6. 6

    女性用下着店にいる男性に賛否

    キャリコネニュース

  7. 7

    中国国境に接する北は崩壊しない

    Chikirin

  8. 8

    北朝鮮「米本土到達は不可避」

    ロイター

  9. 9

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  10. 10

    正恩氏声明でトランプ氏へ怨み節

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。