記事

気候変動における「2℃目標」がなぜそこまで重要なのか?

1/2


Photomontage / Shutterstock.com

著:David Titleyペンシルバニア州立大学 Professor of Practice in Meteorology, Professor of International Affairs & Director Center for Solutions to Weather and Climate Risk)

 気候変動に関するどの記事を見ても、「2℃目標」について何かしら言及している。そこではしばしば、気温上昇が2℃になるとリスクが大きく増大し、それを超えると、私たちの世界に破局的な影響が出ると語られている。

 最近発表された一連の科学論文には、温暖化を2℃以内に抑えられる可能性は5%2015年の国連気候変動枠組条約パリ会議が理想として掲げた「人為による地球温暖化1.5℃以内」を達成できる可能性はたったの1%だと書かれている。さらに、世界中のカーボン・フットプリントを今すぐ魔法のようにゼロに減らしたとしても、1.5℃の温暖化は避けられないことが最近の研究でわかっている。

 そしてもう一つ、また別の問題がある。「採用すべき正しい基準は何か?」ということだ。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、19世紀後半に相当する気温上昇をしばしば引き合いに出す。しかしパリ協定では、気温上昇を産業革命前の水準、すなわち1850年以前の水準を基準に算定すべきだと述べている。その基準であれば温暖化の幅を効果的に0.2℃引き下げ、許容しうる上限値に近づけることができると専門家達は示した

 まあしかし、とにかく数字とデータのオンパレードだ。この分野に最も精通した人でも頭がくらくらするだろう。まずもって、気候変動とその政策に関わる国際社会は、いったい何を根拠に「安全な温暖化上限は2℃」という合意に至ったのだろうか? それはいったい何を意味するのか? もし仮にその目標を達成できない可能性が濃厚な場合、私たちはそれでも気候変動を抑えるための努力をすべきなのか?

◆「臨界点」の恐怖

 学術文献主要メディアブログサイトのすべてが、「2℃目標」の歴史を完全に解き明かしている。じつはその起源は、気候科学界ではない。エール大学の経済学者ウィリアム・ノードハウス氏に由来する。

 1975年の論文「二酸化炭素をコントロールできるか?」の中で、CO2の妥当な上限値について「大いに考える」とノードハウス氏は述べている。彼は気候変化を「通常の変化の枠内」に保つことが妥当だと信じていた。彼はまた、科学単独では上限を決めることはできないとし、重要なのは社会の価値判断と現実的に利用可能な技術の両方を考慮することだと主張した。その上で彼は、妥当な上限値は、産業革命以前のCO2レベルの2倍量がもたらす温度上昇幅、すなわち2℃であると結論づけた。

 ノードハウス氏自身は、この考察プロセスに「まったく満足していない」ことを強調した。ところが、この彼の非常にざっくりした大雑把な推量が、最終的に国際的な気候政策の基礎となった。じつに皮肉なことだ。

 後になって気候科学界は、ストックホルム環境研究所の1990年報告書に見られるように、気候変動の影響を数値化し、温暖化の上限値を勧告することを試みた。この報告書では、温暖化を1℃以内に抑えることが最も安全な選択肢としながらも、1℃はおそらく非現実的なので、2℃が次善の上限だという主張がなされている。

 1990年代後半から21世紀初頭にかけ、気候システムが幾何級数的な壊滅的変化に遭遇する可能性が増しているという懸念が高まった。この懸念は、マルコム・グラッドウェル氏の著書「ティッピング・ポイント(臨界点)」によって広く知られるようになった。例えば、「継続的な炭素排出が、地球規模での海洋対流の停止大規模な永久凍土融解をもたらす恐れがある」などといった懸念だ。

 急激な気候変動に対するこのような危惧は、国際政治が温暖化上限を受け入れる誘因ともなった。「2℃目標」は、1996年にEU理事会、2008年にG8、2010年に国連の場において採択され、政策と政治の世界に組み入れられた。そして2015年のパリ会議で、参加各国は「2℃目標」を採用し、さらに望ましい温暖化上限を1.5℃と定めた。

 「2℃目標」の短い歴史をふりかえると、この目標は、気候変動をある一定の範囲内にとどめたいという、恣意的だが妥当性のある願望によって作り上げられたものだということがはっきりわかる。その範囲とはつまり、「人間文明と自然生態系の壊滅的破壊に結びつかない、地質学史上の近過去に地球が経験したことのある範囲内」ということだ。

 結果として、ここ30年ほどで、気候科学の専門家たちは1℃または2℃という温暖化上限の考え方を支持するようになった。彼らは、「1℃超の気温上昇によって破局的変化のリスクは増し、そのリスクはそれより気温が上がると顕著に増大する」ことを研究で示した。

あわせて読みたい

「地球温暖化」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    「部落差別を語るな」は間違い

    SYNODOS

  8. 8

    安倍首相の目的は権力の延命だけ

    小林よしのり

  9. 9

    安室引退「体力の限界」が要因か

    渡邉裕二

  10. 10

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。